2015年04月07日

南相馬市最近の変化の写真


南相馬市最近の変化の写真

tozuka123.jpg

なぜ戸塚ヨットスクールなのか?
その関係者が運転しているのか?

kannkyouuu123.jpg

ここを建設しているのは福島の会社である。
環境センターとは何なのか?

クリック拡大


mmmmmmmmm123.jpg

金沢の北泉で積み上げられた松の木


deatttt123.jpg

ほとんど65才以上である
高齢化もあるが津波の話を聞くとかえって老人は津波などこないと逃げなかったのである。
何か悪い方に頑固になっていたのかもしれないのとやはり老人は腰が重いというのもある
機敏に動けないことや何かに家でも財産で執着することがあったのうもしれない。

クリック拡大


ssssppp1234.jpg

yasaiwwww123.jpg

萱浜のソーラーバネルの野菜工場



この辺は次々に変わってくる、新しい建物もたつし工事をどこでもしている
加藤建材が実際は経営状態がかなり悪くなっていたという。
でも今回の津浪原発事故でトラックを買ったりして持ちなおした。
何か建設関係はかえってこうした災難の時活気がでてくる仕事なのか
加藤建材ではその創業者が真野川でじゃりふるいして原発にその砂利を大量にもっていって財を成したという、今度も原発事故などで立ち直った。
運かいいのか悪いのかはわからない、ただ建築関係はどこも経営状態が悪かった
今回の津浪や原発事故で景気良くなったことは確かである。
江戸でも大火事があると景気が良くなったということがあるからにている面はある。
建築関係には何か大きなことがオリンピックでもそうだがあれば仕事が飛躍的に増えるのである。
タグ:南相馬市
posted by 老鶯 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/117221729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック