2021年05月19日

金の流れで悪が見えるー河合案里議員の金の出どころ


金の流れで悪が見えるー河井案里議員の金の出どころ

自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、党本部が2019年参院選で河井案里氏の陣営に供給した1億5千万円の活動費について「私は関与していない」と述べた。

岸田文雄前政調会長は12日、党執行部が国民に「政治とカネ」の問題を丁寧に説明するよう二階氏に申し入れた。岸田氏は13日の派閥総会で「『書類を確認して説明責任を果たしてほしい』と二階氏に申し上げた」と語った

金がどうして得たのか?明らかに一憶5000万円の金がふりこまれて使った
ではその金をふりこんだ相手は誰なのか?
それが二階氏とか選挙対策長だった甘利氏とか言われる
なぜなら誰かがふりこまないかぎりその金はない、誰かの命令で振り込まれたとなる
つまりその振り込んだ人をつきとめるとその人も共犯者だとなる
選挙に勝たせるために軍資金として金を与えたとなるからだ
それをみんな否定している、でも金の流れから犯人がつきとめられる
推理ドラマでも金の出どころとか金の流れをつかむ、それが証拠になる

金がどのようにして得てどのうように使われたのか?

何か銀行とかの金融業の役割りはそうして金の流れを記録して証拠にする場なのかともなる、確実に金の流れが記録されているから偽ることができないからだ
ただタンス預金とかから流れているとわからなくなる
それで政府では困る、マイナンバー制を政府がすすめるのはこうして金の流れをつかむためである、そして税金をかけるためだとなる

なぜ金をもっているのかと自分が言われた、働いていないし稼いだことがないのに金をもっているのかとなるからだ
その出どころは遺産を相続したからである、それは自分自身が働いて稼いだものではないそういう金も普通にある、でもある人が金があるというときどうして金を得たのかとなる金額が大きくなると問題になる、それで銀行で大金を貯金したとき家族が問われた
本当はそういう金は銀行で秘密ともなる
でも大金になると盗んだとかもあり銀行でも問うことができるのかとなる
警察で操作する時、犯罪であればそれを知ることができる、どうしてそんな大金が入ったのかとなるからだ
銀行とか金融機関はそうして金の流れを記録する機能がある
また紙幣に番号が記してあって盗まれた金だとそこからわかることがある  

いくら私は金を出していないとしてもいづれ金をだした人が判明するのではないか?

その鍵は銀行になるのかとなる、一憶5000万の金を支払った記録は銀行に残っているだろう、それとも闇の金なのか、ともかくそれだけの金が誰かが支払ったことは確かなのである、それを支払ったのは自民党しかないのである
だから機密費から支払われたともされる、それは秘密の金だからわからないともなる

とにかく人は金を一番気にしている、自分でもまた他人の金でも気にしている
いくら金をもっているのか気にしている
ただ普通に働いていれば金の入るのは限られている、ただ特別な場合にこの辺だと原発事故で多額の億の金が入った人がかなりいた、それでいい車を買ったりしてひんしゅくをかった、でも事故のためにもらったものだから正当性はあった
何か正当性がない金だと回りがうるさくなるのだ
船主とか漁業組合の過分な東電から補償された金とか相双リテックなどの除染費用は過分すぎたからそれは犯罪ともされて逮捕されたのである
その金の出どころは国民の税金でありまた地域でも配分されるものだけど一人じめしたとなるからだ

金がどういうふうに流れたのか、それを追ってゆくと悪があばきだされる
つまり人間社会は金によって支配されるという側面があるからだ
それでドルを発行できるFRBとかが世界を支配してそれを作ったロスチャイルドとかロックフェラーとかが世界を支配しているという陰謀論になる
中国で覇権国になるために独自の人民元をデジタ通貨にしようとするのはそのためであるローマ帝国でもオスマン帝国でも地方の長官とかに覇権されたときその土地を支配した
人が王になりやはり独自の貨幣を発行したのである、それにはその人の顔が彫られた貨幣だったのである、貨幣とはこうして支配するものとしてあった
貨幣を紙幣を発行できるものが支配者となる
でも中央の皇帝から反逆者として討伐されたのである

だから悪を暴くとき金の流れを見ろということになる
それがわかりやいからである、今になって自民党の幹部は誰もその金を払っていないとしている、でも確かに誰かが払っていたのである
それを逃れることはできない、何かこれはわかりやすいのである
でも普通は金の流れがわからないのが多い、闇のルートとかに隠される
グロ−バル経済になるともう天文学的数字の金がどう流れているのか見えなくなる
それが問題なのである、金の流れが可視化されれば悪も見えやすいのである
それができないので陰謀論になり悪は闇の中に隠されるのである
posted by 老鶯 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188685058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック