2021年10月16日

田舎で凶悪犯罪が増える-安心院町の事件 (日本が貧乏になり犯罪が増えてアメリカのようになる?)


田舎で凶悪犯罪が増える-安心院町の事件

(日本が貧乏になり犯罪が増えてアメリカのようになる?)

大分県宇佐市安心院(あじむ)町荘の民家で昨年2月、住人の郵便配達員山名博之さん(当時51歳)と母親の高子さん(当時79歳)が殺害された事件で、同県警は15日、大分市緑が丘1、会社員佐藤翔一容疑者(36)を強盗殺人容疑で逮捕した。

 発表によると、佐藤容疑者は昨年2月2日、山名さん方で、刃物のようなもので2人の首を突き刺すなどして殺害し、現金数万円を奪った疑い。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7ebc51a9f9f37e1f930fdde2516dedb3bb6ea61

農村の民家に泊まり、食卓を共にし、
田舎のあるがままの生活を体験する「農泊」。
安心院は「農泊発祥の地」です。
https://www.ajimu-ngt.jp/

数万で二人も殺すということが信じれない、これは何なのだろう
それも田舎町なのである 安心院(あじむ)とは安心できる町だともなる
最近凶悪な犯罪が増えているというときなぜだろうとなる
これも金が欲しくての犯罪である、ただ会社員なのだからそれもわからない

ただ今田舎でも金のない人が増えている、金がなく追い詰められている人がいる
この人もそうだったのか、でもこれほどの凶悪な犯罪になるのが理解できない
それでもわかることはこうした犯罪は起こり安いのは泥棒でも顔を見られると襲ってくる泥棒でも捕まることに恐怖しているからそうなる
だから家の中でばったりでも犯人と出くわしたら危険だとなる
また犯人を捕まえようとしたら争うなとも警察の経験者が言う
つまり泥棒の方が真剣であり顔を見られることなどで凶悪な犯行になる

そういうことで自分の家にも泥棒が入ったのである
なにかがたがたしていた、でも自分は寝ていた、その泥棒とは顔を合せなかったのが良かった、金はなく盗られたものもなかった、金庫は空けられていたが金はなかった
ただ前にはかえって家を手伝ってもらった人に留守の時大金を盗まれた
たまたま金を下ろしていたのを盗まれた

なぜ今田舎でも凶悪な犯罪が起きているのか?

それはみんな生活が苦しい金がないからである、これは明確なのである
老人でも年金で生活できない、10万ももらっていない人がいる
厚生年金でも平均15万くらいだとぎりぎりだとなる
それくらい今は老後生活でも悠々自適の人は少ないのである
それで老人の犯罪を増えているのがわかる
こうして追い詰められている人間は善悪の問題もてくなる
目前の金が欲しいというだけで凶悪な犯罪にもなる
田舎でなぜ起きるかというときこれも田舎でも生活が苦しいからである
田舎がのんびりしているとか素朴などない、やはり今の時代は金がなければ余裕が生まれないのである

田舎は金がかからないということはない、物価でも東京より高いということもあるし必ず一人一台車を持っている、その金も馬鹿にできないのである
また毎日十円でも節約するために安いものを買うことに苦心している人もいる
その人はもう生活できない状態である、だから果物でも高いと食べていない
体も普通の人より老いて悪くなっている、だから今度は薬代とか病院代とかかかる
本当だったら医者にかかることもできないのだが援助があり辛うじて行っている
知っている人はまた糖尿病で退院しては入院してやはり金がかかっている
保険があっても金がかかることが結構ある

でもこの事件でわからないのは年齢的に若いし会社員でもあり無職でもない
だからなぜ数万でこんな凶悪犯罪を犯したことが理解できない
ただそれは事のなりゆきでそうなったのかもしれない、そんなつもりがなくても事の成り行きでそうなったのかともみるが理解しにくい
数万で二人殺して死刑になるとなれば馬鹿らしいともなり理解不可能だとなるからだ
数万のために死刑になることは理解不可能だとなる

もう田舎が安心だということはない、安心院とかあるが安心はない
田舎でも金がなければ生きていけない、この辺では原発事故があり多額の補償金がもらえるとなり眼の色を変えてその金で地域も分断された
地域の復興がどうのこうのとなったけど実際は金をくれ、もっとくれしかなくなったのである、そして暇になり仮設に入った人達はパチンコとかギャンブルだったのである
あとは補償金くれしかなくなった、故郷とは補償金をもらう場所としての利権の場ともなったのである

自分が病気にもなり二人の親の介護で苦しんでも今度は金をとるチャンスとなるだけだった、借金している人が来たりしてある人に大金を盗まれたりさんざんな目にあった
もはや田舎とか関係ない、金がすべての時代になっている
第一こんな凶悪な事件が起きること自体信じられないとなるからだ
それはこの事件ではわからないが金に追い詰められている人が増えたことである
もうぎりぎりの生活であり食べることもままならないとしたら何か善悪とか関係なくなるだから追い詰められた人間は一番怖いとなる
でもこの会社員がそんなに追い詰められていたのかとなると理解できないとなる

でもこれからの日本は犯罪が増えてゆくことは確かである
もう老後でも食べることもままならないとなればそうなってゆく
だから物騒な時代になったのである、田舎でも安心院にはならない、安心できないのである、ただ犯罪を犯した人はもともとそこの町に住んでいた人ではないみたいだ
ただそれにしても怖い時代になっている
その原因はみんな金に困り余裕がなくなっていることなのだ

すると田舎の金持ちでもまた都会の金持ちでも危険になってくる
高い塀を作り鉄条網まで備えている家があるということもわかる
外国ではアメリカなどはそうして守らないと住んでいられない、日本だってそうなってゆくかもしれない、そういう前兆が出てきているのかもしれない

日本が貧乏になることはどうしても犯罪が増えてくるのである
格差社会でもそうである、そうなると金持ちでも安心して暮らしていけなくなるのであるアメリカの投資家が日本でも犯罪が増えてアメリカのようになると警告している
アメリカに習った日本は何でもアメリカと似てくるのである
日本の良さは豊かになっていた時代がなくなると犯罪国家にもなる
そういう兆候がすでに現れている、それが田舎とか都会とか関係なくなっているのであるすべてが金だというときそうなってゆく社会だからである
posted by 老鶯 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189069317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック