2006年01月04日

小松

komatuu111.JPG


冬の日や小松が下に家の墓

北風に揺すられ小松耐えてをり

新年の銀河の輝きいやましぬ


今年は今ものすごい風が吹いて家を揺さぶっている。松の内というおだやかな気分はない。家のなかも新から外も内もおだやかな正月ではなかった。家の前に墓がある家で小松の下にある。いつも先祖がそこにいるとなるからお参りがいつもできるからいい。小松というのも日本人になじみな日本的なものである。小松という地名も結構ある。庭の小松でも日本的な風景としてある。でもその小松が激しく風に揺すられている。人間の安らぎは本当に生きている限りないような気がする。死ぬまでいろいろな災難が内から外から襲ってくる。今や家の外からも中からも激しく揺すられている。日本人にとって松というのは特別な意味があった。その考察はあとにしよう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/247256
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック