2014年10月22日

南相馬市など介護が足かせになり衰退 (うば捨て山が現実化する)


南相馬市など介護が足かせになり衰退

(うば捨て山が現実化する)




南相馬市の高齢化問題は深刻である。そしてこれが放置された場合には、状況はさらに深刻化し、介護負担が大きい郷里に戻ることを躊躇する若年世代が増えることが予想される。




福島第1原発事故で約1200人が避難する山木屋地区を抱える
福島県川俣町。17日午前7時、町中心部に近い養護老人ホーム
「済生会川俣光風園」は喧騒(けんそう)に包まれていた。

事務室に通された。職員のスケジュール表が目に入る。
「午前5時48分−Aさんの排せつ介助」「同59分−Bさんの起床介助」。
スケジュールは分単位で埋まっていた。
「職員が足りなくて、これでもサービスを減らしているの」。

人手不足に拍車を掛けたのが原発事故だ。職員が避難したり、
定年退職者の補充ができなかったりして、52人いた職員は46人に減った。
そのうち半数はパートだ。逆に仕事量は増えた。
全町避難が続く浪江町などから避難した高齢者を受け入れ、
入所者は現在80人。定員を5人上回る。平均年齢は80.2歳。

福島労働局によると、介護職の有効求人倍率は2.84倍。
全体平均1.41倍の2倍近くになる。子育て世代の母親は避難し、
力仕事で頼りにしていた男性介護士たちは高給の除染作業に流れた。



この二つの記事は何を訴えているのか?

力仕事で頼りにしていた男性介護士たちは高給の除染作業に流れた。

介護する人が不足して介護できないということ起きている。川俣では浪江の人を施設で受け入れたことも大きな影響を及ばししている。それだけの老人を介護する余裕はもうない人手不足でありいない、除染作業が高給で介護の人手もいないというのも原発の複雑な影響が起きている。川俣町は山木屋をのぞいて東電から補償金などもらっていない、飯館などはもらっていても隣の川俣町は全然もらっんていない、すると当然金が欲しいから除染の仕事を選ぶ。川俣町は原発事故の影響を相当に受けた。飯館村が隣だということの影響が大きかった。でも補償金が入ってこないから除染の方に人が流れるのも必然だった。


介護負担が大きい郷里に戻ることを躊躇する若年世代が増えることが予想される。


南相馬市で起きているのは特に避難区域になった小高などは若い世代が帰らない人が多いという。女性から見ると姑とかと一緒に暮らさなくてもいいからかえって補償金をもらって他で若い人たちだげ暮らした方がいいとう選択になるという。
これも確かに女性から見たら今の時代は現実に姑とかとは離れて暮らしている人が多いから当然だとなる。かえってこの際チャンスだとなり帰らないとなる。
故郷への執着心もあまりないのが若い世代である。
ここでも補償金がもらえるかもらえないかがかなり影響している。
他で移り住むにもそれだけ資金が必要だからである。小高の場合はそれだけもらえるということもあるかもしれない、浪江とかなると一億もらえるとなる若い世代は余計に帰らない、そのことがすでに南相馬市でも65歳以上の割合が増えた要因である。

つまり原発事故周辺でも津波の被害地区でも高齢化ということが深刻なのである。
復興するにもその担い手の若い世代が流出しているからである。
姑と暮らさなくていい補償金もたんまりもらえるとなると余計に若い世代は流出してゆく若い世代が年寄りを介護したくないというのもわかる。だから帰らないというときまさにこの辺はうば捨て山になるのである。放射能廃棄物とうば捨て山になってしまう。
小高にしても復興がむずかしいというとき老人だけが残り若い世代が流出したら復興はできないだろう。80歳の老人が何かをしようとしてもこれから介護になるかもしれない、その若い世代がいなくなるとなるきそっちの方が心配になるのである。
そんなのでは復興などあり得ないだろう。
介護は自分もここ七年しているけど楽じゃないのだ。そして介護はつくづく長くつづくものだなと思った。だらだら何か生産性がなくつづくのである。
その介護の長さも負担になるのである。だから介護の負担したくないから若い世代が帰らないとなると一体誰が介護するのかとなる。
もう人も集まらないし介護する人なく捨てられるとなる。


それは別にここだけの問題ではない、全国的な問題でありだから東京ではもう施設に入れる余地がないから地方でめんどうみさせろとか言うのも納得できないのである。
そもそも介護の人手がないのにそんなに老人ばかりおしつけられたらどうなるのか?
いくら金が使うからいいといっても金だけでは解決しない問題が生まれているのだ。
「俺は億の金があるんだから田舎のものはめんどうみろよ」とか言ってもそもそもそのめんどうみる労働力がないのだから迷惑だとなる。
老人ばかり押しつけられてもどこでも歓迎はしないだろう。金を持っていても経済的効果を生むとは限らない、老人ばかりで仕事は介護ばかりだという街に住みたくないだろう。東京はだから高度成長の時は若い人を労働力と吸収して使えなくなったらまた地方にもどして若い労働力を吸収し続けるのも大きな弊害になっている。
そして何でも一極集中というとき今高齢化で60代の人が遺産相続している。
その金もまた東京とか大都会に集まっているというのも弊害である。
息子や娘が東京に集まり田舎には帰ってこないからである。
何かこれまでの日本の社会の矛盾が高齢化で極端化して現れてきたのである。



大相続時代で地方の金が大都市圏に流れる

今後20ー25年間に想像される金融資産は650兆円でこのうち120兆円が地域を越えて移転する
埼玉、千葉、神奈川に約50兆円がながれこむ
地方30県の家計の流出額は家計金融資産の二割に達する。
(福島民友ー2014-10月2日)

タグ:介護
posted by 老鶯 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104827002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック