2015年10月24日

大学に文系はいらない(2) 理系と文系の相違は何か


大学に文系はいらない(2)


理系と文系の相違は何か


この世界を見るのは二つの方法がある、それが物質世界と人間世界になる。物質世界は理系であり人間世界は文系になる。
理系には人間世界と関係しないで物質を探求する
例えば考古学があるとしたらそこで発見された石器がある。その石器がヨーロッパ
で発見されたものは大きいというとき殺傷能力も大きいということである。
理系だったらその石器をどういう状態でどんな石を使って作ったとかもっぱらその石器自体の物質的成り立ちに目を向ける。

一方で文系の人はその石器自体の成り立ちよりその石器が人間にどう影響するのかを見るそれを人間の歴史からみる、ヨーロッパでは戦争が多かったというときそれは石器の時代からアジアとは違っていたと書いたがそういうふうにみる
石器の違いが人間にどう影響したのかをみる、一方で理系の人はその石器の成分とかを念入りに調べる、人間社会にどう影響するかはあまり考えない
その物自体に興味を持つのである。それは化学式となり元素記号化する
そのことが理系と文系の大きな相違かもしれない。


文系の人は例えばいろいろな道具でも車でもその道具を作ることではなく車が人間社会にどう影響するかをみる、自分も文系だからそういう思考になる。
車が嫌いだとか車は人間的ではないとか交通事故になるから危険だとかもっと車をへらしてバスでもいいとか交通体系を変えるべきだとか社会体制まで論じる。
でも理系の人はそういう車が社会にどう影響するかよりより高性能な車を技術開発することをひたすら目指している。


自分もそうだが文系の思考は何か医療でもあらゆるる技術でもそれが社会にどう影響するかをみる、だから原発でもそれがどう回りに影響するのか心配する
原発が社会にとって必要なのかどうかを議論する。
理系の人は原発の社会的影響より技術的にその技術を完成しようと努力する
原発の危険性があっても技術者として原発の技術の完成に向かって努力する
理系の人は技術そのものを最高のものにしようと努力している。
それは医療でもそうである。人間を不死き体に老いない体にまでしようとしている。
結局技術の完成を目指すとしたら人間を死なない体にすることが究極の目的になってしまうからである。

象徴的なのはアルキメデスは足場を与えてくれ、そうすれば地球すら動かして見せよう。、、、あれば世界を動かすと言ったが戦争にまきこまれて死んだ、つまりこれこそ理系なのかもしれない、回りの状況を社会のことなど関心を払わずそれで殺されたとなるからだ。

街が占拠された時アルキメデスは砂の上に描いた[9]数学図形(en)について熟考していた。ローマの兵士はアルキメデスをマルケッルスの元へ連行するよう命令を受けていたが、アルキメデスは思案中だとこれを拒絶した。これに兵士は激高し、剣をもって彼を殺した

回りの人間がどうなっているか見ない、ただひたすら研究に没頭していたのだから理系のオタクのようになものともなる
理系的思考になるとそういうふうに世界も理系的思考で世界を動かせるという自負になる世界を作り動かしているのは理系だとなることがここに象徴的に示されているのだ。
回りで起きている社会の人間の動向に無関心だったのである。
社会の人間の動向に絶えず関心をもっているのが文系である。
なぜ事故が起きるのかと探求すると理系なら技術的な問題であり技術が改良すれば解決するとなる
でも文系だとモラルがないとか会社の組織が問題だとかコストを第一にするとか技術そのものよりそうした周辺的なものかかわる人間を問題にする
アメリカが古い原発をもってきたのが悪いとかアメリカがそうできたのは日本が戦争に負けたからだとかそういう歴史とかも関係させる、理系だと原子炉がどうなっているとか
原発そのものの技術的な問題に関心がありそれが第一となる
それで東電が原子炉のことばかり心配して回りの住民のことを心配していなかったというのもそのためである。
回りの住民を避難させることが遅れて混乱したのである。


例えば文明をみるときこれは理系が作ったのだろうか?ピラミッドなどは高度な建築だから理系が設計して膨大な労働力で人力で作り上げた。
それを作り上げたのは技術は理系である。でも文系になるとどうしてこんなピラミッドを作ったのだろうと考える、それは当時の人間社会にどう影響したのだろうかとか何のために作ったのかと考える、理系だったらその構造の分析をするが文系は当時の社会にとってどんな意味がありなぜこんな巨大なもの作ったのかと考える
それは実際に未だに王の墓でもないとなると一体なんのために作ったわからないのである

そもそも文明というときエジプト文明がありキリスト教文明がありイスラム文明があり仏教文明がある。これは理系が作った文明かとなる
それらはモラルを中心にしたものであり技術はあくまでもそのモラルがあって建築技術となり石像でも何でも宗教の建築物となっている。
宗教となると明らかに文系なのである。だから宗教的観点からすれば武器とか作ることましてや核兵器など作ること自体否定する。肉食を否定しているように宗教が平和を目指すのだから武器そのものを否定する。それはどの宗教でも同じである。
でも理系にとっては技術を開発することであり核兵器が人間社会にどう影響するかなどあまり考えない、アイシュタインなどが広島に原発が落とされたことで反省はした。
でも物質そのものの研究は物理学で延々と行われている。それが社会にどう影響するのかとか考えない、技術にはそれ自体が人間社会と関係なく追及されているのである。


例えば不老の医療が発達してさらに寿命が伸びたときそれが人間社会にどう影響するかを考えない、そんなに人間が長生きしたらどうなるのか?
それもかなり苦痛になるだろう。暇をもてあますこともあるし子供を産まなくなるなるとどうなるのかとかもある。
不老不死になったら確かに子供はいらないとなる。それも淋しい社会だとなる
つまり科学とはそういう人間社会にどう影響するかを考えないで研究がどんどんすすんでゆく
それが原発事故とかいろいろな社会問題を引き起こしているのである。
DNAまで遺伝子まで操作したらどうなるのかとかそこには原発のように危険なものとなる
そこに理系と文系の大きな相違がある。
この辺の原発事故でもうどうしていいかわからない、その解決方法がない、そういうことをある程度予想できたのけど原発は建てられたし理系の人は回りの影響についてはあまり考えないのである。
つまり科学技術信奉になってゆき、事故は百万年に一回しか起きないと何か科学万能の信仰になり神話になりもうとりかえしのつかないことになったのである。





posted by 老鶯 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166396475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック