2016年03月10日

人間の弱点は空間でも時間軸でも認識するのは限られている (さかのぼれるのは祖父母の代、地理でも全体を認識できない)


人間の弱点は空間でも時間軸でも認識するのは限られている


(さかのぼれるのは祖父母の代、地理でも全体を認識できない)


なぜ津波や原発事故の被害がこれほどに拡大したのか?
それはやはり人間の弱点が現れたはいうことがある。
前にいろいろ追及して書いたけどこの社会を科学的にでも歴史でも理解しようとするとき空間軸と時間軸が欠かせない、空間軸になると地球とか宇宙まで拡大する
月が潮の満ち引きに関係しているとなるとそうである。
今回の津波も科学的に追及してみれば何か宇宙と天体とか月とかに関係していたかもしれない
地球は一つでありどこかの異変が必ずどこかへ波及する、地球は分離した別々のものではない
だから最近台湾で地震があり被害があり台湾でここ20日内に大きな地震があるというとき台湾は遠いからそんなことがないとも言えないのである。
地殻変動が大規模に起きるから影響する

自分は旅行して地理に興味をもった、地理を離れて歴史もないし政治でも何でも理解できない、イスラエルが地球の中心と神が定めたというとき神は地を造ったときあらかじめそういう予定をして造ったとなると地球というのは地理は神が定めたものだとなる
まず地理というのは地図を見たりしてもほとんどわからない、そこに峠があったとしても立体地図で見てもわかりにくい、つまり体感できないからである。
自分は自転車で何回も例えば飯館村へ上ったから体感的に飯館村が高い所にあることを体で覚えているのである。体に記憶されている
でも世界になるとそんなことはできない、モンゴルの大草原でもそれを知るにはバイクとか車で実際に走りその壮大さを知る、そういう体感しないとなかなか地理は知り得ないのである。

地球は全体であり地理も一部分として全体から切り取ったものとしては理解できない
どうしてもそこで人間の視界は狭いものになる、狭い範囲で世界を理解することになるから誤解が生れる
実際テレビという狭い画面で見ても地理は何にもわからない、巨大なスケールなものは人間は認識できないと前に書いた
巨大なものは見えないのである。人間は狭い極小のミクロな世界で全体から見れば日々生活している。
大きなものは認識できない、だから地殻変動とか地球規模で動くものを知ることができない、地震とかはそのために予知できないのが人間の知の限界である。
人間の営みでも経済でもグローバル化したら認識できない、金がどう動いているのか何百兆という金が一日動いたりしたらそれは何なのだろうとなる

だから金のないものが突然遺産とか何か株でもうけたとか入ると困惑するのである
自分は食事は千円以上の食事をしたことがない、旅しても他に使うから食事で節約していたのである。
だから今余裕があるからと贅沢できない、安い食事をするようになる
でも1500円くらいの外食をたまにしてやはりいいものが食べられるなと思った。
でも今までの日常ではそういうことがないから人は小さな金で暮らしている人は大きな金を使えないと思う、かえって浪費したりして無駄にしてしまうのも多い
自分にとって百万を使ったことがない,すると百万はどう使うのかとなるとイメージできないのである。
ただ庭作りして二百万くらい使ったのが一番大きな金だった。自分は庭が好きだし花も好きだから夢は自分好みの庭園を造ることだった
でもそうなるとそれは何千万とかさらに金がかかるからとてもできない
自分が大金があればその金でしたいとなるとそうなる

人間の盲点はこうして日々生活していることしかから発想できないのである。
それは空間的にもそうなのだが地理でもそうなのだが時間軸としてもそうである。
人間が時間としてリアルにイメージできるのは祖父母の代までである。
それ以上は架空的なものとなってしまう。
自分の父親は明治生れだから明治まではまだリアルである。
ところが江戸時代の前の年号を墓とか碑から調べて郷土史に興味をもった。
でも文久だと天保だとか天明だと元禄だとかいろいろ年号がある
天保となると実は明治で活躍した人が生れたのは天保なのである。
すると明治が祖父母の代でありその上になるとあいまいになる
江戸時代は何か時代が混同する、天保とかが遠い昔のように思っていたり
古い時代の元号の順序を逆にしたりして混乱する

天明(1781)天保(1830)明治(1867)であり意外と天明に大飢饉があったが50年すぎて天保になっているとしたらそんなに遠くないが何か遠いと感じている
そしてこの年号は天保が天明の前のように思っていたり順序が逆になることが普通にある第一自分の母親は大正生まれであり明治と大正を逆に思う人はいないのである。
ここにも時代というのがいかに誤解するかということである。
時間がすぎてしまうと時間による誤解が生まれる、それは歴史を理解するとき必ずそうなる
つまりせいぜい祖父母の代、百年か百五十年くらいは時代的にリアルに認識するがそれ以前になるとリアルに認識できない、それが何か学問的なものとなってゆく
そこに人間の大きな盲点となりそれが錯覚をうみだしたりしている
津波でも相馬藩の記録に一行700人溺死と記されていた、それは400年前なのである。
400年前となるからもう完全にこの辺では忘れられていたのである。
それが悲劇に通じていたのである。
その一行も忘れられていたし取り上げる人もいない、この辺は津波は来ないという確信までにいたっていたのである。

時間軸でも人間は長期的に世界を見れない、毎日今の日々の生活に追われている、長期的に見れないことから津波のような大災害を予知できない、長期的にものを見ることが人間はできない、それは長期的な視点で考えることができない
ただ科学の方が長期的視野で考えていた、東電では津波が来るから備えねばならないと報告していた。科学者は津波が来ることを予想していた。
ただコストとかでそれをさけていただけである。
もし津波が来るということで備えていれば回りの人も津波が来るということを実感して備えたり避難するにしても助かる人がいたかもしれない、その差はあまりにも大きすぎたのである。
科学の方が今では長期的視野をもてる、実際に津波が起こる七年前にボーリング調査をして相馬市の松川浦から離れた奥まで貞観津波の砂が発見された
ただそれは慶長津波ではなかった、なぜか貞観津波の方がボーリング調査で明確に掘り出されている
貞観津波はそれだけ慶長津波より甚大な被害があり大規模なものだったのかとなる
それは800年代であるからそこまでさかのぼり明確に時代がわかる
科学の方が時間軸で明確に時代を特定できるとなる


人間が時間軸で長期的に見れないというときそれは将来に未来にかかわる、長期的に見れないということは今しか考えない、何でも今が良ければいいんだとなってしまう。
原発が危険だけど今がそれで電力をまかなうからいい、放射性廃棄物がプルトニウムなら二万年消えないというけど今が良ければそんな未来のことは考える必要がないとなる
そしてそういう危険なものでも政治とか一人の人間の野心家によって利用された
原発を推進した正力松太郎などがそうだった。
そしてまだ時期相応だということを湯川秀樹博士はそういうことを言っていた。
原発は急いで導入した結果が不備があり事故につながった面もあった。
時間軸で長期的視野で成すべきものが急いだ結果事故につながった。


現代の問題は何か長期的視野がもてない、全体的視野がもてきない、一見これだけ情報が流通しているから全体的に長期的に考えられるはずだとなるが現実は社会自体がグローバル化したらかえって世界が理解できなくなったり時間的に急ぎすぎる
江戸時代は基本的に農業だから自然のリズムの中で暮らしていたからかえって長期的に物事を考えられるともなる、木材でも利用するには50年もかかるとしたら時間軸で長期的視野をもって生活していた
江戸時代は十代とか職人でもつづいているのが特徴であるからだ。
現代はかえって今にすべてのエネルギー使い尽くすとか今にすべてのエネルギーが費やされているから資源でもなんでも消尽されるのである。
「災害は忘れたころにやってくる」というとき人間はせいぜい祖父母の代までしかリアルにイメージできない、言い伝えでも祖父母から聞いたものならまだ生々しいものとして聞けるがその前になると学問とかなり文献の調査とかなり庶民は関心もなくなるのである。今回の津波原発事故は5年すぎたが他では関心がなくなっているというのもそのためである。人間ほど忘れやすいものがいない、これだけの大災害でも忘れてゆく
ただ5年ではまだまだ生々しい、3月11日はちょうど命日と同じである。
まだ津波の被害地から何か死んだ人の霊魂が浮かんでくる感じになる
20011年3月11日は特別な日であり冥福を祈る日であり忘れてはならない歴史的な日となったのである。


人間の盲点は巨大なものが認識できない

(人工物でも巨大化すると認識できなくなりそれが大きな災いになる)

タグ:空間と時間
posted by 老鶯 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174417577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック