2015年12月04日

冬の虹(我が街の路地裏の道)


冬の虹(我が街の路地裏の道)

ichouuuuuuu1.jpg

百歳の母を介護し冬の虹

故郷に住みて長しも冬の虹

我が街の大銀杏に冬の虹

故郷に老いて交わる冬の虹

我が町の路地裏歩み冬の虹

冬の虹消えし余韻や老いにけり


今日は夕方に雨がふり冬の虹が街の上にかかった、大銀杏の樹がありそこに虹がかかったそれは束の間だった、冬の虹は何か消えやすい、カメラをもっていなかたっのが失敗だった、毎日同じ道を行っても変化がある、この前は白い山茶花が雨に散って白く映えていた日常的なものにも詩が絵がある、四季の変化がある
結局詩でも絵でも遠くにあるとは限らない、意外と身近な所にも詩や絵になるものがあるこの路地裏の道を毎日行ったり来たりしていしても詩や絵になるものがあった


人間はやはり長く住んでいるとその街でも里でも一体化してゆく、それは別に京都とか住まなくても同じなのである。ただそこに詩とか美を発見しないだけである。
京都に特別なものが必ずしもあるとは限らない、日々の平凡な生活にもある


なかなか冬の虹は見れない、冬の虹も趣き深いと思った。冬の虹は田舎にふさわしい
老いにもふさわしい、介護も自分はなんとかしたということで冬の虹がかかった
これがやはり介護でもうまくしないとあとで恨まれるから冬の虹として映えないともなる美もまた人間の生活と一体となって映えるからである。


ともかくカメラをもっていなかったのがまずかった、いつも通っている道だからカメラにとるようなものがないと思っていたからだ
しかし自然は意外なとき所に美を作り出すのである。それは思いがけないものだからカメラは常時持ち歩く必要がある。でないと二度とその場面がとれないからである。


なんとか合成写真で冬の虹を再現した。これも現代的である。ソフトに精通すれば本当に現場にいたような写真を作ることもできるだろう。
それは一つの創作にもなっているのである。



タグ:冬の虹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169264701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック