2009年06月08日

都草(飯田線で鹿と衝突!)


サンサンと光そそぐや夏雲雀


都草電車の汽笛ひびくかな

夏菊や夕べ明るし原町区
 
常磐線は過疎地域ではない、一時間に一本くらいは電車は出ている。下りと上りでは30分間隔で電車が通っているかもしれない、磐城行きは少ない、仙台行きは原町区から折り返しだから結構出ている。仙台に行くには便利にできている。電車の通らないところはやはり淋しい。電車が通っても飯山線とか飯田線とかはやはり常磐線より相当過疎地域を通るだろう。飯田線は一番ひどい線かもしれない、あんなところがまだ線が残っているのが不思議である。距離も長いからである。維持するだけで大変だろう。二両とか一両のにものったみたいだ。これも記憶が薄れたのでわからなくなった。駅名が変わったのがあり面白い、でも記憶されていなかった。ただ過去にホ-ムペ-ジで書いたのでそこから思い出す他ない、豊橋に出たら本当に東海道であり都会だった。そこは記憶に残っている。長篠というのれ有名だから記憶に残っている。あとの駅名はほとんど記憶に残っていなかった。やはり一回だけでは人間つくづく記憶に残りにくいのだ。近くは何回も行くから記憶に残って行くのである。飯田線は本当に鹿くらいしか出てこない線のような過疎の線であったのだ。秘境駅だというのもわかる。
 


静岡県浜松市天竜区佐久間町のJR飯田線で、
天竜峡駅発豊橋駅行きの上り普通列車(2両編成)にシカが衝突し、
ブレーキ管が破損した。

 列車は、走行が出来なくなり、後続列車にけん引されるまで現場で
立ち往生し、乗客約30人が約5時間、列車内に閉じこめられた。
同線は8日午前2時20分頃、復旧した。乗客にけがはなかった

 

読売新聞 2009年6月8日09時27分
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090608-OYT1T00312.htm

 

飯山線-飯田線の旅(自作)
http://www.musubu.jp/notetrip.htm

 
 

 飯田線-駅名
http://www3.tokai.or.jp/inou2002/iida/iidasenn.htm

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29685121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック