2019年03月10日

壊れたカメラを直せた (今は自分で機械に通じないと損する)


壊れたカメラを直せた

(今は自分で機械に通じないと損する)

lenszz1.jpg

量販店に壊れかカメラをもっていったら3万5000円かかるといわれれた
自分はカメラはただデジタルカメラしか使っていなかった
一眼レフとかを使ったのは一年前二年間買ったが使用しなかった
それはソニーのα6000だった
これは大きいし重いから使わなかった
自転車を使用するので動くから使いにくい、そして今回落としてしまった

でも今日いじっていたら直せた、故障部分がわかったのである
レンズが落としたとき故障したのだ
それで前に買った望遠レンズをつけたらそれが動作したのである
それも十年前とかである、そんなものが使えるのかと驚いた
それは別にデジタルカメラ用でなかったのに使えた不思議である

カメラも覚えるには手間なのである、今わかったことはレンズが多様なものがあるからそれを使用するとかなり専門的になることが今になってわかった
一眼レンズ強みはレンズ交換だったのである
そんなこと誰でも知っていることが私は聞いていてもそれを実行して経験していないから理解していなかった、それより実際にそうしてカメラを操作していなかったからだ
それは何かと追われてそうなっていたのである

今回カメラを落としたのでレンズ部分を回していたらレンズが悪いのでありその本体は壊れていなかったのである
量販店ではカメラを見ないしわからずに3万5千円かかるとしたから修理に出すのをやめた、おそらくヨドバシカメラにはカメラの専門家がいるから故障の原因がわかったかもしれない、とにかくカメラの故障を直せたということは意外だった
電子機器は普通は直せないからである

機械はいかにして使いこなすかである、いくら機械を買っても使いこなせないと役にたたないのである
つまりノウハウが大事になるのだ、機械を買っても操作できない、ノウハウを会得できないのが今は多いからだ
これはいくらいい機械がでても使いこなせないと宝の持ち腐れになる
その一番いい例がヤマハの電動のロードだったのである
これは25万以上したのに全く使えなかったからである
これは老人に向いていなかったのである
若い人はそもそもロードにのるのは坂を上るのに快感だとしているからそこが根本的に違う、車にロードを積んで坂を上っているのである

今度のヤマハのYPJ-XCは形はマウテンバイクだから若者用だと思っていた
ただ最新のドライブユニットを使っているというので大金をだして買ったがこれは思った以上自分にあっていた、老人にあっていた
乗りやすいしバイクのようにすいすい走る、別に平坦な道でも走りやすい
悪路も行ける長距離も行ける、自転車だとしてはこれだけの機能あるのはなかなかない

これの最大の問題は荷物がのせられないとかスタンドがないことなのである
それでしょっちゅう倒して一部ライトが壊れたりした
たてかけていても大きいし重いから倒れるのである
でもこれは使いこなすと相当に役にたつものだった
高いだけの価値はあった
いくら高くても使いこなせないとただ宝の持ち腐れになる
だから買い物でも金があってもそれを有効に使うことは意外ととむずかしいのである
いろいろ機械でも道具でもあふれているけどそれを使いこなすことがノウハウを覚えることの方がむずかしくなる
パソコンなどが特にそうである、検索する能力、ノウハウがなかなかわからないからだ

いづれにしろカメラはやはり広角レンズとか望遠レンズを使わないといいのはとれないことが今になってわかった
ただ自転車で持ち歩くことは今回のように危険だった
そこが一眼レフの問題点だったのである

今の時代同士しても写真の映像の時代だという時、プログでも映像を写真を出さないと見られないことはある、だからこそyoutubeが盛んになっているのである
それだけ訴えるものがyoutubeにあるからそうなる
動画の訴える力があるからそうなる、ただ私は動画はしない、動画をするとまた手間になるからだ、そんなにいろいろなことはできない
ようやく介護が終わってできるようになったが以前として家事に追われたり忙しいのである
家の整理とかいろいろな今までしたことの整理に追われているのである
その一つが写真でも今まで買っていたレンズを使わなかったことでもわかる
何かしようとしていたができなくなっていたのである
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185686588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック