2017年11月29日

感謝に欠けていた自分 (なぜ今自分が親に感謝するようになったのか?)


感謝に欠けていた自分

(なぜ今自分が親に感謝するようになったのか?)

人間は感謝するというときそんなに普通はしない,ちょっとしたことでありがとうというのは感謝とは違う,感謝は深いものである。
だから感謝の基本はもともとは創造者と神と人間の関係のなかでの感謝である。
感謝というとき人間に対しての感謝を言うのが多いからである。

例えばリンゴを例にすればリンゴという種を造ったのは神である。すると最初に感謝を捧げるのはリンゴを造った神であって人間ではない,確かに人間は手を加えて労働して与えている,でも本質的には感謝は神があってリンゴが食べられるのだから創造主に感謝を捧げて次に人間に感謝するのが順序なのである。

そしてリンゴがどうして作られるのか?それはリンゴだけがあるのではない,リンゴになるためには大地の栄養が必要なのである。他にも天候とかいろいろな要素が働いてリンゴがなる,それは自然の恵みであり神の恵みなのである。人間はあくまでも補助役なのである。リンゴを作るものは神であり自然である。


でもそうしている人はほとんどいない,ただ人間に対して感謝しろとなっているのだ
そしてあらゆるものが人間が与えたものだとなるとをとなるのか?
人間が神になってしまうのである。そこに肝心の創造した神がないがしろにされているのである。

それは偶像崇拝にも通じている,人間は自然にあるありとあらゆるものを神にした
でも肝心のそのありとあらゆる自然のものを造った神はないがしろにされていたのであるそれが神は怒ったのである。
作り主であり神を崇拝しろとなったのである。ある時は木が神ともなり石が神ともなり山が神ともなる,そして人間も神となった,でもそれらを造ったのは神なのである。

その神というものが何なのか?聖書では教えた
偶像崇拝とは目に見えるものを崇拝することである,でも目に見えないものこそ神だったのである。
神といっても目に見えて具体的なものとして現れれば必ず汚されるからだ
だから神は人の目にも触れられない,見えないものとっな存在したのである。

ともかく感謝しろというとき人間にばかり感謝していたらそれは偶像崇拝になるのである肝心の神がないがしろにされているからである。
正直毎日買い物しているけどいちいちその買った物にありがとうなど感謝しないのであるただ逆に買ってやっているとう感覚になっているのだ
ありがとうと言われるのは買ってるほうであり作ったり売っている方ではないのである。
人間はよほどのないかぎり本当に感謝するのだろうか?
ありがとうと言うのと感謝はにていても違っている
感謝は深いものであり一時的なものでもない,あるものに継続的に感謝するのである。
自分は感謝が欠けていた,感謝したことがほとんどなかった

そして今一番感謝しているのが死んだ親だったのである。
なぜそうなったのか?それは六十年間食事の用意したり家事をしてくれたり家のことをしてくれたからである。
それでなぜ深く感謝するようになったのかというとここ十年間は介護となり自分のために何かをしてくれる人は皆無でありなかった,それより自分に対して金欲しいとかしかなくなったのである。
だから自分のために二三枚の皿洗う人も皆無である。その二三枚の皿を洗ってもらうのに高額な金を払わねばならない,そうして十年間過ごした結果,六十年間食事の用意をしてくれたり家事をしてくれたり自分を世話してくれた親に感謝するようになったのである。
あとは鉄道旅行が長いから鉄道の人には世話になったとかあり無人駅でボランティアしたりする,それからずいぶん旅行して泊めてもらったから人を泊めて接待したりした
それもカルマだったとなる,現実にそうして海外旅行して世話になったからと外人を格安で泊めている人がいた,それは感謝の心がありそうなった

感謝しろというけどよほどのことがないと親でも感謝しないと思う
ただ親でも妻でも死んでみるとそのありがたみがわかる
空気のようにあるものに人は感謝しないのである。当たり前にあるものに感謝しないのである。そういうことが原発事故の避難区域で起きた
故郷に住めなくなるなど思いも寄らなかったからである。
故郷があるということに感謝することにもなったのである。

とにかく自分の場合,親の遺影の前にいることが不思議である。
何か心が浄化されるような気分になる
なぜ死者が美化されるのかというと生きていれば醜い面が必ずあり生きている人に感謝しにくい,でも一旦死ぬとそうした醜い面は消える,そして死者は何か浄化されてまさに仏様のようになる,それが先祖崇拝になり先祖が神ともなる宗教となった
この感覚は奇妙であり何か言葉では説明しにくいのである。

親とか妻は一番身近な存在である。そう身近な存在だった人が死んだとき感謝の気持ちが湧かないのは共に不幸である。
そういう人間関係は失敗だったことになる,自分の家は複雑で別に仲のいいものではなかった,絶えず争いがありもめていたのである。
でも一旦死んだら争うこともない,醜い面も見えない,すると何か今は美化されてゆくのも不思議なのである。
二人はこの家で生を全うしたのである。離婚した人は全うしていないのである。
その差も大きいのかもしれない,六十年間一緒に暮らしたことの意味が重いのである。
別に途中で分離することもありえたからである。それがなかったことが大きな意味をもったともなる

姉と母との遺影の前に
我がありて感謝の絶えぬかも
大地より湧く泉のように
感謝の心は自ずと湧きぬ
巌のように硬くありて
感謝を献ぐべきかな
我に尽くす人なし故に
その感謝の心は深まりぬ

これは自分の家族の場合特殊な事情でこうなった,他ではならないだろう。
父が早く死んだことなどでそうなったのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181711349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック