2009年06月26日

泰山木(男は仕事)

泰山木自信に満ちて仕事かな

木一本二人で植えて暑しかな

汗たりて仕事に励む我が庭に


自分が興味を持ったのは庭作りである。もともと自然をテ-マとして俳句短歌などを追求してきたから第二の自然を作る庭作りは興味があった。石や木や花や土や水を活かすのが庭作りだからである。庭作りはかなり奥深い作業である。ただ残念なことは余りにも自分の家の庭は狭すぎたのである。木を植えるにも狭すぎてほとんどできない、だから百万くらいで本当は自分好みの庭作りしたかったができないことが残念だった。第一自分は百万という金を自由に使ったことがない、旅行するにしたって海外旅行でも50万とまりであり家作ったのも庭を造ったのも自分ではない、今自分で金を使えるので百万を自由に使えと言ったら何をするかとなったら庭作りだった。でも狭すぎてここでは石とか水を利用した庭作りはできない、たまたまブロック塀を和風の壁作りにするくらいだった。

たまたま魚売り関係で知り合った人とは気があう、こんなに職人と話したことはない、たいがい職人はむっつりした人が多く話はしない、家に来た人は独立してリホ-ムしているから営業もやっているから話もうまいのだ。いろいろ説明してくれる、今日は二人で木を一本植えた。この人は体も自分より一回り大きいしたくましい、体が力仕事するようにできている、あういう体を見ているとうらやましい、体力がないからうらやましい。仕事していても自信に満ちてやっている、結局いろいろ現場の場数を踏んでいるから自信をもっている。それも一つだけの仕事、壁塗りだけなら壁塗りの仕事ではない、いろいろこなしているから一人でリホ-ムできるのだ。独立してやると万能的なものが要求されるから厳しいのだ。インタ-ネットで独立して稼ぐとなると報道で稼ぐとなると個人では限界がある。そんなに全部に詳しくなれないからだ。でも個人で独立するとなるとそれが要求されるのである。だから個人で独立して起業している人は相当な優秀な人なのである。ただログハウス作りの人が自分一人でやるのに限界がでてやめてしまったように一人で全部やることはどんな仕事も不可能である。ともかく仕事のできる人間は頼もしいことを実感した。女性でも実際は男を選ぶ場合、顔形とかではない、男はやはり仕事をできる人を選んでいれば間違いないだろう。男は仕事であることはやはり本当である。
今は不況だが建築関係の仕事があれば田舎では波及効果が大きい、資材でも地元の金物屋を利用したりとあとは二回のお茶の時間に地元のいいお菓子を出したりといろいろな波及効果がある。だから一軒の家が建つことは田舎では相当な経済的効果がでてくるのだ。瓦職人もいるし畳職人もいるし建築関係の仕事の人は地元にいるからだ。田舎には公共事業が必要だというときそれが田舎では田舎では経済的波及効果が大きいからである。例え無駄でも現実問題としては構造的にそうなってしまっている。今どこでも区画整理しても家が建たない、家を建てる土地がいくらあっても家が建たないのでは不況になる。やはり好況の時はどこでも家が建っていたのである。田舎では建築土木関係の波及効果が大きいからこそ不況も深刻になる。
まあ、老人は金をもっても消費しないというとき介護とか不安があり消費しない、老人は医者とか介護くらいにしか金を使わない、でも60代ならまだすぐ死ぬわけではないから金があれば金を使う、それが個々人で何なるかわからない、自分の場合、庭作りだったが条件が調わない、土地が狭くて庭作りはできないから消費できないとなった。消費というと消極的な側面が強調されるが消費-浪費とか何かマイナスイメ-ジが強すぎるのだ。消費にも積極的創造的な面は相当ある。投資となると消費より評価される。庭作りにしても庭作る人も大事だがその庭を使いこなすというか庭を鑑賞するというかその人も大事なのである。つまり画家がどんなにいい絵を描いても評価する人がいないければ絵も活きてこないのと同じなのである。これはあらゆることに言える、土地でも大地主でも原町の叶屋が衰退した原因が土地をうまく利用させなかったということにあるというのもそのためである。うまく利用している鑑賞している人に金は払われることがない、そういう人にこそ金をもたせるべきだということもある。金をもたせるなら金を有効に使える人にもたせるべきであり金を有効に利用できない人は金を死に金としてしまうのだ。金はいくらあってもそれが一体どれくらいの価値があるのかは使ってみないとわからない、たまたま多少余裕があったので自分なりの庭作りをしたいと思ったのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30098938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック