2016年09月21日

秋の日に高倉から小高に行く (小高に帰っているのはほとんど老人だけ)


秋の日に高倉から小高に行く


(小高に帰っているのはほとんど老人だけ)


minoriiiiiinew22223.jpg
takakuuura111.jpg
高倉の奥の一軒家

min0riiiiii1111_FotoSketcher.jpg
クリック拡大


安政の墓や古りて実りかな

虫の音や高倉に残る老夫婦

秋日さし旧街道をたどりゆく


隣家の庭に朝顔咲くを見つ雨しととふり家にこもりぬ

夜のふけて鈴虫すみて鳴きにけり星も清らにきらめきまたたく

ワレモコウ秋薊咲き野菊かな実り戻りぬ村一つすぐ

駅前に花植え飾り揚羽蝶舞ふも淋しも小高の通り

人住まぬ家のありにし誰住むと小高の街や秋となるかな

小高にそ人の帰りぬ少なしも通りに人や秋となるかな

イノシシの街中歩むと今はなし人のまばらに帰る街かな

モスバーガー中に休みて花映えぬふ安らぐ一時ここに得しかな

mossssss111.jpg




昨日は雨であり一日こもっいるほかなかった。隣家の庭に朝顔が咲いている、秋の雨がしとしとふる、窓からその花が見える、別に隣とは仲悪いわけでもないし話もしているからいい、隣とは何かもめやすいことがある。ただ隣でも実際は花だけを見ていれば問題ないとなるのだ。


高倉から小高に行ってきた。安政の墓というのがあった、木幡家であり安政から墓碑が記されていた。高倉には老夫婦が残っている農家がいた。
実りがあるというときそれは江戸時代からつづている。実りの中に墓があるというときそれは継続を意味しているのである。だいたい墓地は必ず江戸時代からはじまっている
なんらかそこが墓がないとしても人を葬った所なのである。
田舎では実りがないということは生活の継続が絶たれることなのである。
それはただ米を収穫して食べるということだけではない、生活の文化の継続ともなっているのである。だからこの辺では原野化したときはそれがなくなったからとまどったのである。原野化したなかに墓がある風景は何か歴史の継続を絶たれた風景だったのである。

ワレモコウに秋薊に野菊が咲いて実りがあって何か田舎は調和している
山側にゆくとまだまだ原野が多い、それでも実りは増えてきた。
山からおりてきて浜街道にでる、秋の日がさしてその道をたどり小高に出る
ただ旧街道というときはわからない、いろいろな新道ができて旅に出たときはわかりにくくなる。ここだってここが旧街道と意識しないかぎりそう思わないのである。
ただ漠然としては昔の道はわからないのである。
自らが意識させない限り昔をたどることはできないのである。
浜街道はいつも意識しているから地元でわかっているから秋の日がさして近くでも旅した感じになるのである。

小高の駅前の希来というところでおばあちゃんがいたので話した。
結構長くいた。

「人が帰っていますか」
「そこの家は子供いて鹿島まで通わせている」
「そうですか、子供もいたんですか」
「帰って来ているのはほとんど年寄りだな」
「人は前よりいるみたいだけど」
「それでも淋しいよ」
「年寄りは若い人が帰ってくるというけどどうかな」
「なかなかむずかしいな」
「年寄りだけ帰ってきてどうなるなのか、街が成り立つのか」
「あそこもあそこの家も帰ってきているのは年寄りだけだよ」
「確かに前よりは住んでいる人がいるみたいだけど」
「それでも少ないよ」
「なんか知り合いの女性が夜が暗くなるので嫌だと言っていました」
「それは言えるな」
「夜に来てみると灯がともることでどれくらい住んでいるからわかる」
「夜は淋しいよ」
「なんかここに来てみると帰る気がなくなるのがわかるな」
「私も帰るけど帰るのは老人だけだよ」
「今はどこに住んでいるの」
「原町の仮設だよ」
「原町だったら便利だから帰りたくなくなる、家も建てた人もいるしな」
「そういう人もいるな」
「それにしても家が空いていることがもったいないんだよ」
「誰か住めといってもな」
「市の方では空家バンクで住まわせようとしているようだが」
「イノシシが前は通りに出てきていたよ」
「誰も住んでいないと家が荒らされる」
「ハクビシンとかも出てきて家にすみついた」
「山の方で50匹もの猿が出ていたとか」
「空家にしておくのは良くないよ」
「駅前に花植えてきれいでいいよ,蝶々がとんでとまっていたよ」
「小高には高校もあって駅を利用する人がいたからな」
「鹿島よりはにぎわっていたんだよな」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

駅前の希来というところでずっと話していたら確かに前よりは住んでいる人もいるし車の通るのも多い、ただ店は開いていないから同じである。
コンビニ一軒と双葉食堂は繁盛している、除染関係の人が寄っているからだ。
双葉食堂は鹿島の仮設でも繁盛していた、ともかく外にいつも並んでいたからである。
小高でも昼間は10人も外で並んでいたから同じだった。
メニューはでもラーメンとうどんしかなくご飯はないのである。
それでも四人くらいで客をこなしていたのである。
ともかく前よりは人が住んで人がいるからいいが何か老人だけでありこの先どうなるのかという不安があるしそれは予想されたことだった。
でも全然子供がいないというわけではない、前は街から離れた所に帰る高校生もいたからである。でもあれだけの空家があり住まないともったいないと思う
ただ来年の三月には仮設も撤去しはじめるので家ある人は帰らざるをえなくなるだろう。そこでまた変わってゆく、でもなんか以前として小高に行ってみると帰る気がなくなるというのが現実なのかもしれない、市の方でもみなんに帰ってもらいたいのである。
そうしないと市の方でも困るので桜井市長が帰って復興に力を尽くしてくれと言うようになった。そして市の方でも小高が負担になる、財政的にも負担になる
そのことで南相馬市民全体の問題として小高がある。
ただ浪江であれ双葉であれ大熊であれ原町の復興住宅に入るようになったというとき広い原発事故の被害地として共有しているのである。
だから原発事故は一地域の問題ではなかったのである。

帰りは原町のモスバーガーで休んだ、あそこに20年も知らないのは大損失だった。
喫茶店として利用できたからである。最近喫茶店がない、食事するのではなく軽いもので何か話したりする場が必要なのである。そういう内装になっている
もう喫茶店だけではやっていけない、でも前からあそこは喫茶店としても利用されていたのである。
喫茶店があるとしたら何か街中というより景色のいいところで休めたらいい。何か自分は今までも喫茶店で思索したりしていたからである。
盛岡は喫茶店がいい場所にあった。川が二つありその側にあったからそれが付加価値をもたらしていたのである。
あそこは景色は良くないにしろ花が映えていたから安らぐ所だった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176967343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック