2019年07月01日

地方銀行の危機 (週刊ダイヤモンドの記事をまとめる)


地方銀行の危機

(週刊ダイヤモンドの記事をまとめる)

bank11112222333.jpg

bank654321.jpg

銀行だと堅い仕事であり地方ではエリートで安定して評価も高かった
それでこの辺で東邦銀行に孫が就職したと自慢する人がいたのもわかる
地方では大企業などないから公務員と農協職員とか銀行とかに就職すればエリートとなっていたのである、ともかく倒産するこどなどないからである
そこで地方で結婚して安定した生活ができる
正直地方で田舎で生活するにはもともと資産がないと生活しにくいのである
東京と違って底辺だと目立つのである、だから肩身が狭い思いをするのである

自分自身も銀行というとき何か堅い職業で安定していると見ていた
実際私は銀行についてわからない、何か職業で一番わかりにくいのが金融関係なのであるそこで株などしていると世界情勢とかが関係してくる
するとそんな話になるとこれは相当な知識が必要になりその他いろいろな専門知識が必要でありわからなくなる
だから株などに手を出すなとなる、そもそもわからないからである

それで私は金融のプロですからまかせてくださいと地銀の営業の人が言うからまかせたのである、第一株をするにしても投資信託でもどんな銘柄がいいかなどわからないからだ
株式をいつも見ているわけにもいかないからである
だからこそプロにまかせるのである
でも地銀は投資信託のことはほとんど素人だったのである
その素人がすすめているのだから儲かるわけがないのである
地銀は証券会社からすすめられるのを適当に選んで売りつけるだけである
あとは野となれ山となれ投資信託だと確実に手数料がはいる、売ったり買ったりするとさらに手数料が入る
どこかの会社に投資して失敗して損することなど絶対にないおいしい商売なのである

それで私が悔しい思いをしたのはリーマンショックのとき半分になった株をもっていた
それをちょうど元の値段に回復したとき投資信託に勝手にまわして損したのである
そのままにしていれば株が上がりかなりの収益を得たのである
それ以来銀行は信用していない、銀行はそもそも窮地に追い込まれていたから何でもいい客のことなどどうでもいいと投資信託を売りつけるようになった
それで2000千万とか銀行を信用して損したばあちゃんがいた
詐欺と変わりなかったのである

追い詰められた人間は会社でも何でもする、悪いこともなにもなくなる

このことを何度も書いてきた、そういう追い詰められた人たちが自分の介護と病気の時に来てひどいめにあったことを書いてきた
その一つにまた加わったのが銀行だったのである
それは意外なことだったのである

何か銀行はこの辺で原発事故などで多額の補償金が入って金が銀行に貯金されたと思ったがそうではなかった、会社でもその補償金は銀行に回らずに使われていたのである
ただ銀行の仕事は何なのか良くからない、地銀とか信用組合になると地元の経済に貢献する、会社を育てるとか地域のために金を集めて経済を活性化するものとみる
それが高度成長時代ならうまくいって貯金していると倍にもなったのである
今は全然違う、利子はつかない、投資信託を売りつけられて損するとしかない
地域にも貢献しないから地銀は不要だとなる
金でももう銀行で出し入れしないとかIT化してゆき苦境になる

つまり銀行の苦境は日本の経済の苦境でありさらに地域経済の苦境なのである
ゾンビ企業が地方に多いというときもそうである
そういう企業とかかわっても銀行はリスクになるだけで利益をあげられないのである
つまり地銀が危機になるということはまた地域の経済も危機となる
それはまた日本全体の経済の危機となってゆき日本が貧困化してゆくことなのである

そして金をもっているのは株でも投資しているのは70代とかなる、老人が金融資産をもっているからそこで狙われてすすめられているのである
そして自分のように損したりする、それも高齢化社会である
つまり銀行はやがてそうした金融資産をもっている老人もいなくなり貯金する人もいなくなるともなる
その金融資産が東京に住んでいる子供に相続されるから地銀などに回らなくなるとか言っている

いづれにしろ銀行とは何なのか?銀行の役目は何なのか?
それは地銀なら地域の経済に貢献することである
その集めた資金は地域のために使うのは基本にある
そうなら銀行に預けてもうけがさほど出ないにしろその金は有効だったとなる
自分自身が相馬郷土史研究とかのプログの趣旨も地域に報道関係で学問であれ芸術であれ貢献するという趣旨があるからである
そこで地銀というのもそこで関連しているとはなる
ただそうはいっても自分の場合はその影響は微々たるものであり認められていない
ただそういう趣旨があってプログで伝い書きつづけているとはなる
だから何か会社でもただ利益を出すということではなくその前に社会に貢献するという趣旨があり成り立つ、それがなくなりただ金を集めてその金を地域に還元しないとなれば何なのだとなってしまうのである

ダイヤモンドに書かれた記事をまとめてみた

bankdzzz1.jpg


ゾンビ企業が多いということは銀行でそういう会社に資金援助しても還ってこないということである
それだけ地方で起業でももうからない、利益が出せない時代である
そのゾンビ企業を整理しなければならない、そういう厳しい時代になっている


bankdd123.jpg

bankdddd1234.jpg

bankdddddd212.jpg

bankdddd1.jpg

bankddd4444.jpg

地銀の「地元」とは株主は必ずしもイコールではなき、そこに地元のために
ということと矛盾が生じる



ここに福島銀行と大東銀行がでている、この二つの銀行は危機であり合併するとか言われるが両方とも収益が全国レベルでもワースト10に入っている、だから合併するメリットがないとしている
福島県で残るのは東邦銀行だけだとしている、そして70代とかの人に投資をすすめるのは金融庁ではいましめている
投資というのは長い期間で見ないと損得がわからないのである
それでリーマンショックのときもっていた株が半分から元にもどりさらに上がった額が大きかった
それが地銀によって損させられたのである、それはとりもなおさず地銀が追い詰められていたからである
こういうふうに追い詰められた個人でも会社でもそうなると恥も外聞もなくなる
なんとか会社を維持するために何でもすることになるから危険なのである

そういうことで自分がどれほど被害にあってきたか書いてきた
自分の家が大金は盗まれるは借金は要求されるわ、弱った時責められつづけたからである
今でも困窮者の一人に要求されている、そういうことは日本の貧困化とか地域の衰退がこれからもっとひどくなる
老人の金融資産も取り崩すので貯金もへって銀行には回らなくなる
そしてこの辺では10年間の震災の国の援助が終わる、その時財政的に相当追い詰められるとしている
だからそうして追い詰められると周りの人にも影響が大きいのである
田舎では地方では東京のようにはならない、金をもっていれば目立つし危険な状態になるから安心して暮らせなくなる
そして地方だけではない日本全体が治安が悪くなる、とにかく追い詰められた人間は本当に怖いからである
そういう人か巷にあふれたら今日食べるものがないとわずかの金でも殺されるという恐怖社会になる
その時裕福な人でも安閑とはしていなられない社会になる、だから富裕層でも格差社会は危険だから真剣に対策しないとその危険が自分のように及んでくることを覚悟しなければならないのである


posted by 老鶯 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186215409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック