2006年09月09日

神なる鳥の姿(北海道−海跡湖)

kasekiko.jpg 

神なる鳥の姿

カムイモシリ 大地の広し
その大気は未だ汚されぬ
最果ての知床、サロマ湖、能取湖・・・
かつての海跡湖の億年の営みの跡
広々として太古のままに
その時悠々と旋回して
神のごとく青鷺が舞いおりる
その水に同化して歩む細い足
その優雅なる自然の貴公子の歩みよ
その自然に溶けいれる妙なる姿
まさしくカムイの鳥なれや
昔は鶴もここに舞いしや
そのカムイの鳥の悠然と飛びさりて
その跡を汚さず静寂の湖
ああ まことに神なるものよ
そは何を見しか人の醜き姿よ
その鳥は一糸もまとわず
神が与えられしそのままの姿
文明人は様々なものをまとい汚れている
ああ 北の果、湖は広々として
オホ−ツク海に通じている
その大気を吸い遠望して
地球の限りなき美にふれよ
まだ人の手に汚されぬカムイモシリの大地に
再び本来の生気と活力を得よ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1244968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック