2015年06月04日

新しく区画化された屋形に建てた家の人に聞く (県で地盤整理した小高の人も建てた)


新しく区画化された屋形に建てた家の人に聞く


(県で地盤整理した小高の人も建てた)



復興、県負担は400億円 来年度から5年間


 政府は3日、平成28年度から5年間の復興事業費の一部に1・0〜3・3%の地元負担を導入する案を発表した。本県では115号国道バイパス「相馬福島道路」や農村地域の基盤整備などが対象となり、県の負担額は5年間で100億円程度と見込まれる。さらに、東北自動車道から西側の県道事業が国の復興特別会計から一般会計に振り分けられ、県の試算では300億円程度の県負担も新たに生じる見通しだ。




kunikennn1.jpg


yakatta1.JPG

ikakuu123.jpg


「この土地は南相馬市で区画したもの」
「いや、これは県で地盤整理した」
「でも県から予算がでている」
「市はその予算で区画整理した」
「ここにはどこの人が建てた」
「いろいろだよ、海老で二軒とか、烏崎の人とか、小高の人もいるよ」
「ええ 小高の人もいる、小高の人は金ももらっているからな」
「金はかかったよ、借金だよ」
「海老の土地は国で買い上げた」
「安いよ、本当に安いよ」
「原発の避難区域とは違うからな、これだけの家を建てるとなるとやはり金がかかった」
「ここは地盤が悪いんだ、田んぼだったから」
「地盤が悪いと地震の時わかるんだよ」
「自分の家の近くの土地が売れないのはそのためか?」

屋形の土地区画したところの人に聞いてみた。
あそこの関係は複雑である。福島県で区画整理して地盤を作り売り出した。
それを南相馬市にゆずった。そこは海老の人でも烏(からす)の人でも入っている
小高の人も入っているのは南相馬市だからである。
小高の人は補償金もらえたから最初から鹿島区に家を建てた人もいた。
原町区にもいたろう。
小高の人がここに建てられたのは南相馬市民だからである。
ただここでも小高の人は補償金たんまりもらえたのに鹿島区の人は津波の被害でも土地も国で買い上げたが安かったとか不満がでる
津波の彼岸を東電では補償しないからだ。
飯館村の人も仮設に住んでいてもここに家は建てられないのである。
そういう点南相馬市と合併していれば建てられたのである。
それは個人的に土地を買って建てるほかない
そうなると今は土地が高くなっているから金がかかる
海老村の土地は国で買い上げたが安いという
本当に相当に安いという感じだ
だから借金をどうして返すかとか言っていたから金はかかった
ただ土地代は他よりは安いだろう

ここで福島県の行政がかかわっていたことがわかる
県道は福島県で管理している。道はほとんど県で作り管理しているのだ
県の行政というのはわかりにくい、もちろん政治には関心がなかった
今回のことで地方政治のことなど地方と県と国の関係などが問題になった
国から復興予算がでてそれが減らされるとか問題になる
すると県の財政を圧迫するとか国と県と市との関係が予算から見えてくる
政治は抽象的なものより予算がどう使われているとか具体的なものから
知るとわかりやすいのである。
そういう利害関係で政治は常に動いているからである。
だから金の動きから政治が見えるとなる

この辺は様々な問題が集積した場所なのである。
だから沖縄とにて政治的な関心の場所になった。
だから政治とは何かということが問われる
それは個々人にでも影響しているのである。
反面政治でもそうだか普通は関心がなくても
行政についても関心をもつようになる
それは民主主義にはとってはいい方面に働く
政治に関心がないのは何か具体的に見えないからである。
県というのは特にわかりにくいのである。
県といっても政治でも会津は遠いし身近に感じないこともある

南相馬市でも合併してどうのこうのと問題になり
補償金で小高と鹿島がもめたとかいろいろ問題が起きた
それで県政とか市政とかを市民が考えるようになったのである。
つまり民主主義とはこうして長い時間の中で成長してゆくものなのだろう。
原発問題もその一つの大きな契機になったのである。
国ー県ー市町村の問題が原発事故でクローズアップされたのである。
要するに現代の問題は様々な問題が規模が大きくなりて見えないのである。
それで民主主義がかえって機能しないのである。
狭い範囲ならば相馬藩くらいの政治だったら具体的に見えたのである。
ただ江戸時代なら民主主義はない
福島県とかの行政単位は大きすぎるから何をしているのかわかりにくいのである。


posted by 老鶯 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/137826124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック