2009年08月25日

夏の日に仙台へ(逢隈駅の由来)

natusend121.jpgsendaiaobakazehana12.jpg
クリック→拡大


 


朝の蝉しげく逢隈川渡る


夏の蝶逢隈駅や川渡る

大川や昔の渡し夏の蝶

仙台や青葉に夕風花飾る

無人駅いくつやあまた待宵草

我は今遠くに行けじ逢隈駅我が寄り帰る夏の夕暮

若者のラフな姿や夏の夕仙台に来て我も交じりぬ


現在の「あぶくま」の地名は、平安時代の文献に「あふくま」と呼ばれていました。『三代実録』貞観5年(865年)の項で「阿福麻水神(あふくまかわのかみ)」が出てきます。この神は『延喜式』(912年)の陸奥国亘理(わたり)郡に出てくる、あぶくま川河口の「安福河伯(あふくかはく)」神社と考えられています。『延喜式』の「安福(あふく)」は、本来は「安福麻(あふくま)」であったろうと『大日本地名辞典』を編集した吉田東伍は言います。また「河伯」は『和名抄』に「かわのかみ」と記されいます。したがって「安福麻河伯」神社は9世紀には「あふくまかわのかみ」と呼ばれたと考えられます。仙台藩の『封内風土記』によれば地方民がこの神を「阿武隈河大明神」と呼び、昔は「阿武隈川神社」と呼んだと記しています。
 

逢隈(あふくま→おおくま)となっているがここはもともとこうした由来がある古い地名である。阿武隈の地名はここからでているとしたら川を渡る場所が逢隈となった。郡山にも逢隈橋があるから川を渡るところが地名化して阿武隈山脈とか阿武隈高原とか地域が広がっていった。つまり川を渡ることが一番印象に残るから地名化した。それもあまりに広大な地域名となっているので疑問もあるがやはり川を渡ることは難儀したのでそこから川の名前となったことはわかる。
今回は電車が自分ののった電車ではなくこちらに来る電車の故障で遅れた。30分も遅れたから逢隈駅でずいぶんまたされた。あそこはトンネルがありその向こうが阿武隈川であり岩沼になるから川が境として意識される地点なのだ。ところが逢隈駅は最近できたのでありそれまでは意識化されていなかった。駅ができて逢隈が意識化されるようになったのである。仙台に近いから新住宅地ともなったからである。ここで朝に蝉の声とか鳥の声とかを聞いた。草むらと山にさえぎられている所だからである。昔なら川をわたる所であり特別な場所でありもし昔のような旅をしていたら歌枕の地となっていた。川をわたるということは旅人にとっては別な世界に踏み込む特別な場所なのである。大きな川は特にそうであり境になるのだ。


 ookumamap12.JPG


この頃仙台に庭作りなどで春に行ったきり行っていなかった。やはり都会の刺激を受けないと停滞することも確かである。今回は時間がないので駅の回りをちょっと歩いただけだった。でも仙台は青葉の夕暮れには情緒があり花も飾られていて気持ちよかった。

この記事へのコメント
色々な所を旅しておられるのですね。
仕事で遠出をする事はありますが、今はその地域の情緒を味わう余裕がない事もしばしば…。

仙台で思い出した懐かしい歌があります。
1978(S53年)にリリースされた、さとう宗雪さんの名曲「青葉城恋唄」です。
「広瀬川 流れる岸辺」のフレーズで始まる柔らかい声が走馬灯のように追憶されました。
作詞者の星間船一さんは若かりしころを仙台で過ごしていたとか。
昔と違って透明感が無くなった川は、人の人生に似ているような気がします。
山よりも海や川の方が好きなのですが、海や川のほとりに腰を下して、自然を眺め自然の澄んだ空気・臭いをている時が、1番心安らぎます。
仙台には行った事がありません。一生の中で、狭い様で広い日本のあちこちにも仕事ではなくプライベートでゆっくり行ってみたいと思いました。
Posted by 玉本あゆみ at 2010年03月18日 13:34
40才で仙台に来ていないというのはめずらしいのかもしれません

仙台はここから通勤している人もいます
仙台はやはり広瀬川がいいです
川は大和川のようには汚れていません
だから長町でおりて広瀬川沿いを散歩して
街中に入るといいのです
街はそれほど他とは変わったところがありませんから・・・

Posted by プログ主(小林) at 2010年03月19日 21:59
アハッ!(^_^;) あまり遊んでいないんです。

東京よりも北に行った事がありません。
やはり、美しいものを見て眼精疲労も改善しなければ、瞳が雲ってしまい視野が狭くなりますよね。感性も磨く事は出来ません。
今日も仕事の関係で、晩から東京へ出発します。仙台は江戸時代から都市名および地域名として使用されている地名ですね。
歴史を感じる地に、是非行ってみたくなりました。小林様…私は今年42歳です。鯖を読みたくなりましたが心苦しいので、私らしく正直に白状しておきます。
Posted by 玉本あゆみ at 2010年03月20日 13:34

仕事もっていると自由な旅行は無理です
一年くらい休暇とらないとできないでしょう
本当に旅行しようとしたらそうなります
看護婦(師)などでは一年くらい休んでも
必ず就職できますから
自由な海外旅行をしている人には
看護婦さんが多いというのがわかります
普通だと長く休みをとるとあと就職できなくなりますから・・・
Posted by プログ主(小林) at 2010年03月21日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31610656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック