2017年04月26日

復興大臣が辞任 それぞれの言い分があった


復興大臣が辞任

それぞれの言い分があった


調子に乗るなよトウホグ土人が。焼け太りの乞食の分際でほざくな。 
東京が無事だったからこそ、今、お前ら土人が生きていられるんだろうが。 
同時期に東京が大規模災害に遭っていたら、お前ら三日で全員野垂れ死んでいるわ


人間はみんな言い分がある。こういうことも東京の人たちだったら言い分としてある
東京の経済力があって東北でも他でも恩恵を受けているとういことも事実としてある
ただ必ずまたそのプラス面があるとしてマイナス面もある。
巨大な東京があることで迷惑になることもあるのが今回の原発事故にもなった
東電では東京に原発を作るのが効率的だけど事故を恐れてフクシマに作ったからだ

東京という膨大な人口が経済力ともなるがそれが圧力となり原発にフクシマに作らせたりする、一方で東京があったから援助が受けられているという側面はある
ただフクシマ原発の場合は津浪とは違って東京の責任も大きいからこの人の言うことはあてはまらない、ただこういう言い分はある

例えば南相馬市でも小高と鹿島区が補償金で争ったとき双方の言い分があり小高の人たちが避難させられたのだから補償金が高くさせられて援助されるのは当然だということにもなった、でも自分が言ったように鹿島区の人たちの言い分もある
なんであいつら毎日パチンコやギャンブルで遊んでいるのだということはここだけではない、他でも言われていることだからである。

今回の震災の被害では地域的対立が東京と福島とか東北とかで鮮明になった
内部でも補償金で争って地域が分断されたことがあった
なんであれそれぞれの住む所や地域が違ったり立場が違うとそれぞれの言い分が生れてくる、それはどうにもならないことである。
だからこういう発言でも一方的に否定することはできない
結局それぞれの言いたいことを言う、言い分を聞くことが民主主義になる

ところがマスコミとかがそうした様々な地域や立場の人たちの生の言い分を取り上げるわけではない、直接民主主義ではない、マスコミによって拡大化される民主主義なのである確かに今回の復興大臣のは発言には問題があった。
ただそれがマスコミによって過度に報道され糾弾される、それが民主主義をゆがめているのだ。
それでトランプ大統領はマスコミを嫌い拒否したのである。一方的に糾弾されるからである。
実際は国民の移民に対する反発は大きかったし中部の製造業など自動車などの工場は閉鎖されて失業しているとかそういう人たちの言い分はマスコミによって無視されていたのである。ただ移民を攻撃していることだげが拡大化されて報道される
それは感情的にまでなる、それはアメリカの国情を正確に伝えていなかったのである。
要するにマスコミは何か一部分でもそれが拡大化して放送される
そういうマスメデアなのである。

双方の言い分を言わせることはマスコミではあまりしない、マスコミで判断して一方的に報道している、そもそも報道されないことに重要なものがある。
何を報道するかもマスコミで決めているからである。すると重要でみんなに知らされるべきことも知らないとなってしまうのである。

ただ言い分というとき個々人でも言い分がありその言い分を聞いていたらきりがないとなる、個々人にも事情があり言い分があるからだ
いづれにしろ民主主義でも直接民主主義ではない、広い範囲になるとそうなる
するとマスコミの報道に左右される度合いが強くなるのである。
でもインターネットでもそれはマスコミを通さない発言だから直接民主主義になる
その生の声が今までとは違っていてもそれがマスコミのようにまだ小さい声にしかならないから影響力が弱い、でも対抗メデアとなったのは民主主義にはいいことだった
第一今までこうして民衆の生の声を知ることができなかったからである。

この辺では津浪の被害者がいて津浪と原発被害者がいて原発避難者がいてとか複雑だったのである。その人たちはみんな利害が一致しないことがあった、それで分断されたのである。だから被害者の言い分だけを聞くというのも一方的になる
原発避難者については言えたのである。

いづれにしろアメリカでもそうだが民主主義でもすべてが公平になることはない、ある集団は地域は無視されて報道もされないことがある。するとそこには援助がいかないとかの問題が起きている、だからアメリカの不満層が無視されていたことなどわからなかったのである。南相馬市内だと一応みんな補償金はもらっているが隣の相馬市になるともらえない、それで不満を言っている人がいたことなど誰もとりあげない
別に放射線量など変わらないのである。
相馬市では真野ダムの水を利用しているとなるとやはり飲み水は利用できないとペットポトルを利用しているかもしれない、するとやはり被害があるとなるからだ
でも相馬市の被害は放射能汚染に関しては何も補償もないのである。

ただわからないのは飯館村でも放射線量で区分けされて補償金の差があったことである。それで除染員が石をぶつけられたとっばちり受けた、どうして飯館村でも補償金の差が起きたのか理解しにくいのである。一様に高かったとみていたからである。
だから一様に補償金は払われていたと思っていたからである。
隣同士を放射線量で補償金に差をつけることがおかしいことだったのである
隣だったら放射性物質だって移動してくるからである。
そういう放射線量で地域を細分化して分断したこと自体が過ちだったのである。

要するに海側は浪江ですら低い、とすると山側と海側に分けるのが放射線量からすれば理にかなっていた、ただ30キロ圏で分けたのがいいのかとなる
それによって生活そのものができない町や村が存続できないような状態になったからだ
科学的根拠があっても何かそれだけでを基準にして良かったのか?
小高などはみんな避難させたのは失敗だったと思う
一旦あのようになると回復できなくなってしまったのである。
避難した人は若い人でも別な暮らしになりそこでなじみ移住先で暮らすことが復興になったからである。補償金もそのために使われて村や町の復興には使われなかったのである。いづれにしろこの辺ではいろいろ問われた、様々な問題が実際的な問題として問われたのである。



タグ:復興大臣
posted by 老鶯 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179561031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック