2016年03月11日

私のプログに対する批判に答えます (ギャンブルしている人たちや故郷を捨てた人たちをまず批判しろ)


私のプログに対する批判に答えます

(ギャンブルしている人たちや故郷を捨てた人たちをまず批判しろ)

自分に対するコメントの答えです

他人任せでもないし(している人もいる。ボランティアもいるし、ボランティアはボランティア。)お前は結局ネガティブキャンペーンをしたいだけだろ?お前はいたずらに絶望を煽るだけで何も生み出さないな。誰もしていないというのならお前がやって範を示せ。する気もないなら黙っていればいいだろなんて
傷口に塩を塗って楽しいか?放射能を語りたければ機械によって測定された数字を見ろ


こう言うのはどこの地域でありその出自か明らかではない
これだけ反応があったということで答える
自分はこれだけ書いてもほとんど反応がなかったからである
どいうふうに読んでいるのかもわからなかったです


放射能を語りたければ機械によって測定された数字を見ろ

今日テレビを見たら小高の整形の開業医が0、1だから始めると言っていた。

だからあなたがどこに住んでそういうことを言っているのかわからない


お前は結局ネガティブキャンペーンをしたいだけだろ?お前はいたずらに絶望を煽るだけで何も生み出さないな。


絶望をあおるというより現実を言っているだけだとも思いますが、、、、
現実を直視してどうするかを考えている
現実に老人だけ帰って復興できるのかというのは現実である。
ではどうするのかということを考えざるをえないでしょう


誰もしていないというのならお前がやって範を示せ。する気もないなら黙っていればいいだろなんて

それよりなぜ原発避難民は毎日ハチンコ屋やギャンブルをしているのか?
そういう人たちこそまず非難すべきでしょう
そういう人たちこそ率先してボランティアに頼むより復興に働くべきでしょう
そういう遊んでいる人たちがいるから地元の人も嫌がり助ける気もなくなるのでしょう


自分は原発事故で小高の人たちが避難してきたとき苦しい状態にあった
でも小高の人はその時どうしていたか?
大挙してパチンコ屋におしかけていたのです
その時自分の所にきた親戚とも言えないがパチンコ屋で掃除して働いていたのです
そこで人手たりないとか言っていたのです
自分が苦しい状態のときパチンコ屋にみんな通って遊んでいたのです
その手伝いをしていたのが親戚だったのです
その時そうして遊んでいる人たちに怒りを覚えたのです
それは小高の人に対してです

あなたが自分に怒りを覚えるのはそもそも何故なのか?
それはもっとお前は避難民に同情して助けるべきだということでしょうか?
その前に遊び暮らしていた人たちはどうなるのでしょうか?
そういう人たちがいれば誰も助ける気がなくなるでしょう

感情的になるともう会話できません
自分に対する憎しみが先行しているようです

まずお前ら避難民が藩を垂れろ、、、それから文句を言え

毎日ギャンブルで遊んでいる人も多い、まずそういう人たちこそネガティブキャンペ-ンを身をもってしている

まあ、それぞれの言い分かあり人が理解しあうことはそもそもむずかしい
でも何らか会話すれば相手のこともわかることはあります
ただ自分に対する何か憎しみがありあなたとはとても会話できないでしょう


津波原発事故に関しては様々な人たちがいます、
様々な意見をもっている人たちがいます
それをお前は何もしない、何もできないから何も言うなと言えますか
自分は南相馬市内だけでなく全国にむかって実情を言っているだけです
きれいごとだけではすまないのです
かわいそうだ、かわいそうだと言われていれば気分がいいでしょう
現実にそんなに原発避難民がかわいそうなのでしょうか?
もっとかわいそうな人は津波や原発被害者だけではないいます
宮城県でも岩手県でもいます
普通に暮らしている人でも苦しい人はいくらでもいいです
まずは自分たちこそが苦しいのであり同情しろという言い分は通るのでしょうか?

いつまでもだらだらギャンブルなどやっているな
小高に帰り放射能の泥をかきだせ
年のことを言っていられるか
まずお前たちが範を示せ!

できなければ外国人でも金だしていれてやらせろ
寄付してもいいけどお前ら何に使うんだ
(これは本気だよ)
ギャンブルに使うのか、補償金もらってうえに

小高の病院の七億円の配管を直したかったら自分たちの金をだせ
補償金もらっているのだから
それよりなぜ若い人はその場から逃げ出したのか、他で家を建てたのか?
そういう人たちこそまず批判すべきではないか?
まずそういうふうに故郷を見捨てた人が多いから復興できないのである。
それを全体が大事だとして自分は書いてきた
そういうふにう第一避難区域ては故郷を捨てた人が多いのである
それも若い人が多い、だからそういう人たちこそネガテブブキャンペーンを
身をもって示していないか?

介護でも自分でやらないで他人にまかせるなともにている
自分たちがまずやらないで他人まかせになっているからこそ批判される

もう故郷のことなど知らない、人ともかかわりない、家も建てたし関係ないことだ

そういうことを延々と書いてきたけどそこに一番の問題があるのてはないか?
その人たちこそネガティブキャンペ-ンを身をもって示している

地域の結束が強過ぎて身動き取れなくなってる様に感じる

「皆で一緒に元の町に戻るぞー!」とやってたら自分だけ「避難先に家買ってそこの住人になります」とは言えんわな

某帰宅困難地区からの避難民がこのパターン


地元の津波被災組の中には災害復興住宅への入居待ちもいる

防潮堤の建設を待って元の場所に戻るという人も居る 


こういう人もいるのか?みんな勝手に避難先で家を建てたりしていると思っていた。

つまり故郷を出てか帰らないことに気兼ねしている人もいる


ともかく感情的になると議論などできないてす
ただ口だけで何もできないというが何か考えることはこうしてプログに書くことも相当な労力なのです
それが自分は全然認められていません
あなたにとって無駄だとなるかもしれませんがそれなり読む人がいるのだから一応関心があり参考にしている人はいると思いますが、、、、、、

ところであなたは復興のために何を毎日していますか?
どのうような範を垂れていますか?
それを教えて下さい
みんなもそれを知れば全国の人も応援するでしょう
たいして自分のプログは読まれていないですが
全国の人にどうそ訴えてください



注意

自分が対象にしているのは重に南相馬市の小高区の人たちのことです

他はまた飯館村で放射線量が高いし浪江とか大熊、双葉はまた共通な面もありまずが事情が違ってきます
誤解のないように










タグ:原発避難民
posted by 老鶯 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174432425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック