2018年03月30日

人手不足時代のいい面 (もう物でも売れない,需要がない,無理やり売ることが害になる)


人手不足時代のいい面

(もう物でも売れない,需要がない,無理やり売ることが害になる)

警官まで募集しているのに来ないというのを福島のテレビで放送していた,それで警官になってもらうおうと誘っている警官がいた
いたるところで人手不足になる,それで待遇を良くしないと人が集まらない
時給でもそうだが働く環境でもそうである。

これは働く人にとってはいい時代になった,金がないと無理やりに嫌な会社でも働かざるを得ない,待遇が悪い会社はつぶれる,経営すらできなくなる
現実になっている,その方が労働環境としては正常だったのである。

そもそもなぜ人手不足になるのか?
それが若年世代が減少していることもある,それより何か人間は文明は無駄な労働が多すぎるのである。無駄なものを作りすぎている
その無駄なものを作るために労働させられている人が多すぎるのである。

そして物が売れないとか需要かない時代にもなっいてる,あらゆるものが売られていて売れない,それはもともと需要がないからである。
本当に需要がないものまで欲望を刺激させて宣伝で売るの資本主義である。
ところがそうして刺激しても物があふれているから売れないのである。
物は過剰であり何か特別欲しいものが少なくなった
物の飽和状態になっているからである。

そうして売れないからなんとか売ろうとする,医療関係だといらない薬を患者に買わせる本当はいらなくても病気には必要だとして薬を与える,そこで収入になる
そうして需要を医療関係者が作り出している時代である

そもそも医療関係ならかえって患者が少ないということは健康たからいいことなのである医者に来るということ薬を飲む人が多いはいうことは不健康な人が多いことだから好ましくないのである。
第一医者が病院がもうかるということはいいことではない,なぜならそれだけ患者が増えて病人が増えているからである。

例えば警官とかでも募集しても来ない,人気がないというのは悪いとは言えない
警官が増えることは犯罪などが増えているから必要になる
理想を言えば警官がいないということはいなくてもいい社会は最高にいい理想社会なのである。
兵隊もいない,役にたたない社会もそうである。戦争がない社会になっているのだからいい社会なのである。

なんか人間が無駄なことに労働を費やされている,そしてその無駄なことがただ無駄ならいい,害を及ぼすから怖いのである。
銀行員でもノルマを課せられているから詐欺的な投資信託をすすめる,するとそんな仕事をさせるなとなるが銀行がもうけるために生き残るためにそうしている
すると銀行員は害にもなるなとみるようになった

何かそうして無駄なことのために人は働かせられることが多いのだ
極端な例は兵器を作る会社でありそれは戦争がないと会社は継続できない,つぶれるのである。
アメリカの軍需産業は巨大でありアメリカの屋台骨のようになっている
すると怖いのは戦争しなければ武器でもミサイルでも弾薬でも戦闘機でも何の需要もなく金にならないとなり国で戦争してくれとなる
そのためにアメリカという国は政治を動かして戦争してきたと真顔で言われている

戦争という需要がなければ商売あがったりだと戦争してくれと政治家に頼んでいるとするとそんな会社があること自体がブラックであり無くすべきだとなる
何らかで無害にすべきだとなる
それは病院であれ医者であれ薬会社であれ患者がいなければ薬が売れなくて困るから病気をつくりだしてくれとまでなっていて一部は現実に実行されているのである。

自分は無用の用とか老子の思想に共鳴してきた,文明は新奇なものをいろいす作り出す,一番の味は無味の味であり水がいいというときもそうである。
様々なジュース類も実際は90パーセントは水が成分だからである。
ジュースでもいろいろ飲ませる工夫をするがそれによってまた労働が増えるのである。
そんなに多くの種類のジュースがそもそも必要なのかとなる

それも害にならなければいいが害になる食品だってある,それは無理やり需要を作り出して売っているからである。
そして売れなければ会社がやっていけないとなり躍起になる
ノルマを課して銀行でも投資信託を売らせるしどこでもノルマを課して売らせる
そうしなければ収入がなくなるからそうなる

だからこれだけもう物があふれた状態ではもう売れない,それが自然なのことなのであるもう物はいらないとなる,作る必要もないとなる
必要ないものを,作り出して無理やり売ること自体異常なのである。
少子高齢化でますます需要はなくなる,老人は消費するエネルギーがなくなっている
金をもっても消費できないのである。

老人が求めているのは物ではないからだ,人のあたかいサービスなのである。
それは物では金では計れないものでもある
AI化でも仕事がなくなる,機械がロボットが仕事をしてくれる,それで人手不足も補えるそれでベーッシクインカムが必要だと言われるようになった
これは夢物語かと思っていたがそれも社会の要請でそうなるかもしれない現実性を帯びてきた
なぜならみんなブラック会社では働きたくない,何か意義があることも価値あることを求めて働きたいとなっているからだ
だから人手不足で待遇が悪い会社は淘汰されてつぶれのはいいことだと労働者は言っているのである。

高度成長時代のように物がないときは売れるものが必要だった,今はなんでもあるのだから売れないというのも自然なのことなのである。
その方が正常であり売れるものを無理やり作りだしていることこそ異常だったのである。警官のなり手がないというときもそれは悪いことではない,警官になりたい人が多いということは兵士になりたいという人が多いのと同じである。
そういう仕事はなるべく少ない方がいいのである。
そういう人が増えることは社会が平和ではないということだからである。

要するに兵士とか警官とか医療関係でもそうしたものは少なければ少ないほど実際は平和ないい社会なのである。
需要を無理やり作り出す社会を見直すべきなのである。
そうなると景気が悪いからなんとかしようとする,GDPが減ると国力がなくなり日本は侵略される,だから経済成長はつづけるべきだというのもこれも戦争するためにそうしなければならないとしたら邪道である
戦争に備えなければならないという社会は平和がないからそうなっているのだ

ともかく現代は資本主義でも転換期なのである。
今までのような物を際限なく作り出すのも限界であり資本を無理やり投下して発展させるという思想も無理がある
世界的にも経済が限界にきている,それは悪いことではない,無限の際限のない経済発展とか成長はそもそも無理なのである
それは自然破壊につながり公害にもなるからだ

つまり資本主義でもそうだが社会全体が世界経済でも無限に成長と拡大とか目指す時代は終わったのである。
ローマ帝国は拡大の時代だったし大航海時代でもそうである。
これからは中世になるというのもそうである。中世は修道院にこもる内面化した閉鎖された世界で生きていた
そういう社会に変化してゆく,人間の内面の心の探求に変わってゆく
それは確かに老人はそう自然となってゆく,だから老人的志向であり問題があるというのもある,若者はそういう見方をしないうというのもわかる
ただ時代的にはどうしてもそうなっているしそれに適応しなければならなくなる
これ以上無理やり需要を喚起することは社会に害をもたらすからである

軍需産業→戦争起こして景気よくしてくれ
警官→犯罪者をふやしてくれ
医療関係→病人を増やしてくれ

こういうことは異常な世界である。そのことを二千年前に老子が指摘していたのである。無駄なことに人間の労力が費やされすぎているのである。
それは働く方でも強制されるからそうなる
でもベーシックインカムなどで働くことが強制されなければそうはならないかもしれないそれもまた理想論だから実際は矛盾が出てくるし失敗だったともなる
ただその時代に社会に適応したものがシステムでも何でも生まれてくる
軍需産業の会社が国に戦争してくれとロビー活動していることなど異常だからである。
戦争をなくすことはそうした軍需産業がなくなることなのである。

ただ人間の社会はそもそも戦争が作り出されたりナチスでもカルト教団でも必要ないものが無理やり作り出されて最悪の災禍をもたらしてきた
だからそうした害あるものがなくなることはない
かえってそうした害あるものによって滅びるともなる
宗教でも組織化すると利権団体化して社会に害悪をもたらすし現実にもたらしているのである。
それは宗教でもなんでもない,社会にとって必要でないものだか需要を作り出して利権化権力化しているのである。
もしかしたらこの地球にとって宇宙にとって人間存在そのものが害悪なのかもしれないということである。それは不必要なもの作り出すからである。
文明自体がそうだともなる,それは2000年前に老子が言ったことなのである。


posted by 老鶯 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182846244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック