2017年12月25日

2017年自分の一年をふりかえる(十大ニュース)



2017年自分の一年をふりかえる(十大ニュース)


●駅で案内のボランティアをはじめる
●駅であやしいと通報され警官に職務質問される
●駅で掃除のことなどJRの会社と相談
●ロードに乗り転ぶ
●「心の青雲」のプログの著者,都築詠一氏死亡
●母の三周忌で家族の死を偲ぶ
●姪子が東京より来て兄の墓を自分の家の墓の脇に新しく作る
●家の修理を頼む
●歯医者に二回行く
●ケンチン汁と鰈の煮物の料理を覚える


こんなところかもしれない,駅のボランティアは去年の12月から常磐線が開通して無人駅になったのではじめた,一番わからなかったのはここで乗ったという証明書が出てくる所だった,はじめての人はわかりにくかった
それからはじめての人には原町行きが高架橋をわたって向こう側なことがわからない人が多かった,それでJRの原町駅にそのことを言ったら看板を設置した
それは一つの成果だった,他にもいろいろあった
自分は鉄道旅行が長いから鉄道好きである,でも不思議なのは鉄道員のまねごとをしてみたら鉄道の仕事は生きがいになるのだと実感した
一人盲人が通っていてその人を案内して車掌に合図したとき奇妙なJRの職員との連帯感を感を感じた
そもそも仕事は簡単にできないのである。仕事してもその経験は限られている
だから仕事のことはわからないのである。

駅でわかったことはともかくしょっちゅう点検にきていることである。
鉄道の仕事でいかに点検が多いかということである
それは安全にかかわることだから電気系統もあり点検が大事になる
ここは水戸の管轄にあり水戸からもしょっちゅう来ていたのである。
なんでも東日本のJRで点検だけで4000億円とかかかるというから点検は欠かせないのである。それで新幹線の台車がひびわれて大事故になるとか報道された
あれだけの破損したものを見逃していたのだから怖いとなる

無人駅で掃除を金をだしてJRが頼んでいるということはわからなくなった
確かに頼んではいるが決めるのはJRの水戸管理局でありわからない
商工会だとか市だとか商工会とか関係して複雑だった
NPOも関係していたとかなにかわからなかった
今日はまた風が朝から強いから運休になる,これからこの辺は風が吹くから遅れる
新地から山下とか高架になり風を受けやすくなったから遅れるから困るのである

あやしいとして通報され警官が来て職務質問されたのもショックだった
その時イベントが大勢の人が来ていたからである。
自分は結構駅ではボランティアを長くしていたらかである。
ただ回りの人は全く認めていない,あの人何しているの,怪しい人だとしたか見られていなかったのである。
ボランティアは身分の保証がないというのは確かである。
ただ高齢化社会はつくづく生きがいを求めてボランティアをしたい人がいるのである。
でもなかなかしにくいのがボランティアだったのである。

20数万で買ったヤマハのロードのJPYはロードとしても軽いから使えるのでいいが早いので危険があった、それで転んだとき危険だった,転ぶ場所が芝生のような草地だったので助かった,もし坂道の下りだったからそのまま坂を下った大怪我をしていた,
自転車も危険なのである。一度は近くでなんでもない場所で転んで前の歯を三本折った
その時頭を打っていたら死んでいたのである。そのことを忘れていたが思い出して冷や汗をかいた
今年は歯医者に二回通った,まだ歯が残っているので入れ歯にはならない
自分の母は60代で入れ歯になった,でも百才まで生きていたのは不思議である。

自分は最初鉄道の旅であり全国ほとんど乗った,次にものたりなくなり40代ころから自転車旅行になった,その間に登山などもしたが体力がなくつづかなかった
自転車旅行は体力がなくてもやれた,それは自分のペースで走り疲れたら休めば良かったからである。一日休んでまた走りとかしていたからできた
今度出たパナソニックの電動アシストマウンテンバイク「XM1」はいいものらしい
なぜならヤマハのJPYについてはこんなロードは必要ないとか悪評があったがパナソニックの電動バイクにはないからだ
悪評が全くないのである。自分でもヤマハの前の電動自転車は走りは遅いが悪路に強くマウテンバイクだった,馬力があり山の悪路を上れたのには驚いた,馬力が凄いのである。JPYはバッテリーはアクセサリーのようなものであり全く急な坂道では上れなかったからだ,そしてマウテンバイクがいいのは安定しているからいいのである。
転んだ時あったが足がつくのとで坂道で転んでも安全だった,でもその時も実際は危険だったのである。
パナソニックのは33万とかなるから高い,でもそれだけの価値がある自転車なことは評価がいいからわかる

今年一番驚いたことは「心の青雲」のプログの著者の都築詠一氏が突然死亡したことだった,これは信じられなかった,体の調子が悪くてプログに書き込めないと書いてあったがそのあとすぐ死んだのである。
なぜ驚いたのか,それは透析はしていたとか書いてあったがそんな病気のように見えなかった,わからなかった,書いていることは元気そのものだったのである。
だからとても死ぬとは思えなかったのである。
でも透析を十年以上とか17年なのかしていたことには驚きである
そんなに透析していて生きれるものだというのも驚きである。
都築詠一氏に関心をもったのは同世代であり言っていることが実に歯切れがいいのである
ユダヤ人陰謀説とか陰謀論とかネットに蔓延しているけどそこはついていけなかった    それがもまた異常ともなる,逆にカルト宗教的になる
カルトというのも異常な誤った信仰でも狂信的になるからでてある。
イルミナティがどうだこうだというのも逆にそうして陰謀論もカルト的になる
陰謀論は陰謀が陰謀を生みなにがなんだかわからなくなるのである。
もう一つ都築氏の死亡で問題になったのがログが消えたことである
一部保存されていたが全部が読めなくなっていた,そしてインターネットではそうして死んだらその後のログとかがどうなるのか?
死んだ時点で閉鎖しないと荒らされるということがあるのでそめうしろといわれる
でも突然死んだりしたらどうなるのか?
ただ「心の青雲」のプログは死んだ時点で閉鎖された
いろいろ検討するものがあったが一時はしていたが残されたものが少なかった
ただ10年近くだったか毎日のように欠かさず自分は読んでいた
だからその人なり思想に親しんだともなる

「文は人なり」というがそういうものを文章から感じた
残念だったのはあれだけのものを書けるのに突然中途で中断して終わってしまったことである。
でも死に方としては良かったとかなる,なぜなら介護とかそうした福祉のことを批判していたからである。
それを貫いて死んだというとき言行一致の人だったから感心したとなる
死を考えるとき仕事しながら死ぬのが一番いい感じである。
農民なら農作業してて死ぬとか医者でも一週間前まで90才でも患者を見ていた人が入院したら死んだとか前の自転車屋も一週間前に仕事して体が具合悪いと言って入院したら死んでいたのである。そういう死だと誰にもほとんどめいわくをかけないからいいのである。だから都築氏はそれを実行して死んだとなるから言行一致の人だったとなる

人間は死んでからでもなにもかも消えるいうことではない,死ぬと墓の問題とか遺産の問題とか具体的なものとしてもかたづけるものがある。
これらは意外とはやっかいな現実的な問題なのである。
それで兄の墓は実家の墓に骨も入れていたが土になってわからなくなった
それで墓標のようなものを自分の家の墓の脇に建てた,8万で石の道標なようなものでも墓として立派だとも思った
墓はこういうものでいいと思った,なぜなら跡継ぎがいないとか墓を継承することができなくなっているからだ,すると墓は簡単にかたづけられないとかあり困るのである。
道標のような墓だと簡単にかたづけられるから残された人が困ることがないからである。ともかく人間は死んですぐなんでも終わらない,死者を偲ぶことはつづくのである。
それは郷土史でもあった,老人は回想することが仕事となりみんな語り部となるからだ

料理はほとんどしていない、それでケンチン汁が袋に入っていてすぐにできるものがうまかった,その味は家で食べていたものと同じだった,自分はけんちん汁が好きだったからである。なぜそれを言うのかというと介護して10年の間とか今まで食べられていたのもが食べられなくなった,その一つにケンチン汁があった,だからそれを自分で作ったとき
味が同じだったので元にもどったと感じたのである。
それから鰈の煮物でもツユがうまく同じ味でありその味を思い出したのである。
それはお袋の味だったともなる,自分はそういう味も味わえなくなっていたからである。
結局自分の30年間は何事もなくあまりにも恵まれた結果として家族が死んで悲惨なことになったのである。

それは今のフリーターとか氷河期とかニートとかそういう人達が結婚もしないで親が死んだときどうなるのか?
金もないとしたら信じられない悲惨な運命になるかもしれない,その具体的な例が自分だった,そのことをいろいろ書いてきた
まず他人はもう金しかない,同情など全くない,相手が病気とか介護しているとか関係ない,金を盗ればいいしかない,それで現実にそうなった
他人は相手が死のおうが何になろうか関係ないのである。
特に現代では金がすべてであるから余計にそうなる,そしたら金もない,親もいない,身寄りがないとなったらどれだけ悲惨になるのか?
それを今のフリーターとか氷河期とかニートはイメージしていないのである。
でも否応なくそういう悲惨の末路が待っているいことは覚悟すべきである。

今年一年は家のかたづけとかあった,修理もあった,まず介護でもそうだが家自体と格闘してきたのが介護はじめてから十年とかそうだった
家は修理とかもあり維持するのが大変なのである。たからある程度の資産がないと維持できなくなる
それでつくづく姉が何度もこの柱は橲原(じさばら)のキコリから同級生だったので頼んで用意してもらったと言ったことを思う
この家を建てるのは相当に苦労だったし家を建てたことが誇りだったのである。
その時はあまり考えなかったが今になるとこの柱が姉のようにさえ思うようになった
家を維持するために自分一人がおしつけられた結果そうなったのである。

ともかく母も死んで三年とかなりまた心境が変わる,心境というのは常に年ごとに変わっているのである。今年はなにか死者を偲ぶとういこともあったが正常に精神的体力的にも回復してきた一年だったともなる
介護というのはそれだけ負担だし回復するには時間がかかる
でも老々介護になるともう力が尽きてしまうとなる
それで旅行する気力もなくなったとかなる,仙台にも今年は一回しか行っていない
なかなかかえって家を留守にすることがむずかしい
家を留守にすると誰もいないから不安になる
それで実際に電気の暖房機を一週間くらい電気をつけたままにしていた
それが気づかなかったのある。700ワットくらいであり相当に電気が使った
これも大失敗だった,一人暮らしにはそういうことがある
なにか家を留守にすると危険がある
ストーブでも消し忘れが良くあるからだ,だから外に出にくいのである。

ともかく今年も終わりである,来年はどうなるのか?
ちょっとまた遠くに旅行するのか?
なんかいろいろと家族の死後のことなども一段落したから正常化してくるのか?
やっぱり健康が一番である,一部悪いが自分が良かったのはやはり自転車に乗っていて運動していたからかもしれない,自転車に乗っている時間が多い人は長生きするとオランダで研究があったからである。
やはり自転車でなくても運動している人は体力が維持できる,それが積もり積もって老人になると60代以降現れるのである。
内蔵でも酒を飲みすぎると時間の中で疲労して磨耗する機械とにているのだ
人間の体も長い間使用していると機械のように磨耗して錆び付いてくるからだ
とにかくあと十年くらい元気に過ごせれば自分は人生を全うしたとなるだろう。
だから健康が老後は一番大事なのである。
posted by 老鶯 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181935860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック