2020年12月09日

政治経済科学のバランスをとる判断 (原発事故とコロナウィルスの相似)


政治経済科学のバランスをとる判断

(原発事故とコロナウィルスの相似)

原発事故でもそうだったがコロナウィルスでも同じようになことが起きている
総合的な問題として起きている、一科学分野のことではない、社会全体の問題として起きている、社会全体から解決することを要望されている
政治と経済と科学とか総合的なものとして解決することを要望されている

原発事故でも実際は科学だけの問題ではなかった
その背景に政治の問題があった、それはアメリカとも関係していたのである
背後にアメリカの力が働いて原発が作られていた、原発を作ったのはアメリカとの関係から作られたのである、それで読売新聞の正力松太郎は原発を会社のために誘致したとされる、アメリカのCIAのエージェントとなり誘致した
あとは中曽根首相とかに受け継がれたのである

科学的には日本ではそもそも原発を核を操作する技術がなく未熟だったがあえて誘致したのである、それで湯川秀樹博士が時期が早いとして反対したいきさつがあった
だから物事は科学だけでは決まらない、政治判断があり経済判断がある、そして科学判断がある、コロナウィルスも似ているのである

原発の場合は科学判断では日本では技術的に未熟だから誘致する時期ではないのに政治的判断とか地元の経済を優先して原発を作った
そこに科学判断はないがしろにされた、つまり科学者は御用学者となり危険性があっても「安全神話」でそれを権力で隠したのである

コロナウィルスとの相違は原発は核はもともと危険なものとして科学者でも認識されていた、科学的にすでに研究して放射線がどういうものか知っていた
でも政治的経済的判断が優先されたのである、科学者は御用学者となり政治的経済的判断に従ったのである

今回のコロナウィルスは原発の核とは違って未知なものとして襲ってきた
専門家も実際は何なのかわかっていない、ワクチンにしても効果がわからない
だから専門家の言うことも信用できない、それで40万人が死ぬとか突拍子もないことを言って恐怖に陥れたりする
何か科学の時代になると専門家が大きな力をもつ、でも専門家でもコロナウィルスについてはわからない、憶測で言っているのが多いのである
そしてマスコミはやたら恐怖をあおるだけで視聴率を稼ごうとしている

ただ感染者が増えてくると科学的判断で自粛とかなる、医療崩壊ともなりそうなる
でも政治的経済的判断で経済活動を止めることはできない、なぜなら自殺者が増えているからである、日本の場合は死者数でも少ないのだからそれくらいの数なら経済活動を止めるべきではない、人の移動でも止めるべきではないとなる

それは

政治的経済的判断>科学的判断

こうなっているからである、つまり科学が絶対的なものではない、絶対的なものとして通用しないのである、今回はそもそもコロナウィルスが専門家でもわかっていなし未知だから余計にそうなっているのである
ワクチンでも信用できない、わかっているのは高齢者がかかりやすく重症化して死に安いことである、その他のことは良くわからないのである
そのわからないことが不安を増大させているのである、その不安に便乗して不安をあおり視聴率を稼ぐのがマスコミだとしている

要するに政治的経済的科学的判断のバランスの問題になる
科学的判断が専門家の言い分が強調されれば自粛とかになりそれで自殺者が増えるとなるから危険になる
一方で政治的経済的判断が優先されると感染が拡大するから抑えろとなる
原発は政治的経済的判断が優先されて大事故になった、科学的判断があったが津波でも十数メートルの津波がくると警告していたがコストがかかる、経済的政治的判断で備えることをしなかったのである

いづれにしろ科学的判断を突出させるとロックダウンとかの処置をしろとなる
そうなると経済的に困窮して自殺者が増えるとかなりその方が大問題だとなる
もう医療崩壊になるから患者を受け入れられないともなる、するとコロナウィルス感染者だけではない、他の病人も死ぬともなる
その選択をどうするのかという問題になる,バランスをどうするかということである
ただ原発の場合は政治的経済的判断を優先させて失敗したのである
「安全神話」は強力な政治的経済的判断があり作られたものだからである

では今回のコロナウィルスではどうなるのか?

何を優先させるのか?科学的判断を優先させるにしてもそもそも今回はコロナウィルスでも科学者でも専門家でもわからないのである、だから判断しようがない、ワクチンでもあくまでまだ効果があるかどうかも明確ではないのである
ただ過剰にこういうとき期待されているとなる

となると何か科学的判断を突出させたりまた政治的経済的判断を突出させたりするより
相互のバランスをとるということが大事になるのかもしれない
要するに報道とかでは科学的判断から危険をあおりすぎる
政治的経済的判断で経済活動を止めないことも必要なのである
ただ原発の場合は政治的経済的判断が優先されて大事故になったのである
「安全神話」は政治的経済的判断から作られたのものであり科学的判断はないがしろにされていたのである

こうなると何かに偏り突出するのが良くないとなる、バランスが大事だともなる
政治的経済的科学的判断を並行して進めるということになる
これらのどちらかに突出すると偏ると全体のバランスが崩れる
そしてマスコミのように恐怖があおられ平静さを失う、マスコミの問題は一方的な見方で恐怖をあおりそれで視聴率を稼ぐことだから問題なのである
posted by 老鶯 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188202807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック