2018年10月14日

過剰化社会から縮小社会やミニマム生活へ変わる (無駄な消費が多すぎた社会)

  
過剰化社会から縮小社会やミニマム生活へ変わる

(無駄な消費が多すぎた社会)


●過剰消費社会

●過剰医療社会
                
●過剰教育社会

●過剰情報化社会


縮小社会というのは悪いことばかりではない、それは現代資本主義が限界にきて生まれてくる正常化の方向転換なのかもしれない、あらゆる物が増えすぎて、買うものが増えすぎた、いらないものまで買わされる、過剰化に悩んでいるのが現代人でもある
最近ミニマム生活とか捨てることが推奨されるのも無駄なものを買いすぎる、ためこむからそうなる、古いものは修理ししてまた使うとかはない、常に新しいものを買うことになるから物も増える、それでリサイクルとかシェア経済が言われるようになる
何か欲望資本主義には常に物を買わせる仕組みがある
宣伝されればそれが欲しくなるとかなりいらないものでも買うとなる
ジュース類などでも多すぎる、ジュース類は実際は栄養分はほとんどなくかえって人工甘味料とかが必ず入っていて体に良くないのである

かえって運動したあと飲んでも疲れるというのもそうである
本当の栄養分はほとんど入っていないのである、甘いだけでかえって疲れるとなる
それで老子の言う無味を味わう、水が一番いいとなる皮肉があるのだ
人間の栄養を考える時基本的なものはいいものをとる、でもその他に現代は無駄なものをとりすぎるのである、それがかえって体に悪影響しているから太るとなる
やせ形タイプの自分でもなかなかやせられない、太るのはそれだけ栄養を知らずにとっているからである、そういう環境にあるからそうなる
過剰消費社会は会社の利益をまた過剰に追求するためになった、江戸時代のような村社会ではそういうことはありえないからだ

大企業とか会社とかは社会に害悪を及ぼすものとしてもある
まず利益をあげる売るということを第一にする、本当の需要がないのに需要を無理に作り出す、宣伝で作りだすのである
いらないものまで売りつける、それは銀行でも同じである、,投資信託など売りつけるようになる、それは銀行だけが確実にもうかるものだからそうなる
そういうことは保険とかでもいろいろ現代社会にある
そして皮肉なことにその人が本当に困ったことで必要なものは手に入らないということがあるのだ、消費というのは消すということであり無駄なことが多いことは確かなのであるそして現代社会はあらゆることで消費社会になる
病気でも本当に病気はあるし治療も必要である

でも過剰治療が問題になる

「病でつながる社会」(「病縁"化社会」
と必ずしも同義ではない)とそれから生み出された病にしか安住できない人々
について論じている。その

その弱者をいたわる「看護人」だらけ
の「世界が巨大な病院になる」とゲーテの言葉を引用して述べている。そして,
敢えて,「公認された『病人』的な位置がとても心地よいために『弱者』をやめ
られなくなってしまう人たちが現実に出ている。(中略)『弱者』帝国主義とで
も呼ぶべき困った状況が出現する」(前掲書:136)と忠告を発している。その
結果,先述したように病で他人や社会としかつながれないで,病にしかアイデ
ンティティを見いだせない病人をつくり出していると批判している。

過剰治療が日本では保険制度もあって作り出される、生活保護者は無料になるから医療費が無駄になるから医者でも病院でも過剰医療になる
その負担がまた国民に税金としてのしかかるのである
そして国がつぶれるとまでなる、過剰医療のために延命治療とかでもそうだが莫大な金が使われる、もちろんなかなか延命治療が悪いとはならないことは自分自身の家族の介護で経験しているからむずかしい問題である
ただ二年半で死んだから長いとは言えなかった、病院には半年いて死んだ
だからいちがいに悪いとはならないが一般的問題としては過剰医療が多いのである
検査でもそうである、やたらと検査する、無駄な検査が多いのである

認知症になりMRIをとったがそれなど何もわからない、わからないというよりその機械はそもそも脳の精密な写真が撮れないものだったのである
福島県にとれる病院は二つしかない、その機械は極端に高価なものだからである
それでも認知症は写真撮ったからわかるものでもない直らないのである
そうして3万とられたが一割負担とかするともしかしたら写真とるだけで30万かかったかもしれない、知っている人は東京まで行って写真をとり20万かかったといっていたからだ、脳の写真となるとそれだけ高いものになる
でもそんな写真をとることもないのに30万かかったとしたらその負担は国民にはねかえってくるのだが医者とか病院は利益をあげればいいとしかなっていないのである
そういう医療でも多すぎるのである

老人だと町の医院とか病院が社交の場とかもいわれる、病気のことで連帯感を持つということにもなる社会である
またそれしかつながりをもてない社会だというのも不健康な社会だとなる
その他では普通の社会では激烈な競争社会だがそういう場では社会は病人として扱い親切になるからいいともなる
医者が話相手にもなってくれるとかなる、孤立した老人にはいいともなる
ともかく病気だとか障害者でもなると国から援助されるようになるからいいとなる
逆に弱者をよそおい脅迫するまでにもなる社会である

一旦弱者と認定されると権利になる、この辺の原発事故でもそうである
原発事故避難者などは特にそうである、もう永遠に補償しろとまでなっている
もう何も自助努力もしなくなる、そうした特権を得ることになる
そういう人を批判することはタブーになる、お前はかわいそうな弱者を批判するのかとなりタブーになる、現実は毎日原発避難者はパチンコとかギャンブルで遊んでたいのであるいづれれにしろ何かうまくいかなければ原発事故のせいだとなる
それがまた通るから余計にそうなり自助努力はしないしもうあきらめて他で住むとなった沖縄とか韓国だと必ず日本の戦争のためにこうなったといって賠償金を要求してくるのと同じである、そして個々人の弱者は助けたりしない、それで自分は途端の苦しみであってもただ責められるだけだったのである
お前はなぜ原発避難者をかわいそうな避難者を責めるのだと批判されこたけど自分自身が苦しんでいたけど誰も助けないただ責められるだけだからそうなったともなる

過剰という時いろいろな過剰がある、教育というのも過剰がある、膨大な知識が過剰に幼い時からでもおしつけられる、そうなるとやはり消化不良になり自主的学習動機が失われる、受験とかでもそうである、そしてそういう受験戦争にかちぬいた人たちが指導者になって問題が起きるというのもわかる
あまりにも知の面を重視してそうなった
過剰というとき今は情報社会であり情報でもそうである、これはいい面と悪い面がある
あまりにも多い情報は消化しきれなくなる
何が重要なのか重要でいなのかニュースでもわからなくなるのである
ただマスコミだけの情報の一方通行は悪いものだった
情報が多いということは多角的に検討できるということである 

だから最近はアマゾンでいくらでも古本でも安く買えるからまた本が増大したのである
こういうことが早い時期にできたら田舎では知識で劣ることはなかった
本を買うこと自体仙台まで行かねばならないしそもそも仙台でも売ってない本が多すぎたのである、それだけ今になると本というのは多いものだと思った
だから読むべき本も読まないで終わったとなったのである
だから情報が多いということは悪いことではない、多角的に物事を見れるからである
ただそれも限度がある、もうとても処理できない情報の氾濫になってしまったからだ
ただこういうことが若い時からあれば相当に有利だったのである

例えば動画があるが動画をビデオにとるとその情報量が写真の百倍にもなる
膨大な情報量になる、それがテレビとかで編集するが実は百倍のテレビに写さないものが残されている、それも情報なのだがはぶかれる、つまり人間が摂取する情報には限りがある、百倍あるとしたら8時間でも見ていなければなくなるからだ
だから最近動画をとって出そうとしたがあきらめた、その作業も手間だからである
写真だったら一場面でいいからだ、いいものを印象になった一場面を出すからだ
ただその写真でデジタルになると実は百枚とって一枚選ぶとなる
情報でモ選別作業が必要になる、その選別作業でもむずかいしのである
情報を処理しきれないというのが現代にもなる、その膨大な情報の中で重要な貴重な情報が見逃されることもある、これも問題だと思った

だから過剰化社会になると無駄なゴミ情報に追われるということもある
これはテレビ六局時代にあった、それは情報の独占時代だったからである
でもこれだけ情報が増えると膨大な情報のゴミが生まれても整理できない
それがゴミなのかどうかも判定できないから簡単には言えない
でも検索でも膨大な情報の前にゴミの中から宝石を探すような状態になる
ただ膨大なゴミをかきわけるとかになる、情報の過剰化社会だとそうなる
でもそれをゴミとか簡単には判定できない、でも肝心の宝石となる情報も埋もれるということはありうる、それは大衆化したということでもある
インタ−ネットでも少数の時代があり今ではスマホでも参加して大衆化したのである
大衆化するとどうしても何でも低俗化する
低俗な情報がインタ−ネットをしめる、それで視聴率でもとる
それはテレビと同じだとなる、でもyoutubeでも百万は見ていないからいかにテレビがみんなが見ることで力をもったかわかるのである

とにかく縮小化社会とかミニマム社会とは過剰化社会からの変換として必然的にそうなってゆくのかもしれない、何かあまりにも過剰化してそれが税の負担の増大になる
もうそれに耐えられない、国自体がつぶれるとまでなる
それは過剰な医療とか過剰な無駄は許されなくなる、そんな余裕はもうないのである
だから縮小化社会とかミニマム生活とかが言われるのはそうした反動があり必然的に生まれたともなるのだ
なんでも増大すればいいという社会は終わりを告げたとなるからだ  

大量生産・消費時代の「足りない、欲しい」の意識を捨てることで、

余計なものを削ぎ落とし、コンパクトに生きるミニマムライフが大切です

こんなことが盛んに言われる時代になったのである











posted by 老鶯 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184678479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック