2017年06月20日

夏の海(見晴らしが良くなった津浪の後の萱浜)


夏の海(見晴らしが良くなった津浪の後の萱浜)




threeetrees111.jpg
11menkanonn11_FotoSketcher.jpg

yaurumasouuuu111new.jpg

奇しけくも十一面観音の残りけり囲む木立の神寂びにけり

三本の樹高台に残りまばゆくも夏の花咲き海を望みぬ

広々と海の開けてハマヒルガオ都草咲き沖に船行く

萱浜に矢車草の一面に津浪の後や海の暮れにき

夏の海望みて墓地の萱浜の高台よりや沖行く船見ゆ

萱浜や海を望みて残る墓地沖に船行き夏の日暮れぬ



日々晴れて泰山木の大輪の花の真白に空に向き咲く

夏菊のエントランスに咲きにけりこの家新しく朝日のさしぬ


萱浜は津浪の後六年すぎて見晴らしが良くなった、海が広々と見える、この海が広々と見えるのは松原とかにさえぎられて見えないことがあった
萱浜の松原はいい松原ではなかった、何か陰気だったのである。
松がなにかぼそぼそと生えていて暗かったのである。
右田の松原は調ったいい松原だったのである。
あそこで女子高校生を殺して自殺した若い人がいたのである。
何かあそこは陰気な場所だったのである。
自分はだからあそこは好きではなかった
何かそういう場所だからこそそんな事件が起きたのかと思う
自然でも何か場所的にも悪い所があるのかもしれない
そういう場所で自殺が起こり安いかもしれない

ただ六年すぎて萱浜に行ったら見晴らしが良くなり気持ちよかった
広々と夏の海が広がり沖に船の行くのが見えた
雫(しどけ)の方は萱浜よりずっと高く高台に樹が残っていたりまた十一面観音堂は木立に囲まれ残っていた、あそこも津浪が来たが高台なので残った
墓地も高台なので残った。
十一面観音堂は泉が先でここに移されたのだろう。
雫(しどけ)という地名は謎である。ただ雫(しどけ)は高い所にあり家も残っていた
つまりそこは古くから人が住んでいたのである。
萱浜は江戸時代には住んでいてもその前には住んでいたのか?
雫の謎は雫(しどけ)とは山菜のことなのである。
とすると山菜が地名化したとしたら海ではなく山側に山菜とれて名になったのか?
そこは高い場所であり山の暮らしもあったのかとなる
ただ山といっても山とも言えないしここは謎なのである。

津浪で変わったのは景観を変えてしまったことなのである。萱浜は相当に変わった
見晴らしが良くなって気持ちいい、夏の海が広々と開けて沖に船が行く
ここで良かったのはソーラーパネルがなかったのである。
磯部や右田はメガソーラー場になったからここもなるのかと思っていた
これかるなるのかわからない、海側はソーラーパネルになってもどうにもならない
これから風力発電の風車が作られるからまた景観が変わる
それも景観を乱すものになるがこれもどうにもならないだろう。
海側は家がなくなったし開発しやすいからだ
ただ飯館村の森は保存してもらいたい、でも誰も住まなくなるとどうしてもソーラーパネルとかになりやすいのである。後は放射性廃棄物の捨てる場になりやすいのである。

これだけ景観が変わるということは思わなかった、自然はそもそも変わらないものとしてあると見ていたからである。
常磐線沿線は海が開けて高架橋になり見えることは観光的にはいいだろう。
矢車草の畑があったのも変わったことである。
菜の花の春に咲かせたが夏は矢車草である、これは海にあっているかもしれない
青い色が海をイメージするからである。
何か景観が変わると雰囲気まで変わる、萱浜というときこんな感じではなかったろう。

景観というとき泰山木の花が今さいているけどこれはアメリカ大陸に咲くのにふさわしい、ひまわりとか泰山木の花はアメリカ大陸が原産地だとなる
そこの気候は空は広く毎日晴れているのである。
今年の梅雨は空梅雨なのか毎日晴れているから泰山木の花がふさわしいことを感じたのである。
花は原産地がどこかということを知るといい、つまり花でも咲くにふさわしい風土が場がある、日本の花は南国系統が多いのである。
ただ北方系は北海道に咲いているのである。
今年の梅雨はどうなってしまうのか?紫陽花は梅雨にあう花であり日本原産なことでもわかる、紫陽花は日本の風土に咲くのふさわしいのである。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180107594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック