2015年09月01日

なぜ原発避難区域が復興がむずかしいのか? (贅沢になり限界集落のうよな所に住みたくない)


なぜ原発避難区域が復興がむずかしいのか?


(贅沢になり限界集落のうよな所に住みたくない)


原発事故で避難区域になった所がなぜ帰還して住む人が一割にもみたないのか?
それはもう一万の人口で千人帰っても若い人が帰らないとなるとやがては消滅してゆく
限界集落になってしまう。そういう場所に帰る気になれない
復興というときなぜ戦後に戦争が終わり焼け野原から何もないところから日本が立ち直れたのか?
そこには何もない、食料すらない、何もないところから立ち直れたのか?
それは奇跡だったとか言われる、その原因はかえって何もないから立ち直れたともなる
何もないということは一から始めることになる、何もないところに一から作り始める
そればかえって始めるのはいいのである。
つまり何もなくてもいい、その日食べて雨をしのぐバラックの家でもいいとなる。
実際その時は電気は裸電球一つであり水道もない、なにもない時代であり江戸時代から継続した自給自足だったのである。燃料は炭だった。
そういうなにもないということは贅沢をもともとしていないから苦痛にならない
苦しくてももともと何もないのだから不満も言わないのである。

今回なぜ復興できないかというといろいろとありすぎて豊かになった状態だったからこそその豊かな便利さがなくなったから帰りたくないとなった。
それは放射能汚染だけではないだろう。
一旦街がそういうふうに便利なものがなくなったら便利に豊に生活していたものは耐えられなくなる
一旦贅沢を覚えたものは貧しい生活にもどれないし金持ちから貧乏人になることの方が辛いのである。
例えばうまいものを食べていたものはそれが食べられなくなったときなにか窮乏感を余計に感じるのである。
もともと貧しくうまいものも食べていなければそうはならないのである。
広い家に住んでいたものは普通は狭い仮設のような所に住むのは苦痛になる
もともと借家住まいの人はそんなに苦痛を感じないのである。
もともとそういう生活だったからである。

十津川村とか土砂災害で村ごと北海道に移住できたのはもともとみんな農民であり貧しい、北海道でも貧しい生活から始まったのだけどもともと貧しい生活だったのだからさほど苦痛にならないとういことがあった。
贅沢な今のような暮らしからもし荒野のような所に移住して開墾するとなるとその苦痛は百倍にもなるしもうあきらめてやる気がなくなる
贅沢を覚えたものは苦しいことはしたくないのである。
だから戦争中日本兵は粗食に耐えてよく戦ったとうか評価する人がいる。
でもそもそも貧しいから粗食だったのだから耐えられたともなる
今の贅沢に育った人がとても戦場での窮乏には耐えられないから戦争などできると思えないのである。

つまりあまりにも便利な豊かな生活から貧しい生活になることの方がどれだけ辛いことになるか、それが避難区域には帰らないという理由だと思う。
一見田舎町で何もないようでも今は違っている。
小高病院でも配管を直すだけで7億円もかかる、インフラにどれだけかかっているかこれをみてもわかる。
限界集落はインフラを調えるのに街の中心部より180倍もかかるという、それだけ今は昔とは違っている
昔は何にもかからない、自給自足だからである。
そういう場所では復興するのもかえって容易だとなる
もともと何もないのだから自給自足なのだからインフラを調えるために金などかからない病院でももともとないのだから用意する必要もないのである。

だから結局そんな限界集落のようになったところに住みたくない、他の便利な場所で再出発した方がいいと若い人もなったのである。
限界集落にはインフラを調えるのに180倍も中心部よりかかる
別に昔のように自給自足の生活だったらコストはゼロだし税金もかからない
そしたら都会の人が税金が無駄だとか言われないのである。
一時三陸とかでもジジババしか住んでないところに復興のために金をかけるのは無駄だと官僚が言って顰蹙をかった、それもやはりインフラを調えるだけで今は膨大な金がかかるからそれも一理あった。
だから何か住民をもどすことが無理になっている
帰っても限界集落になり老人だけになりいづれは消滅してしまうとなる

結局皮肉なのはあまりにも便利で豊かな贅沢を覚えた生活のために不便な所には帰りたくないとなってしまったのである。
現代文明の便利な豊かな生活がかえって村を消滅させたというバラドックス(逆説)があった。
本当に村や町を維持したいと思ったらそうした便利なもの豊かなもの贅沢なもの原発のような金になるものに頼るべきではないとも原発事故から考えられるのである。
かといっても一旦贅沢覚えたらもうその贅沢をやめることができないのが人間である。
ただそういうふうに便利なもの豊かなものに頼る生活が意外と脆弱なものをもっていた。一旦こんなふうになるともう再建できなくなったからである。
自給自足のような貧しい生活だったからかえって再建しやすかったのである。


タグ:限界集落
posted by 老鶯 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162701603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック