2018年12月15日

畑にカリウムをまいてセシウムが減った (個人的に畑で野菜を作る老人)


畑にカリウムをまいてセシウムが減った

(個人的に畑で野菜を作る老人)


稲作に多量のカリウムを投入すればセシウムが入らないから
効果的も子どもの理科の実験程度の知恵に過ぎない。
毎年同じ事を次は私費で継続出来ますかと問ったら誰も出来ないだろう。
今の国の米価では作っても赤字。

カリウムがセシウム吸収を抑制するのは事実だが、
だからといってセシウムが消えるわけではなく必ず作物に吸収されてゆく



駅であった畑で野菜を作っている老人が女性であるがしきりにカリウムを畑にまいてセシウムが減ったと言っていた
その女性は大阪に娘がいて作った野菜を送るのだが放射能のことでいらないと言われたので放射線のことを講習会などで勉強したという
確かにカリウムは効果があってセシウムの放射線量が減っている
でもそれにもいろいろな意見があり何が効果的なのかわからないし実験中なのである
ただ放射線量が減ったことは確かだから効果があったとなる
それはセシウムの放射線量だげである

ここのサイトの説明で大根でも上半部は放射線量が高く下半分は低くい
それで表土を削る除染をした、今でもそのために飯館村では表土が削られた無惨な状態になっているのである
表土には栄養分がありそれで回復しないのである
何か花でも肥料をやらないと栄養分がなくなり花が咲かなくなる
それは野菜でも米でも同じだとなる

放射線量は部落単位だとか計って市場に出している、でも個人的にしている人は計ってはいない、知っている人は放射線のことを何も知らない、心配もしていない
ただ地元の野菜売り場には出していない
なんでも常磐高速の売り場に地元の野菜を置くようになったら六号線の売り場は売れなくなったという
それもわかる、あそこは人の出入りが本当に多いからである
そしてお土産でも品物が多いから買い物にはいいとなるからだ

その人は農業について結構詳しい、誰かに指導されたのかと聞いたらテレビを見たりと独学だという、その人は牛糞を発酵させて肥料にしている

牛の糞による堆肥と言うと何だか臭いが気になりそうですが、牛糞堆肥は臭いはほとんどありません。これは発酵という過程を経ていることによります。牛糞堆肥を作るのは一般的には3か月から6か月ほどという長い期間が必要になります。


知っている人は角田まで鶏糞を買いに行っている、それは臭いのが難点である
その人は農業に詳しいようでそうでもなかった
農業は奥が深い、実験の繰り返しでなんとかコツがわかる
つまりもこれも長年の経験でしか会得できないのである
何か私は化学とかなるとまた苦手である、ただ農業には興味がある
でも実際に野菜などを作ったことはない、花は庭に植えていたがなぜかた土が悪いのか
一年くらいで花も咲かなくなるのである
花の手入れだけでも手間なのである
家事から何からあらゆることはできない、ただ人の話を聞くにも少しでも経験していると話を合わせられるのである

いづれにしろ放射線量を減らすとしてもやっかいである
何が本当に鉱かるのかわからないということである、農業に詳しい学者すらわからない、なぜなら実験中だからそうなる、この辺は放射線量を調べる実験場にもなったのである

ともかく飯館村でも野菜を作って孫にくれようとしたらいらないと言われたとありそれは悲しいとなる、それで今日聞いた女性も娘にその孫にも食べさせてやりたいだできない
それでなんとか放射線量を減らす勉強していたのである
この農業の被害も原発事故ではあまりにも大きいものだったのである

posted by 老鶯 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185200664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック