2015年01月17日

小高のジレンマ (南相馬市になっているから複雑になった)


小高のジレンマ


(南相馬市になっているから複雑になった)


小高のジレンマというときそれは小高だけではない、南相馬市全体がジレンマに陥っている。
浪江とか双葉、大熊やその他は町単位で補償金でも交渉している。
だからわかりやすいのである。
小高は合併して小高町ではない、南相馬市なのである。
いい面としてはイワキの方に移住した双葉とか大熊町とは違い南相馬市内に移住していれば以前として南相馬市民なのである。だからイワキのように激しい反発はないとはいえるただ鬱積した不満が補償金問題で特に鹿島区にある。
原町区とはない、原町区には仮設も少ないこともあるし原町区は一人十万二年二カ月もらっていると言われるから補償金には不満がないみたいなのである。
最初混乱していたとき、鹿島区に市の財政から金を出すということに反発した人がいた。その時は市の財政から緊急に出したから反発があった。
これも同じ南相馬市だったら何らかの配慮があるのが当然だったのである。
何か合併前の小高、原町、鹿島にもどってしまったのである。
南相馬市として何か対策がなかったのである。
だから南相馬市は補償金問題で分断されてしまったのである。
浪江とか双葉とか他の町はそういうことはないのである。

小高のジレンマが小高だけにあるのではない、原町や鹿島に住んでいる人達にもある。
なぜなら小高は南相馬市でありそしたら南相馬市として対策を考えるし参加しなければならない。
別に小高に住んでいなくても南相馬市民として考えざるをえない、それはジレンマなのである。
そもそも原発は福島県全体の問題であり原発が建つ町や市だけの問題ではなかった。
だから何ら関係ない飯館村まで悲惨な状態になったのである。

小高の人が仮設に住んでいて補償金で遊び暮らしているというときそれも反発された。
現実にすべてではないにしろそういう面が強く出たのである。
あの人達は補償金をがっぽりもらって遊び暮らしているからいいとかなった。
それは鹿島区では補償金もらえないから余計に反発が大きくなった。
実際に仮設では何かそういう人の方が多い感じなのである。
何もすることがなくなりギャンブルになった。
飯館村でもギャンブラーになったとか言われる。
飯館村にも馬券場があったのだからどこでもギャンブルはある。
鹿島区にも馬券場がありそこでは食事までできるから結構いい施設なのである。
そんなところが繁盛しているというのも異常である。

だから前の親戚がパチンコ屋に借金返済のために勤めていて忙しい忙しいと
自分が苦しいとき言っていたのもこの辺の異常な状態を示していたのである。
パチンコするための人に働いていて困っている人はないがしろにされていた。
それも金のためそうなったのだから仕方ないにしてもそういう異常なことが
一身上でも起きていたのである。
金になってパチンコ屋でも働く場所があるからいいじゃないだけではすませない問題だった。
第一人手不足のときパチンコ屋に人がたりないなどと言っていること自体おかしいのである。でもパチンコ屋が繁盛してそうなっていたのである。
これはここだけではない、避難した地域でどこでも起きている問題だろう。
他でもプィリンピン女性を連れ込んでいるとか知人が言っていた。
東京まで行って競馬であれ風俗でも遊んでいた人がいた。
なんか仙台とか遠くで目立たないように遊んでいたという。
そういうことがあると何なのだろうとなる。

そういう人達は復興など考えないだろう。現実に年だからあとは生活保護だといっていたそういうのもまた南相馬市民だから困るのである。
そういう人達を市でかかえると負担になるからである。
要するに小高のジレンマは一つは小高は小高で復興しろと言っても南相馬市民だから南相馬市民がかかわるから違っている。行政でも小高には立派な市役所がありそこで仕事している。そこでは小高の人だけが働いているのではない、南相馬市民が働いているのであるだから行政でも南相馬市民として対処しているのである。
それは行政でなくても普通の市民でも小高は小高町だけで復興しろとはならない
だから小高に対してきついこともいい、何とか真面目にやれよはか苦情を言うことになるそれは同じ南相馬市民としてあるからそうなる。


そもそも原発の問題は双葉とか大熊とか小高とかが町単位で考えるものではなかった。
これだけ広い範囲にわたって被害が出たからである。
県政の問題であり一つの町や市の問題ではなかった。
だから県の責任も大きいのである。
地権者の許可があり漁業権者の許可があり県の許可があると建てられたというのも
原発という重要課題を決めるにはあまりにも変なものだったのである。
現実に県庁のある福島市まで被害があったのをみてやはり福島県は自業自得だなと思った何か今回の原発事故では被害者も自業自得だと思った。
なぜなら原発の被害を受けたところは何かしら恩恵もあり福島市だって県庁があるから
責任があったとなる。そこが被害を受けたのも自業自得だと思ったのである。
福島市では遠いから関係ないと思っていたろう。

小高もすでに東北電力で原発の工事がはじまろうとしていた。
それも中止になり避難区域になったのも自業自得だったのかとなる。
それは合併する前でありだから小高町だけで原発を建てるということも問題だったのである。でも実際は小高町の許可があれば建てられるというふうになっていた。
原町や鹿島は関係ないとなっていたのが原発だったのである。
いづれにしろ原発はむしろそういう市町村の枠をとりはらい結束して反対するものだったのである。
自分たちが利益になればいいというのは問題だった。
現実に双葉町と大熊町は競って原発を誘致したのである。
大熊町で利益を得ているから双葉町にも利益を得るべきだとなっていたのである。
これまたこの辺は原発でただ利益のみを金をのみを求めていたのである。

結局このジレンマの解決はどうするのか?
それは小高の問題であり南相馬市の問題である。
もちろん小高に帰れと言っても強制はできない
でもやはり小高だけではない、南相馬市の問題だから困るのである。
現実に南相馬市民が小高の市役所で働いているからである。

ジレンマ、ディレンマ (ギリシャ語:δί-λημμα、英dilemma) とは、
ある問題に対して2つの選択肢が存在し、そのどちらを選んでも何らかの不利益があり、態度を決めかねる状態。
タグ:小高
posted by 老鶯 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112267501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック