2017年06月22日

抽象画(山の千態万様)


抽象画(山の千態万様)

I am surprised at a mountain changing variously, the transforming mountain


valconoo11.jpg
flaming mountain

redrokmmm1.jpg  
未踏の山-demon mountain   Untrodden mountain

susetmmmm1111.jpg
The mountain which shines in the setting sun after rain

mmmmbluevvv1.jpg
noble mountains

blackmmmmmmm1234.jpg

blackmmmmmmm12345.jpg

mountainnnnnns123.jpg
twilight mountains



実際の山はこんなふうにいろいろあるものとして見ていない、考えてみれば実際の山は本当はどこの山でも違っている、山だけで地球上でも見れるものではない
ヒマラヤなどは一回見ただけあるし日本だって山が多くたって見れない
だから抽象画にするとこんな山があるのかと自分で作っていても不思議になる

これは一つのソフトから作ったものでありその行程は決まったものである。
ただこのソフトから一番抽象画が作りやすいのである。
だからこのフソトから技術から大量の抽象画が生まれるのである。
これはだからコンピュターが作り出した芸術なのである。


It becomes mysterious even if I make it with whether there is such a mountain when I do it to an abstract picture because the real mountain watched the Himalayas which are not the thing which can watch even the face of the Earth only in the mountain which even what mountain is actually different in once if I think, and there is it and cannot watch even Japan even if there are many mountains oneself who does not watch it as the thing that there is the real mountain in various ways in this way

This made it from one software, and the trip was decided.
It is easy to only make an abstract picture from this software most.
Therefore a large quantity of abstract pictures come out of a technique from this software.
Therefore this is the art that computer created
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180121433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック