2018年06月04日

素人並だった銀行の投資の営業 (投資信託は買うな!)


素人並だった銀行の投資の営業

(投資信託は買うな!)

東邦銀行でもボーナスねらいで投資信託を街頭ですすめていた
東邦銀行は福島県では一番大きい銀行である。
県で一つしか残るとしたら東邦銀行である
近くの人が東邦銀行に孫が入ったと自慢していた
そもそも地方では銀行はエリートが入る公務員よにう見ていたのである。
でも銀行は今や窮地にたたされている

アメリカでは預金量10億ドル以下のコミュニティ銀行が95%を占め、活躍しています。小規模だからこそできるこまやかな地域サービス。その生命線は地元での中小企業融資です。政策的にも重視されており、CRA(地域再投資法)を支える要となっています。(2月5日、3月15日)

 「銀行は国民に奉仕し、預金者保護、信用秩序を守り、適切な資金を配分して地域の中小企業、商店などと密接な関係を保ってこそ信頼が得られるもの」

 地域経済破壊する早期処理 地銀・信金重視して
金融アセスメント法の制定こそ

ここのサイトは詳しくシリーズで地銀や信金の問題を書いている

銀行員が金融商品を扱う際、顧客目線ではなく販売員目線もしくは手数料重視といった考えが根底にあるということは往々にしてありえます。


地銀と大手銀行の成り立ちは違ったものである。だから意外なのはアメリカなら常に大手銀行がありその銀行が世界を支配しているなどの陰謀論で常に言われるがコミュニティ銀行が95%を占めているというのは意外である。
とすると銀行の原点はそうしたコミニュティ銀行なのである。
日本では江戸時代の頼母子講でありそれとにている
コミニュティ銀行とは日本の地銀だったのである。

今でもこれまでは地銀は地元の中小企業を相手の金融だから福島銀行で取り次ぎ騒ぎがあり金融庁から指導されたとき福島銀行は必要だと地元の経済界からの応援があったことでもわかる
福島銀行と大東銀行が合併するとか言われるときもこの二つの銀行は全国レベルでも最下位の銀行になっていた
でもこうした弱小銀行が合併しても力にはならないという指摘がある


彼らは、目の前のお客様がその投資信託によって利益を得なくても、その投資信託を売った時点でノルマを達成し、銀行の利益に貢献することになるため、往々にして“売る”ことに重点を置いてしまいがちなのです。

これは本当である。

なぜ株が上がっていたのに投資信託に回したのか?それはこのことがぴったりだったからである。
その時自分は銀行は金融のプロだから株や投資のことは知っていると思ってまかせたのである。
銀行を医者のように見ていたのである。医者は専門知識があって病気の相談にのる
だからまかせるのである。もし信用できなかったら命にかかわるからまかせないのである金だって今や金は命までなっているか簡単にそんな素人並の知識も経験もないところにまかせないのである。

銀行は証券会社と大手銀行とはそもそもその成り立ちからして違っている
地元中心の金融であり金を都合して地元の発展を金融面で支える役割だったのである。
ただ地元の地方の経済が疲弊して倒産件数が増えて貸し付けてももうからなくなった
高度成長時代は利子が7パーセンの時代があったのだ利子だけでも生活できるような状態だったのである。
だから退職金一千万でも二千万の価値があった,今一千万あってもない,目減りしてゆくのである。
それで投資に回させるのが銀行なのである。そこで失敗する人が多いのである。
まず投資というのは特に投資信託は複雑すぎてわかりにくい,そして毎月配当されるということも何か売る方にとってうまくできているのである。
それも元金から引かれていたりするのが普通であり目減りしているのである。
そして手数料が大きい,まるで手数料をとるための商品に見える

いづれにしろ銀行は今や存続が問われている,でも不思議なのはアメリカの銀行の95パーセンということはそれだけ実は日本で言えば地銀の役割が大きかったとなる
アメリカは大きい国だからそうなったのか?グローバル経済で支配する銀行がアメリカだと思っていたからである。
アメリカにはもともと本当に小さな街のミニコミの新聞があったりして地域に根ざすものがあった,それはアメリカは州単位の政治になっているのは広いからである。
それで報道でも地域中心のものがあったとなる

ともかくこうして銀行は今窮地にたたされその存続すら問われている
そうなるとあこぎなこともする,なりふりかまわなくなる
東邦銀行が街頭で投資信託をすすめのもそのためである。
ただ地銀の強みは一軒一軒営業して信頼を築いてきたことである。
その信頼を逆手にとって投資信託など銀行にとって都合のいい確実にもうける商品を売り込む
だから銀行はもう信用できないとなる
そして地銀などは全く投資に関しての知識が素人並だったのである。
ただ投資信託がノルマを課せられているからすすめているだけだったのである。
投資信託でも何百種類もあり実際にもうけている人は知らない商品だというのも不思議である。
たいがいオリンピックでももうかるからとか今はやりのAIやロボット関係の商品をすすめる,それはわかりやすいから客に理解されやすいからすすめる

でもほんとうにうかる商品は知らないものであり目立たないものだとうときそういう商品を説明することはむずかしいからなのかとなる
それだけ投資というのは複雑であり知識が必要だから素人は簡単に手をだすべきではなかったとなる
ただ株は上がったり下がったりするから仕組みがわかりやすい
それでリーマンショクのとき半分になった株が最近元にもどりさらに上がったのでそのままにしていれば相当な利益になっていた
だから株の方がリスクがあるが下がったとき買って上がった時売ればいいというだけだからわかりやすいのである。
そういうリスクを承知でやれば別にいいとなる

投資信託はまず仕組みからして複雑でありどこでもうかっているのかもうからなのかわからない
そして銀行の営業担当自体が投資信託のことすら知らなかった!
どれくらいもうけて損したのかという報告すらできていなかったのである。
その営業担当にも問題があったとなる,結局営業自体が成功する人としない人がいるとなるがそれだけ営業というのはむずかしいとなる
押しの強いだけではまず営業はできない,商品知識があり顧客第一にしてすすめる
でも銀行側では上司が投資信託をすすめるから営業担当でも顧客側の要求は無視するのである。
投資信託は最初からそういう商品なのだから買うなとなる


posted by 老鶯 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183418725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック