2017年05月02日

関東の武蔵国地域の渡来人の跡 その一団が移住して陸奥の真野郷にかかわっていた


関東の武蔵国地域の渡来人の跡


その一団が移住して陸奥の真野郷にかかわっていた


埼玉県史』や『吉見町史』などによると、6世紀末から7世紀初頭−西暦600年前後から、胴張りのある横穴式石室と横穴墓の出現によって北武蔵の古墳形成に大きな変化がおとずれたとしている。そしてその背景には、横渟屯倉(よこぬみやけ)の設置と渡来人・壬生吉士集団の移住という、歴史的事件があったこと推定されている


■ この時代(6世紀末から7世紀初頭)は、古墳時代の後期にあたり、武蔵國では児玉地方を中心とした秩父と、荒川周辺に栄えた北武蔵(前玉・比企・入間・足立)、多摩川周辺に栄えた南武蔵の三つの地域にわかれて争われれおり、この中で北武蔵を中心とする笠原値使主が支配権を獲得したものと考えられる。


『・・・さらに、石室の比較研究から、7世紀後半の築造とする意見が多い。この時期は、律令制の整備に向け国府周辺の都市施設や、農業、軍事といった各方面での政治的基盤の整備を必要とし、そのために多数の渡来人や渡来系の人々が周辺地域に帰住したと考えられている。

そして、もともと胴部が張る横穴式石室の系譜をひく積石塚そのものが、高句麗系渡来人の墓制と考えられていることや、このあたりが後の小川郷に該当する地域であることからして、被葬者は、その先陣をきって地域開発のために活躍した渡来系の人々と考えて間違いないだろう。』 (青梅市史 上 P180〜181)


5世紀前半〜6世紀中ごろ築造された古墳群。http://kofun.info/kofun/1211
帆立貝形古墳の亀塚古墳以外は、そのほとんどが径40〜30mの比較的大型の円墳と、径20〜10mの小型の円墳により構成され、前方後円墳や前方後方墳は見られない。残存している古墳は13基ほどであるが、かつては70基前後が群集していた多摩川流域でも有数の古墳群であると考えられる。

古墳時代中期( 5世紀ごろ)
埼玉県坂戸市の入西石塚古墳から古墳時代中期( 5世紀ごろ)の冑(かぶと)と甲(よろい)、首を守る頸甲(あかべよろい)、肩を守る肩甲(か たよろい)などの武具や武器が出土した ...
埼玉県の壬生吉志

東京都狛江市の「コマ」、山梨県の巨摩郡など、各地に 残る ...http://www5f.biglobe.ne.jp/~kodai-musashigaku/newpage59.html
(1)高麗人(高句麗)の渡来
北武蔵への渡来人の移住は、6世紀の末頃までさかのぼることができる。6世紀末、律令制下の武蔵國ができる前、それぞれ壬生吉志が男衾郡、飛鳥吉志が橘樹郡、日下部吉志が横見郡で活躍したと伝えられている。この人たちに共通することは、「吉志」という名前であり、これは朝鮮の王を示す「コンキシ」「コキシ」と同一語といわれている(森山悌『古代の武蔵』)

その後、渡来人の武蔵國移住が本格化したのは、7世紀後半からのことである。666年(天智5年)百済人2千余人が東国移住。
  それから16年後の684年(天武13年)百済人

狛江市、狛江古墳群(直径10〜40メートル前後の円墳 5世紀〜7世紀)
調布市、下布田古墳群(直径10〜30メートルの円墳群 5〜7世紀)
あきる野市 飛田給古墳群(直径10メートル前後の円墳 6世紀〜7世紀)

などの古墳群が続く。古墳自体は小規模になるが、南関東から北関東への集団移住が類推される。古墳時代が終焉を迎える
と古代寺院の建設が始まる。関東が完全に大和政権支配下に入り、「薄葬令」「仏教」が浸透してきて、葬送の様式も変化
したものと思われる。そして、新たな渡来人たちの活躍も始まる。宝莱山・亀甲山古墳を築いたのが第一次の渡来人達だと
すれば、関東は第二次の渡来人達を受け入れる準備を整えたのだ。

韓国の慶尚道その他から発見されている轡鏡板に似ているので、もし同時期のものと見ると、韓国の伽耶の地域で五世紀前半代に流行したものが、高崎市の長瀞西の二号古墳の側の土壙に五世紀代に埋められた、ということになります。

 また、三号墳の右の積石塚、一〇号墳からは、純金で造った垂飾付きのイヤリング、一〇センチを超えるような長い鎖でハート型の飾りをしたイヤリングが見つかりました(図9)。このイヤリングは純金製という面からみても、造りから見ても、私は朝鮮半島で造られたものが日本にもたらされたものだと思っています。

 こういうふうに、積石塚で、方形墳で、立地的には窪地に集中的にあって、その一つからは純金製のイヤリングが出てきたり、五世紀の前半代と考えていい鉄製の轡鏡板が穴から出てきており、しかもその周辺から韓式系土器が発見されている。この韓式系土器というのは、韓国の伽耶などの地域で造られた土器製作技法をそのまま踏襲して、群馬で造った土器という意味です。

 考古学でいうところの新しい埋葬方法が朝鮮半島から入ってくる、横穴式墓制も入ってくる、須恵器という新しい窯業技術が入ってくる、装身具に鍍金というような新しい工芸技術が入ってくる、そういう時期ですから、地域によっては土でマウンドを造った古墳からマウンドが石の古墳に変わる。

  この下伊那地方の古墳は積石塚ではありませんが、大室古墳群の五〇〇基の集中度、合掌型石室の状況、あるいは最近の群馬の高崎市や静岡の浜北市の積石塚の発掘のありようを見れば、馬というものが古代のかなり早くから入ってきたことが分かります。これはもう、朝鮮半島の伽耶、百済などの地域からと考えざるを得ない
 長野県の下高井郡木島平村の根塚遺跡、これから大問題になるだろう遺跡の資料を載せました(図19)。木島平村はスキーで有名なところで、東京の調布市と姉妹都市の関係にある村です。

 この根塚遺跡は、一〇〇メートルと五〇メートルくらいの楕円形の低い丘を持つ、盆地の水田の中にポツンとある遺跡です。この根塚と呼ばれる丘の中央部から発見された墳丘墓は長方形で三段のテラスを造っていますが、長方形の斜面には張石が一面に張ってある、弥生時代後期のあまり例を見ない墳丘墓です。この図面からははっきりしませんが、長方形プランの三段のテラスになっている、その平面に箱清水式の土器、北信濃地方の弥生時代後期の土器が副葬品として複数納められていました。ガラス玉も出てきましたが、さらに三年前に、いちばん下のテラスの埋葬遺壙からナンバー4、5という鉄剣が二ふり出てきました(図20)。

 その鉄剣を見ますと、長い方が七四センチくらいのものですが、脇から右手に一本突起が出ていて、先端が丸くなっています。さらに柄頭、握るところも丸くなっていて、錆びて固まっている。レントゲン写真を撮りますと、図20右の6、7のように、そこは渦巻状になっていて、柄頭のところは鉄を二つに割いて、内側にクルクルッと渦巻にしています。さらに右側から一本そいで脇に出し、それも渦巻にしている。

 私は木島平村から連絡を受けて、この写真を見せられました。私は、これは伽耶の鉄剣だと直観いたしました。しかし私は日本考古学が専門ですから、「明治大学の大塚が伽耶の鉄剣だと言ったって、専門じゃないから……」と言われるといけないと思いまして、親しくしている九州大学の西谷正教授に来てもらいましたら、西谷さんは「これは伽耶のだよ」と言うのです。西谷さんはソウル大学に二年留学していた人ですから、西谷さんが伽耶の剣だというのは間違いないわけです。


 高麗人についてはさきにみたとおり(「甲斐、相模、上総、下総、常陸、下野の高麗人1799人を以って武蔵国に遷し始めて高麗郡を置く」)であるが、ついで、というより、すでにそれ以前、『日本書紀』666年の天智5年に、それまでは大和で「官食を給していた百済の僧俗2千人余人を東国に移した」とある。(・・・・・)ついで758年の天平宝字2年8月には「帰化新羅僧32人、尼2人、男19人、女21人を武蔵国の閑地に移し個々に初めて新羅郡を置く」とある。>(P62)


 武蔵国の貢物としては麻布、木綿(楮の樹皮からとる繊維)、?(粗い絹織物)、席といった繊維製品が主であった。おそらく多摩川周辺の娘たちが、清流で布をさらし漂白していた様子が「万葉集巻14 東歌」に、

 「多摩川に 曝す手作り さらさらに 何ぞこの児の ここだ愛しき」(3373)とある。http://ac.jpn.org/kuroshio/oda201411.htm


 高麗郡や高麗神社の「高麗」と記されています。また、狛犬の「狛
こま」と表記されることもあります。高句麗のことを最初に記した歴史書は、中国の
『漢書』という書物で、そこには「高句驪県」とあって、紀元前1世紀頃の
高句麗は中国(前漢)の支配下にありました。紀元後9年頃に中国の支配
が解かれ、後漢の時代には独立した国として存在したようです。

高句麗と倭(日本)との国交は、5世紀末までにはすでにあったと考え
られ、推古天皇の時代になると、仏教を通じた交流が盛んとなります。
推古3年(595年)には聖徳太子の仏教の師とされる高句麗僧の慧慈
が日本にやって来ます。推古13年(605年)には高句麗王から黄金300両が贈
られ、元興寺(飛鳥寺)の仏像の造立に使用されました。また、紙や墨の
製造技術も推古18年(610年)に高句麗僧の曇徴が伝えたものとされて
武蔵国の新羅郡(埼玉県新座市・志木市・和光市・朝霞市ほか)があります。席田郡は、霊亀元年(715年)に尾張国の人で外従八位上の席田君迩に近と新羅人74家を美濃国に移住させて建てられた郡です。天平宝字2年(758年)に席田郡の郡司の家の子らが、祖先は賀羅(から)国から帰化したという理由でからのみやっこ羅造の姓
を賜っていることから、席田郡は、のちに新羅国に併合された賀羅国からの渡来人が移住させられて建てられた郡だったことがわかります。


このように渡来系集団の移住がありそれが日本に刻印した足跡がある、それが地名化しているということでもわかる、一番古いのはツノガノアラシトでありこの足跡は日本海からわたってきて全国的に記された足跡である。
ツガルとはツノガノアラシトがなまったものである。ツノガノアラシト→ツガルなのである。ツガルが蝦夷とされるがそれはもともと渡来人だったのである。
福島県の太平洋沿岸にもその痕跡が残された

末次とかも陶でありそうした陶器製作の技術を渡来人が伝えたのである。
トライ時は製鉄とか仏教も伝えた、それで鹿島区の唐神というのは唐(韓)の神のことであり仏教のことである。仏陀のことである。それを仏様として祭れなかったのは韓(から)から来た神としてしか現すことができない初期のことだからそうなった


昔、この大明神は新羅の国から請戸小島に現れた女神である。その時2人の某氏がこれを拝した。1人は何もしなかったが、他の1人は小島へ社を造って祭った云々。

『明治神社誌料』には、「養老年間高龗神を同村海岸苕野小島に勸請す」とあります。

小高にある角部のツノはツノガノアラシトのツノであり津神社もツノミヤ神社である。
松川浦のツノミツ神社もツノガノアラシトのツノであり津浪とは何の関係もなかった
地名がこのように古い渡来系の故に名付けられていたり神社がこれだけ渡来系に由来しているのはそれだけの人が日本全国にかかわっていたということである。
伽耶というと百済が滅亡する前の国でありなじみがないのは確かである

韓国の慶尚道その他から発見されている轡鏡板に似ているので、もし同時期のものと見ると、韓国の伽耶の地域で五世紀前半代に流行したものが、高崎市の長瀞西の二号古墳の側の土壙に五世紀代に埋められた、ということになります。

私は、これは伽耶の鉄剣だと直観いたしました。しかし私は日本考古学が専門ですから、「明治大学の大塚が伽耶の鉄剣だと言ったって、専門じゃないから……」と言われるといけないと思いまして、親しくしている九州大学の西谷正教授に来てもらいましたら、西谷さんは「これは伽耶のだよ」と言うのです。西谷さんはソウル大学に二年留学していた人ですから、西谷さんが伽耶の剣だというのは間違いないわけです。

伽耶というのもそれなりにその跡を記している

草枕 旅を苦しみ 恋ひおれば可也の山辺に さ雄 鹿鳴くも

可也は伽耶なのである。真野の草原(かやはら)がこの伽耶なのかとなると無理があることは確かである。では草原が萱原なのかとなるとこれもまた疑問であり明らかなことは草原は地名だという説が有力になる

それは渡来人が関係してそうなったのである。今回の津浪で塩崎の船着という地名のすぐ近くまで津浪が来た、その湾にそった丘陵地帯に横穴式古墳があった
これは渡来系がもたらしたものだとするとき何か関係しているともなる
地名からすれば石巻の萱原が有力でありそこは江戸時代でも真野の草原の地とされていたのである。真野公という木簡も発見されているからである。
ただ考古学的資料となると鹿島区の真野郷が濃厚にあるからここが真野の草原だとしている
  


posted by 老鶯 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179623354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック