2014年10月12日

現代の格差社会、貧民の増加は危険な状態に (昔の貧乏より現代の貧乏も苦しい面がある)




現代の格差社会、貧民の増加は危険な状態に


(昔の貧乏より現代の貧乏も苦しい面がある)

スーパーで万引きしたり、親戚や友人知人の家に盗みに入ったり、
 息子や娘名義のJA口座を無断で作成して借金したり、
おかしなボッタクリ物品のセールスに励んだりと、ムチャするのが多数。
んで、こんなことがあっても警察は何もしてくれない、と。

最近話題になるのは老後破綻とか老人の犯罪増加とか生活保護の増加とか生活が困窮している人のことである。
株が上がっても恩恵があるのは金持ちだけであり底辺層はかえって円高で生活が苦しくなっている。
資本主義は資本があると得する社会である。資本というとき金もそうだが土地でもそうであり無産階級は損することばかりになる。
金が金を生む、資本が資本を生むのが資本主義なのである。
だからアメリカが景気かいいとかで投資したら得していた。
つまり金はグローバルに移動しているからそうなる。
でも元手がないものは資本がないものは大きな金は入ってこない仕組みになってる。
株だって元手が一億円くらいないともうからないだろう。
きャンブルでも元手大きければ必ず最後に勝つ仕組みと同じなのである。
いつまでも負け続けることは無いからである。株でも長期間でみれば上がったり下がったりするから長い目でみればもうかることにはなっている

現代の貧乏は昔の貧乏とはかなり違っている。戦後十年くらいは戦前と江戸時代の生活のつづきだったのである。自給自足であるから農家の方が豊かな生活をていた。
第一卵を食べていることが贅沢だったのである。玉子焼きが食べれるようになったとき高度成長期に入ったのである。
貧乏というとき醤油が使いなかった貧乏のことを書いたけど今の貧乏のレベルとは全然違っている。要するにご飯と味噌汁と梅干しとタクワンとかの食生活が普通でありそれはほんの一部をのぞいたて変わりなかったのである。
三食食べれれば良い方たったのである。だから自分の家の貸していた家では着るものもなく布団もセンベイ布団で餓死して老人が死んだ。そういう時代だったのである。
もちろん生活保護も無いし医者にかかれるわけもない、貧窮のどん底だった。
その老人は風呂にも入らないし汚い手で家賃をわずかばかりもってきたのである。
それは戦後間もないときでありそのときはそうしたどん底の生活をしていた人がいたのである。
だから農家では食べ物はあったのだから餓死すようなことはなかった。
ただその老人が餓死したのは別に子供がいたのに助けなかったのだからまた事情は違っていた。あういう人は今だったら福祉の方で世話するからあんなふうにはならなかったのである。
昔の貧乏も苦しいけど今の貧乏もまた事情が変わって苦しい。
とうしても消費社会になったから買う生活になっているから金がかかる。
まず戦後十年くらいは水道もないから街では水をもらっていた。
その水は無料だったのである。水代は無料であり電気代なども裸電球一つだとほとんどかからない、買うものというと米とか味噌とか豆腐とか極限られたものである。
燃料は炭だからこれは金がかかっていたかもしれない。
ともかく家にあるのは飯台一つであり何もない生活である。また何もモノがない時代だから買いようがない時代だったのである。

今はあらゆるモノがあふれた時代であり金さえあればなんでも買えるモノがある時代なのが違っている。基本的なところで水道代とか電気代とか通信費とかでも二万以上になるからこの出費も大きいのである。
そして毎日買い物しているけどなぜこんなに買い物があるのかと思う。
別にそれほど贅沢していないのにともかく買う物が多すぎるのである。
金さえあれば何でも買えるということで無駄も多くなる。
だから底辺層が増えると老後でも国民年金をもらっても8万でもやっていけない、辛うじて夫婦で15万くらいもらえばギリギリでやっていける状態であり妻か夫が死ぬとやっていけなくなる。ともかく消費社会は金が使うようにできている。金を使わないといたるところで支障がでる。節約すればいいだろうとなるが基本的なところで水道や電気や通信代を節約できない、みんな携帯を老人でももっている。
今の貧乏はモノがいくらでもあるのに金がなければ買えないという貧乏なのである。
もともと何もない戦後十年くらいの貧乏とは違っている。
欲しいものかいくらでもあるのに金がないから得られないというのはかえって苦しいともなる。要するに渇望感が増してくる、あふれるほど物があるのに買えないとなるとますます欲しくなるというのが人間の心理だからである。なければないですますというわけにもいかないのでてある。
今は清貧などありえない、清貧がありえたのは何も物がないときにありえたのである。
清貧だからといって水道代や電気代通信代を払わないわけにはいかないからである。
だから八人に一人がサラ金から借りているとかみんな無理をしてなんとか現在の生活水準に合わせようとしているのだ。

結果的にこうした困窮者が増えてくるとどうなるのか?
社会の秩序が乱れ犯罪も増えるから金持ちだってもう塀を囲み防衛しているというとき安心がない社会になる。
金持ちはまたそうした貧民が増えるとどうしてもねらわれやすくなる。
それは強盗にもなり殺人までなってゆくから怖いのである。
現代はすでにそうなっている特に老人で犯罪が十倍になっているのは国民年金などでそもそも生活できないからである。
つまり現代は相当に社会の治安が乱れ秩序も乱れすでに貧民の動乱が起きるような危険な状況になっているのだ。
犯罪は表に現れるのは罰せられたりするのはほんの一部であり一割くらいかもしれない。だから老人の犯罪が統計上10倍に増えたというとき実は百倍にも増えているのである。

人間は善人も悪人もない、こうして生活に困窮してくると誰でも犯罪を犯すしモラルがどうのこうのもなくなる。明日食べるものがないとなる平気で殺すのも人間である。動物と同じように食うためには相手を殺すほかないとなる。
現在はそういう危険な状態になっている。
金持ちから奪うのに抵抗さえなくなってくる。あいつらは俺達が苦労して働いている金で贅沢している。だから奪ってもいい、殺しても奪ってもいいのだ。
金もっているだけでそうみられるし危険になっているのが現代なのである。
反乱か起きないというが暴動が起きないというがそういう前夜にさえなっている。
個々人ではそういう危険なものになっているから何らかのきっかけで暴動さえ起きかねないのである。

posted by 老鶯 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104502868
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック