2017年03月19日

職がないと長崎から来て東京で強盗 (地方の経済の苦境)


職がないと長崎から来て東京で強盗


(地方の経済の苦境)


前田好範容疑者(27)ら2人は午前1時ごろ、 
西武新宿駅近くで、会社員の男性(38)に「困っているから1万円くれ」と言って胸ぐらをつかみ、 
現金およそ1万4,000円が入ったポーチを強奪して逃走し、手配中の警察官に現行犯逮捕された。

前田容疑者は、職を求め、長崎県から上京したばかりだったという。 

ttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352872.html


地方はもう年金と生保がベーシックインカムになってるんだよ 
受給者を固めて住まわせて、その地域にショッピングモールを作って街を極限まで小型化しその中で細々とカネを回す 
もちろん公務員は一等地に住んでデパートに買い物に行くから「山の手とスラム」みたいな二極化 


長崎は人口流出が凄いんだよ 
ただでさえ立地は西の果てだし、平地は少ないし 
仕事も長時間労働&低賃金ばかりだし 
若者はどんどん出て行ってる 
唯一の東証一部上場企業の十八銀行は福岡FG傘下になる予定で遂に 
全国初の0社に 
三菱重工業長崎造船所もこの所あんな状態で元気出ないよ

東京・西武新宿駅近くで、男性から現金を強奪した男らが現行犯逮捕された。


このニュースに注目したのは長崎から来た人に鹿島駅であったからだ。別にこの辺は全国から来るからめずらしくない、その人は原発関係で働きに来た
長崎には職がないとして働きにきた、ただ長崎はなにかここからだと遠く感じる
弘前の人も職がないと来ていたがまだ青森だとここから近い感じになる
長崎はなにかここからだと日本の果てのように感じた

何か日本の経済は東京中心になりすぎた、例えば地方に工場があっても東北サッシでも初任給が基本的に13万とか安い感じがする、それが田舎の平均だといえばそうになる
でも今の時代に13万だと田舎でも苦しいとなる、要するにパートなみの給料なのかとなる自宅から通いばそれでも家賃を払わないからやっていけるとなるのか?

田舎は東京から富を収奪されているというとき東北サッシの社長が神奈川の人であり本社が神奈川でも東京にある感じになる
たいがい本社は東京にある、すると地方は安い賃金で働かされて豊かになれない
それはグローバル化経済で貧乏な国低賃金で働いているのとにている
この前駅に来た人も友伸電気であり東京から来ていた、このように東京に本社があり地方に幹部の人が来る、すると地方では安い賃金で働くのであり給料も安いとなる
東京に富が集中するのを批判するのもわかる、社会システムがそうなっいるためである。東京はやはり日本の頭脳となっているから東京に富が集まるのである。
地方は低賃金で働かせられるのである。

東京電力だってフクシマに原発を作ったというときそういうシステムになっている社会だからフクシマに原発を建てた、地方の工場と同じである。
ただ原発は東京に建てられないからフクシマに建てた
でも原発だけはこの辺の経済を豊かにしていたのである。
ともかく原発は危険だから給料が高いからである。日当が二万くらいになっていたかもしれない、すると東北サッシで働くより相当高いとなる

結局でもそうした東京中心の経済が日本全体からすると社会の歪みをもたらしている
それで原発事故が起きたりする
東北電力は地元だから同じ原発を建てるにしても津浪に警戒していたのである。
実際にそれだけの対策をしていたから助かったとなる
これは別に今だけではない、そもそも双葉とか大熊辺りはこの辺でも工場がないとか出稼ぎ地帯になっていた、出稼ぎしなくて地元で働けるようにと原発が誘致された。
そういう東京中心の経済がやはり原発事故とかの原因ともなっていた。日本全体のバランスのよい社会が作られていないことがこうした問題起す根があった。

いづれにしろ今は給料が安いし賃金も上がらない、何か若者が消費しないというときそれだけの金がもらえないということがある。
高度成長時代は消費欲があった、マイホームがほしい、車がほしい、電化製品がほしいと消費欲があり景気が良かった、今は買うものがないとうより買えないということがある。そして金をもっているのは高度成長時代に資本蓄積した、貯金していた老人だとなる
その時は貯金していると倍になったからである。
保険でもかけていると倍になっていたのである。金利はその高い時のものが継続されていたからである。
とすると金利の影響が意外と大きいとなる、ローンでも金利が安いとき買えば20年とか計算するとかなり得になる、金利が高ければそれだけまた長い間払うから損になる

地方はもう年金と生保がベーシックインカムになってるんだよ 
受給者を固めて住まわせて、その地域にショッピングモールを作って街を極限まで小型化しその中で細々とカネを回す

自分が病気になり介護になりどれだけひどい目にあったか書いてきた
それを冷静に考えるとそれだけ地方では経済的に困窮している人が増えたしこれからも増えてくる、だからこの辺では原発避難民でも補償金でもめるのはやはりもらえない人が多かったし経済的に苦しい人が多いからうらやむとなる
自分は別にうらやんだのではない、金の不満より避難民がパチンコなどで毎日遊んでいることに不満だったのである。
なぜならその時自分は病気で苦しみ介護で苦しんでいたからである。

だからなにやかにやといっても原発避難民は金をもらえるだけもらうということをとめることはできない、いくら他者が言ってももらうものともらうとなる
裁判を起こしてももらうとなる、ただだんだん復興景気も一段落して復興バブルとか補償金バブルもなくなるとこの辺の経済は相当に厳しくなる
すでにそういう兆候が現れている、もともと経済的に地方は厳しかったからだ

地方はもう年金と生保がベーシックインカムになってるんだよ

この指摘は面白い、現実に自分がしていることはこのことである。田舎では仕事がなくなれば金をまわさざるをえなくなる、大金持ちはまず田舎には住めない
そして老人が多いのだから年金頼りであり生活保護者も増えてくる、そういうぎりぎりの線の人が多いからである。まず国民年金でも8万もらってもまともに暮らせない
8万もらっていない人もいるからだ。
この辺は復興バブル、補償金バブルが終わるとさらに経済的に厳しい状態になってゆく
すると多少でも金ある人にたかるとか強奪するとかまでなってくる
そのことを身をもって経験しているしそれは継続しているからだ。
この辺で人口流出した結果、街を極限まで小型化しその中で細々とカネを回すも現実化している問題である。
人手不足というときそれはスキルのある人手不足と低賃金の人手不足である。
低賃金だと職にありついても暮らしは改善されないのである。、スキルある賃金の高い職にはそもそもつける人は限られている
スキルというとき東京にはそういう仕事があり日本の頭脳になっているから富が集中するのである

ともかくインターネットだと地方の生々しいことが話題になるときテレビとは違ったものとして情報を受け取る
地方にはそれぞれの事情があるがテレビは東京中心の話題に占領されるからである。

問題の大型客船は2011年にドイツのアイーダ・クルーズ社から受注したもので、12万トン級2隻。しかし、設計や建造に手間取り、納入が遅れるなどした結果、16年3月期までに約2400億円の損失を計上

長崎の三菱重工の造船がうまくいかない、それも大きな影響がある。
鹿島駅であった原発で働いている人がどういうことでここまで来たのかわからない
でも長崎にいい職がないから金になる原発に来たというのは確かである。
それは弘前の人も同じである。
それにしても原発の廃炉事業は未来の事業ではない、負の産物となったのでありそれにそそぐ労力でも金でも莫大なのである。
これはなんらか未来につながるものではない、未来につながるものならいいが何かただ金と労力を無駄に使役されるとみる
何かそこに未来につながる技術の開発とかあればいいのだが負の遺産の後始末だけだとなる、東芝の原子力事業でも失敗して危機に瀕している
結局原発は疫病神になったのである。



posted by 老鶯 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179142773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック