2015年10月30日

磐城(いわき)の豊間の人は津波でタンス預金を流された (車に自転車をのせてきた人とあう)


磐城(いわき)の豊間の人は津波でタンス預金を流された

(車に自転車をのせてきた人とあう)


原町のレストランの前で自転車を組み立てている人がいた
それをみていたら簡単だった、簡単に組み立てられるようになっている
その人は車にその自転車をのせて組み立てて走る
これも便利だなと思った。景色のいいところを選んで走れるからである。

「この自転車はどこのですか」
「イタリア製ですよ、イタリア製はいいんですか」
「自転車はヨーロッパが発祥だからいいんです」
「そうですか、日本でもシマノは部品として使っていますね
これにもシマノとありますね」
「ヨーロッパもいいですが今はアメリカもいいですよ、ジャイアントとか」
「その名前はよくききます」
「このペダルの部品をとりかえたけど一万したましたよ」
「そんなにしたんですか、この自転車はいくらしました」
「三〇万です」
「まあ、そのくらいはするでしょう、重さはどれくらいですか」
「七キロです」
「ええ、軽いな」
「フレームはカーボンですよ」

こんな会話をしたあと磐城の津波の被害の話になった。

「豊間では被害が大きかった」
「豊間は知っています、そこを自転車で通ったけど前が道路で海でした、あそこなら被害が大きかったでしょう」
「あそこは街から離れているから銀行がないんですよ、あの辺の人たちはそれでタンス預金していたんですよ、それで津波を来たとき、七百万円ばかり持ち出したのですが途中であわてて落として流されたそうです」
「七百万は大きい金ですね、タンス預金は実際は何かと危険なんですよ、自分もそれで失敗して大金を失ったからです」

今回の津波ではタンス預金とかしていした人はみんな流された、でも銀行に預金した人はあとから通帳がなくてももらえたのである。
タンス預金は実際は相当に危険なのである。盗まれても証拠がないので警察に訴えてもとりあってもらかない、警察は重大事件でも証拠がないとりあげない、はっきりした証拠がないと裁判では必ず負けるからである。
だから証拠さえなければ罰せられないとなってしまうのが民主主義の社会である。
だから罰せられない犯罪者の数は膨大にいる、証拠がない限り罰することができないからである。殺人犯でも何でもそうである。
それだかけ民主主義社会では犯罪を犯しても容易に捕まえられなくなる
犯罪者の方が得するような仕組みなのである。犯罪にあって泣き寝入りしている人は無数にいる、でもどうにもならずあきらめる他ないのである。
ただそういう人はやはりカルマをもち何らか警察ではなくても罪を背負うことになる

今回の津波でも原発事故でも様々なことが起きた。それはみんなとても語り尽くせないものである。この話も一つの話にすぎない、富岡町長の五億円の金庫が流されたというのもそうである。このタンス預金の話でもそうだがそういうことはかなりあった。
通帳でもハンコでも流されても銀行に預金していればこういうことはなかった。
自分の一身上もここ十年は介護と自分の病気でつぎつぎに災難が起きたのである。
ただ直接人から聞くとその話もリアルに感じるのである。


ともかくその人は六五才以上であり自分とたいして年が変わらなかった。
車で自転車をのせていい景色の所を走るのはいいなと思った。
その人は毎日一時間半くらい自転車にのっているという。そのくらいなら疲れないだろう何か自分は距離が長くなるからあと疲れるようになった。特に筋肉が痛くなるのである。でも自転車は70でもそれを越えても楽しめる、車と併用すればもっと楽しめる
でもそういう器用なことをできる人とできない人がいる。
車も運転してバイクものりとか外国旅行も自在にするとか外国で仕事までしている器用な人に外国の旅で出会った。
そういう器用な遊び上手な人が団塊の世代などには多い、あの人もそういう感じだった。自分はまず不器用であり雑であり車の運転は向かない、必ず事故になるから原付バイクでも乗らない、何か器用さに欠けるからいろいろうまくやれないのである。
俳句短歌はできるにしろ他のことはうとくなるのである。
人間なんでも得意な人はいない、何かできれば何かできなくなるのが人間なのである。
車とは現代では何かと便利なものだから車がないとかなり損することは確かである。



タグ:タンス預金
posted by 老鶯 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166757943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック