2014年10月21日

インターネットで発表の場を得た素人芸術 (絵と俳句のプログの紹介)



インターネットで発表の場を得た素人芸術


(絵と俳句のプログの紹介)

karekiii123.jpg

これは加工したものでまずいけどこれとにたものがあるから出した


ここのプログは絵を出している、これはもしかしたら素人的な絵なのかもしれない。
日曜画家とかの絵なのかもしれない、でもともかく素人でも絵を出せるし作品は一応だせるのがインターネットである。
だから膨大な作品が俳句でもでている。大正生まれの母親の俳句を出している。
やはり貧乏な時代の俳句であることがわかる。
インターネットではまず他人のプログでも評価はほとんどないのが多いだろう。
まず芸術の評価はむずかしいのである。
ある人がいいと思ってもある人はそうではないとか個々人によって違ってくるからである
俳句だって絵画だってなんでも評価がむずかしいのが芸術なのである。
ものすこく難解なのがありもう読むことすらできないようなものがあとで名作になっている。宮沢賢治の作品はそういうものだった。他にもカフカだとか芸術にはいくらでもそういうものがある。
百年たって評価されたものなどもあるのが普通である。

なぜ今ここを紹介したかというと一瞬「枯木」の絵を見たとき、これはいいなと思った。まるでそれが人間のようにも見えたので一句作った。

老いにしや枝幾重にも枯木かな

これは自分の心境と絵がマッチしたから作れた。これを単なる枯木ではなく何か人間に見えたのである。こういう枯木の写真もあるが写真とも違うこの絵に何か息づいているものがある。それは老境を迎えると自分もそうだがこれだけのものを毎日書いているように
何か自在にいろいろなものを書けるようになる。世のことが老人になると普通の人でも経験を積むから見えてくる。
この枯木の絵はまた多岐に別れて自在に伸びている。それはまさに自分の心の状態でもあった。今まで経験したこと旅のことでも自在に書けるし詩も今大量に書いている。
この枯木のように縦横に自在に枝を伸ばしているのだ。


ただここで風景画が多いがそれは何か個性がもう一つどぎつくでていないから素人的なのかもしれない。ただ見る人によって絵の評価も違ってくる。
絵とか写真から俳句を作ることができるが一般的にはどうしても本物の写生ではないから作れない。ただこの枯木は内面的に見たから自分の心境と一致したから作れたのである。
ともかくインターネットには膨大な表現の場ともなっているが注目されないのが多い。
やはりプロの評価がないからだろう。
自分は俳句などは相当評価できる。ただ俳句はもう一つ芸術としては抽象画と同じで評価されにくい。俳句をいくら作る人がいてもそれで芸術家とはならないだろう。
それなりの記念としてインターネットに残すのもいいことである。
今までなら全く埋没して知られずに終わっていた。


インターネットで何でも紹介するとわずかでも知られるという手段は開かれたのである。
出版とかなるとまず敷居が高すぎるか、無名の人は全く相手にしない、有名なもので金になるものしか相手にしない、それも金がかかりすぎるからそうなるのである。1
出版社とかそうしたものはなくなるのかもしれない、まず写真とか絵は金がかかりすぎて出せない、今は無料で出せるから素人芸術の花盛りだとなる。
写真は膨大でありプロ級のものがいくらでもある。絵となるとやはりなかなか一流となると出ないだろう。でも心にひびくものはある。
タグ:絵のプログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104796277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック