2017年06月05日

南相馬市鹿島区の最新のニュース(2017年6月)


 南相馬市鹿島区の最新のニュース(2017年6月)

 windeee111.JPG

 ●橲原(じさばら)に右田の人が集団移転

 ●寺内の発掘した場所に相馬市の養護施設が建つ

 ●新しい消防署を建設中

 ●駅前に仙台からくるリホーム会社の事務所を開設

 ●近くに風力発電会社の駐車場

 ●大東建託のアパートが二カ所建設中

 ●新しいツルハドラッグが元のスーバーキクチを改装して開店


橲原(じさばら)の大原へゆく新しい道の方に右田の人が集団移転するという、
すでに家が相当建っているという
なぜそこに家を建てたのかというとそこは右田の人の土地であった
入会権をもって山を所有していたのである。
一〇町くらい山を所有していた、そこで草を刈ったりして右田に運び飼料とか肥料に利用していたのである。
それを運ぶのに苦労したことを復興団地にいる右田の老人が語っていた
あのころは車もないし道も舗装されていないし橋が土と木の橋でゆれて怖かったのである右田から橲原(じさばら)だと馬車やリヤカーで草を運んでもかなりの距離なのである。あの老人は復興団地は狭くて嫌だ嫌だと言っていた
9つくらい小屋がある広い土地に住んでいたという。そういう所が右田には普通にあった馬も飼っていたし牛も飼っていたからである。

この辺の農家は広い土地と家に住んでいたから狭い所に住むのは嫌がる
小高の人は50畳もする部屋があったというから驚きである。
そこで集会などが開かれていたのだろう。
右田の人は他に小池に集団移転して家を建てている
ただ海側から山側に移り住むというのも同じ地域で感覚的にはまるで違ったものとなるだろう。そこで田などは作れないだろう。
何をして生活するようになるのかはわからない。

 寺内で古墳を発掘していたのはそこに相馬市の養護施設を建てるためだった、
養護施設となると確かに鹿島にはない、アサガオの障害者の工場などはある
養護施設がないとあるでは違うものとなるだろう。
鹿島にはデイサービスの厚寿園とかも新築された
消防署も新築しているから公共的な施設がいくつか建った
大東建託のアハートが二カ所まだ建設中である。15くらいできているかもしれない

スーバーキクチの隣には元の建物を利用して新しいツルハドラッグができる
駅前には仙台のリホーム会社が事務所を開設する
リホーム関係は仙台からも来る、自分が頼んだユニットバスも仙台のリホーム会社だった100万だったから安いと言われた そうゆうけんという会社だった
今度は台所をリホームをしないかとと電話があったが断った

風力発電事業も開始されてその駐車場があった
これもどういう事業なのか?そういう関係の会社が入ってくる
駅でドコモインに泊まる人が駅からタクシーで行った
その人は友伸エンジニアの人だった
この友伸エンジニアは元からあったから震災とか原発とは関係ない
でも鹿島にホテルができたということが変わったのである。
鹿島に宿泊所は民宿一軒しかなかったからだ

鹿島区は震災前より良くなった、新しい家が何百軒とたった、その数が多いのである。
小池などは都会の風景のようにもなった、こんなに変わるとは思いもよらないことだった海の風景もまるで変わった、ソーラーパネルとか今度は風力発電の風車の風景になるからである。景観がこれだけ変わるとまるで違った世界になったような気になる
未来のSF小説の世界が現実化したような感覚になるのである。


posted by 老鶯 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179956784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック