2018年02月07日

踏み切り事故で遅れ一部運休 (監視カメラを駅前通り向きに設置)


踏み切り事故で遅れ一部運休

(監視カメラを駅前通り向きに設置)

sssacccc1.JPG

accccccccc2345.JPG

今日も踏み切り事故があり遅れた,一部運休になった

監視カメラを駅前の通りに向け設置した,駅長が来て業者と設置していた
その時見回りの駐在所の警察官が来た,その警察官は知っている人である。
何か警察に支持されて監視カメラを設置していのかと聞いたらJR独自でしている

すでに駅には三つ監視カメラがあるのを知っている,これで四つである。
今はどこでも監視カメラがありわからくても見ている
どこから監視されている社会である。

あれは駅前通りだから車などを写すことになる,車も写されるている
鹿島駅で振り込め詐欺の人が逮捕されたということではなかった
監視カメラに犯人が写っていたということなのだろう。

とにかく駅というのは何かかにかあり業者が来ているなと思った
人の出入りもある,それだけ駅というのは鉄道というのは手間がかかるものであった
保守点検にも手間がかかりしょちょうきているからだ

駅長に入り口に仙台行きと原町行きへの案内を表示してもらいたいといった
原町行きへの階段には設置してもらったがそれでもわかりにくい
外から来た人には意外と仙台行きと原町行きのホームがわかりにくいのだ
地元だったらわかるのだがはじめての人にはわかりにくいのである。

それにしても風意外でも故障とか事故で遅れる,こんなに電車が遅れるのか?
自分が乗っていたときはそんなに遅れがなかったように思う
風でも遅れていないしそんなに事故とか故障があるのかとも思う
ただ電車を乗るだけなのと駅員として常に駅を見ているのとは違う
だからそれなりに故障とか事故があったのかもしれない
毎日乗っているわけではないからたまたまそのとき事故がなければわからないからである。

タグ:監視カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182353511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック