2015年09月19日

秋の彼岸が姉の命日で7年すぎた (家と土地に記憶を残す死者)


秋の彼岸が姉の命日で7年すぎた

(家と土地に記憶を残す死者)


姉死してはや七年の過ぎにしや秋の彼岸が命日なるかも

日々通る我が家の墓花なしを見れば淋しも花さしにけり


昭和20年9月21日が姉の命日だった。数えてみればすでに今年は昭和27年だから7年もすぎたのである。
これも早いと思った。6年だと思ったが7年だった。プログをかきはじめたときちょうど認知症を発病した。それまでは良くわからなかったし穏やかだった。
認知症が発病したというのがわかったのはもともと気性が激しい人だから暴力になったからである。
認知症は人によって症状が違う、激情的な人は認知症になると暴れたりする介護する方の負担は大きくなり苦しくなる。
その認知症の介護のことで二年半とかプログにかきつづけた。
ただ二年半すぎたところで死んだので長くは介護しなかった。

その点は救われたのである。あれ以上長くなると自分も母もとも倒れなり家は維持できなくなっていた。
それからまた母の介護でありもうすでに10年にもなるのである。
その間に自分も病気になり犯罪にあいとか借金で攻められとかさんざんな目にあった。
なぜならその間に病院に一カ月入院して二週間は手術のために入院したからである。
これも苦しかった。一人で何でやらねばならなかった。
それまでは社会と没交渉であり隠者のような生活をしていたからである。
だからそういう暮らしができたのも不思議だとなる。
今だとニートとか珍しくないが団塊の世代では相当な変わり者である。

それにしても未だに自分は落ち着かない、母が腰をいためたとかいろいろ介護でめんどうになっているからである。
介護は長いからこれも負担なのである。姉が認知症になって以来毎日生活に追われてきた近くすらのんびりと行けなくなった。
夜の8時ころ帰った時、姉は帰ってこないと近所の人のところに行き騒いでいたのである
その近所の人はいい人だったので受け入れてくれたのである。
あとのひとは親しい人も近寄らなくなった。
自分にとって姉の認知症の介護は限界になっていた。鬱病にもなっていたからである。
その時脳梗塞で倒れて入院してその後半年くらいで死んだのである。

人間は死んでから七年くらいはまだ昨日のことのように思える。
死んでからまだ自分は気持の整理ができていない、というのはその後も今度は母の介護に追われてきたからである。
だからずっーと心の余裕がもてなかった。そしてその間に今度は津波や原発事故が起きたのである。
ともかく激動の十年だった、そしてまだそれは終わっていないのである。

姉についてはいろいろ思い出があるから一つの本にして残そうとしていたがなかなかその余裕がないのである。
七年くらいすぎても思い出はまだまだ生々しいということに気づいた。
人間は死んでもそのあとその人が記憶から簡単には消えないのである。
7年となると長いと思ったがそれは昨日のことのようにも思えたからである。
それだけ人間は例え死んでも影響があり何かしら残った人に記憶を残してゆく
つくづくだから限界集落でもそこに夫が死んで残された妻がその家を離れたくないとかその土地を離れたくないという気持がわかった。
それはまだ死んでも生々しくともに生きた人の記憶がその家や土地に残っているからである。
その土地とか家とか何かに記憶が刻印されている。

だから人間は死んでもそう簡単に記憶は消えないし忘れられということはない
むしろ生々しく蘇るということ残された人にその生前の姿が鮮やかに現れるということもある。
それは7年過ぎてからでもでありまだ時間がたってその人の姿が明確にありありと映し出されるということがある。
津波で死んだ人たちもまだまだ遠い人ではないのである。
10年すぎて一昔になるがそれでも死んだ人は簡単に記憶から消えることはない
だから原発避難者でも故郷とか家から離れられないという気持がわかる。
特に老人に多いのはその家に土地に記憶が刻まれているからである。
その家とか土地から離れたらそういう記憶も薄れて思い出せなくなるからだ。

自分の家の墓はすぐ近くであり毎日のように通っている。ちょうど用事あるとそこを通るからである。だから墓は身近である。
それで毎日見ているからさした花が枯れたとかとりかえて花をさしていないと何か淋しいなと花をさしている。
つまり墓も近くにあれば身近になり生活をともにすることになるのだ。
死者もまた身近にあるともなるが離れていると生きている人も死んでいる人も遠くなる。


タグ:秋の彼岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163948305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック