2020年04月02日

南相馬市50歳の男性が東京のライブハウスでコロナウィルスに感染 (東京から拡散するのが早いから注意)


南相馬市50歳の男性が東京のライブハウスでコロナウィルスに感染

(東京から拡散するのが早いから注意)

2020年3月14日(土)より常磐線全線が運転再開、特急「ひたち」の仙台〜上野・品川間直通が開始されます。

南相馬市50歳

3月20日に東京都内のライブハウスに行っているようです。

南相馬市で一人コロナウィルスの感染者出た、これを知って身近だなと思った
そして広がるのが早いなとも思った
仙台市から秋田に広がったのもわかる、仙台市からせ広がり安いからだ
それで何かここも不安になった、仙台との交流が頻繁だからである
何か原発事故で双葉ー大熊ー富岡が不通になったとき仙台には行っていて南相馬市とか相馬市とかは不便を感じないのである                  

もし南相馬市から仙台方面が不通になると不便を感じる
それで仙台行きが下りになっていたのが違和感があった
仙台が東北の中心であり上りという感覚になっていた
第一いわき市方面にはここからあまり行かないからである
ただ東京に行くときは特急「ひたち」を利用することになっていた
だからそれにはもう若い時から東京に行くのに乗っていた
その時は上りだと感じていたのである
ただ私はもう十年以上東京には行っていないのである

この感染した人が東京のライブハウスに行っていた、常磐線全線開通したのが3月14日であり3月20日に行っている、だから全線開通した特急「ひたち」を利用して東京に行ったのだと思う
私も特急「ひたち」で東京に行きたいとも思うからである
他でもこのライブハウスに地方から行った人が感染している

東京から感染して拡散される

そして拡散するスピードが早いのである

仙台市から秋田へ拡散したり東京から青森とかに拡散したりするのは新幹線が通っているからだ、山形県から秋田の方にも新幹線が通っている
それは従来のレールを使うにしてもやはり通っていて早いのである
現代はこれだけ交通が発達していると人が高速に移動している
だからたちまち遠くに人が移動して拡散する
それも世界だと飛行機で世界中にたちまちに拡散するのである
つまりコロナウィルスでも直通で遠くまで結ばれて拡散する

とにかく地方だと田舎だと一人で感染者が出ても衝撃である
それで周りで話題になる

誰なんだ、どこに住んでいるんだ、どうして東京まで行ったんだとか
噂でももちきりになる、だから市では名前を出さないのもわかる
もう田舎だといたたまれなくなることは確かだからだ
自分自身も何か隣の人が感染したようにすら思えた
それだこけ東京とか大都市と田舎の感覚は違うのである

だからこそ東京の人が地方に田舎に来ることは拒まれる、東京だと広いから特定できない田舎だとすぐに特定される、南相馬市は6万くらいにしてもそうである

ただ南相馬市のどこに住んでいたのか?     

小高区なのか?原町区なのか?鹿島区なのか?

これによって相当に感じ方も違ってくる、どういう人なのわからないけど「無職」となっていることも気にかかる
なぜならこの辺では原発避難民が今は仮設に住んでいないにしろ復興住宅などでかなりの数が移り住んでいるからだ
だから知らない人たちが二三割移り住んでいる  
そして原発避難民は補償金をかなりもらっていて仕事もしていないのが多いのである
それはもう十年過ぎてもそうなのである、むしろもう働かないで補償金で暮らしていこうとしている人たちも多い、60代くらいになればそうなる
それで年金十万を補償金として東電で国で出すべきだとして要求したからである
だからもしかしたらこの人は原発避難民なのかとも思う

ともかくコロナウィルスが伝染する広がることはこれだけ交通が発達しているのだから早い、でもまだ危機感がたりないことは確かである
何かいろいろ言うから放射線と同じく判断しにくいのである
でも自分の住んでいる場所で感染者が出たことは本当に驚いたしこの辺では危機感をもつようになる
日本全体でまだまだ危機感がたりないことは確かである
たいしたことないとみている、またそんなに怖いものではないとも見ている
でも地方では田舎では大都市で感じるのとは違う

いづれにしろ東京からコロナウィルスは早いスピードで伝染する!

だから東京閉鎖も必要なのかとも思った、それに近い措置も必要である
そこで経済的混乱が生じるからできないというのもわかる

でも一人でも身近に感染者出ると変わる

危機感が出てくる、もしもっと死ぬ人が増えて身近でも死んだりしたら地方だと大都市より敏感でありパニックになりやすいと思った
何か疑心暗鬼になる、田舎の人間関係は濃密だからそうなりやすいのである
それが大都市との違いでありだから感染した人は針の筵(むしろ)に座るようにもなるのである
結局村八分のようにされてしまうのである、それが田舎の怖い所なのである


posted by 老鶯 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187339110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック