2019年01月12日

2019謹賀新年(霊前に献ぐ花)


2019謹賀新年(霊前に献ぐ花)

kinganewyyy345.jpg



姉が死んでから8年、母が死んでから3年すぎた、月日が過ぎるのは早い
ただ不思議なのは死んでからも家族は家族であり60年間一緒にいた記憶は消えない
むしろ人間の不思議は何か?

人間は死んでから本当の力を発揮する

これを何か家族が死んで感じているのである
人間は死んだら終わりだとか思っていた、動物なら死んで終わりである
人間は逆である、人間は死んでから本当の力を発揮する
むしろいきている内は人間の価値はわからないのだ
評価もできない、今有名でもそれもうたかたのように消えるからである
死んでからいつまでもなんであれ話題にされる人は本当に価値ある人なのである
それは別に有名人とか偉人でなくてもそうである

人間は死んでからその本当の価値を知るのである
そもそもなぜキリストが死んでも2000年過ぎても忘れられないのか?
そのことだけでもわかる、キリストが死んだときこそその後に最も力を発揮したのである
でも死んですぐに忘れ去られるのはその人に何かしら残すものがなかったからだともなるそれは巨万の財産を残したとしても必ずしもそれで後世に影響を与えるとはならない
私的なことを延々と語るのもなんだがやはり自分の家を築いたのは姉と母であり
そこに功績があり今の自分があるとなるから語るのである
それは金銭的な面だけではない、自分を支えてくれた人だったとなるからだ

それで紅白の餅を献げ花を挿したのである

葉牡丹に白菊黄菊千両や新年祝う霊前なるかな

最近フラワーアレンジメントはしていない、その余裕がないのである、家事に追われるのである、だから今になると自分のように恵まれた人はいなかったなとつくづく思う
その恵まれすぎた結果として塗炭の苦しみを受けたのである
全部家のことでもしなければならなくったからである
花の不思議は花は争うことがないどんな花でも一つの壺に争わず映えるのである
かえってその個性を互いに際立たせるのである
花は調和している、自然も調和している、コスモスを形成する
ただ人間だけが不調和な存在なのである
いろいろ努力しても常に不調和になるのである、科学技術でも調和ある世界は乱されるのである、だから人間の努力とは何なのかとなる 

キリストが言うように

野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった

これは人間の労働を否定しているのである、人間は労働を賛美しすぎるのである
労働はケースバイケースで必要である、でもそれを全面的に肯定はできないのである
結局膨大なの労働の結果として生まれたの何なのか?
東京の怪物都市だったともなるからだ、そこに全く美がないからである

人間の力は決して個人からだけでは発揮できない
そこには様々な力が加えられて付加されて力を発揮する

●神の力
●土地の力
●家の力

この三つは明確である、他にもあるとしてもこれはわかりやすいのである
この三つの力があって個人でも力を発揮できるのである

人間はつくづく経験してみないとわからないのである
人間が家族が死ぬということはどういうことなのか?
それが家族がみんな死んで自覚できたのである
かえって死んでから家族の意味とか先祖の意味とかを理解できるようになる
生きている内はそういうものが頭で考えているだけであり実感しないからである

今年はどういう年になるのか?
何か自分自身も回復してきたとかなるし回りはどうなのか?
震災以後8年だから回復してもいいが実際はしていない、結局回復は復興は長い目で見ないとできない、それだけ被害は大きすぎたからである


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185371641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック