2014年10月08日

月食の不気味(自分の一身上のことが天体の異変とも関係する)


月食の不気味(自分の一身上のことが天体の異変とも関係する)


一度疑惑の雲のかかれればなかなか晴れぬ元の月には


皆既月食は快晴だからはっきり見えた。何か見ていると月食は不気味である。今は赤い月になっている。
天体と地震が関係あるというとき明らかに地球が天体の一部としてあるのだからないわけがない。
地球は天体の宇宙の一部だから宇宙の影響を受ける。それは解明されていない。

ただなぜ自分には不吉なことが裏切り的なことが次々に起きてくるのか?
嘘を平気でつくということがわからない、だから疑惑が一旦起きるとなかなか払えなくなる。
一旦信用を落とすとそれを回復するには膨大なエネルギーが必要になってくる。
そもそも信用は一年とか二年とかで築けないものだった。
一〇年くらいなら信用は築ける、その間にいろいろあり不信や疑惑がありのりこえてきたとなる。
雇うものも雇われるものも信用関係を築くには時間がかかるのである。

それが何か今回の月食と関係あるのかとなるとき、何か一身上のことと自然が自分の場合リンクしている。
3・11の地震や津波の前には犯罪にあいその人を呪いつづけていた。そして地震津波が起きた。
次にはまた裏切り行為があった。
だから今回最初満月が皓々と輝いていたのでこれは縁起がいいなと思っていた。
それが一転して月食になり赤い月になったのも不気味である。
そういうことでまた大きな災いの前兆かとも思う。

個々の人事と大きな自然に連関はないというが何かある。
天体が人間界に影響するし人間界が天体にも影響する
それは相互に一体なのである。分離してはありえないのである。
月が欠ける太陽が欠けるということは何か縁起が悪い不気味である。
だか悪いことが起きると思うのは当然である。
何かの異変の前兆として天体は見られていたのはやはり地球も天体の一部だからである。
自分の一身上に起きることと天体も連動している。
それは地震とか津波でもそうであり自分が最悪の状態の時地震津波が襲ったのである。

ただ人間の奇妙なのは株とか不動産に投資していると東京でもアメリカでも悪いことが起きないと願うのも不思議である。別に自分と関係ないなら東京がどうなろうがアメリカがとをなろうが関係ないとなる。
江戸時代あたりなら鎖国なのだから外国と関係していないのだから無関心なだけだった。
外国に何が起きようと関係ないとなっていた。
でもグローバル化した世界のいい面と悪い面は世界で何か悪いことが紛争でも自然災害でも起きるとそれが日本と関係ないとは言えなくなっているしそれは世界中である。

とくに株と不動産と投資というのはまず世界情勢が関係してくる。
どこかで紛争が起きるとたちまち株などが下落して大損失になったりする。
だから平和になり株の上昇するのを願う、これは全く利己的なものだけど世界に無関心ではなく利益から
世界の平和、地球の平和を願うようになっている。
これはこれで自己の利益を通して世界を見ている関与しているとなる。
何か世界で悪いことが起きると株価にすぐに影響して大損になるから自然災害でも紛争でも起きないで欲しいとなる。
ただ一方で世界でそうした災害が起きると関係なければ面白がってみるということがある。
ともかく人間は現金なものだと思った。自分の利益にかかわれば世界にも関心が向くということである。


タグ:皆既月食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104331786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック