2014年08月02日

なぜか働いている浪江の人 (南相馬市の鹿島区であった人)



なぜか働いている浪江の人


(南相馬市の鹿島区であった人)


浪江の人と5人くらいあっている。最初は二本松に会社があり通っているという。会社が浪江から移動してそうなった。それから相馬公立病院に入院してあった人は相馬の看護学校の生徒だった。親も看護師で親戚がいて空家を借りていた。
もう一人は福祉関係で働いていた。なぜか移動してきてすぐに働いていた人がいた。
今日あった人はグループホームで働いていた。時給750円とか言っていた。
浪江の人にあったがなぜか働いている人が多い。一人は老人であり働かないがしょうがないだろう。
雲雀が原であった大堀で相馬焼きを作っている人は白河ですでに三軒そこで仕事しているという。その人は帰らないと言っていた。
浪江では帰らないという人が多くなるみたいだ。

実際問題として町を維持するにはそれなりの人口が必要である。
それがもう維持できないとなると除染作業員の町を作るとかあるがそれが町なのかともなる
原発の作業員に宿舎を提供するだけの町が町なのかともなる
つまり町には様々な機能があって町なのである。
田舎だったらいくら農業だけではやっていけないと言っても田畑があって田舎でありうる工場と会社だけなら田舎になるのかとなる。漁業も生業としてあって浜通りの魅力が作られている。ただ海をながめているだけならそこに魅力が生れないのだ。
それは山でもそうである。そこに生活がなかったら魅力が生れないのだ。
ソーラーハネルとか風力発電の風景になったらそこが田舎なのかとなる。

ともかくなぜ浪江の人はここであった限りは働いているのだろう?
数が少ないこともあるが小高の人で働いている人にあっていないのも不思議である。
除染作業しているという人にはあった。
会った人が限られているからいちがいには言えない。
でもギャンブルで競馬で東京とか仙台で遊んでいるという人が何人かいたし働いている人にあっていないのも不思議である。
ただ自分の家の庭を作った人は腕のいい大工でもあるから原町であった時働いているといっていた。こういう時は手に職をもっていれば働けるがその他の人は働かない
それで福祉とか介護関係で働くことになったのだろう。
それでも働いているということは小高の人と違うのだろうかとなる
フィリッピン人の女性を仮設に呼んでいるとか何か小高の人の話しはそういうのが多い
ただこれは小高の人は数が多すぎるからそうなりやすい。
でも全般的には働いていないのだ
浪江の人はここに来てすぐに福祉関係とかで働き始めていたのである。

原発避難者などは遊んでるばかりでは良くない批判もされるので介護関係で働くのがいいとか言う人がいたが浪江の人はそれを実践しているとなる。
介護関係は人手不足であり鹿島の厚寿苑では働いている介護士は岩手県とか福島県でもここの人たちではない、他から応援に来て働いている人たちである。
でも小高の人で働いているとは聞かない、もともと数が多いし何をしているかは把握できない。
でも浪江の人はあう人が極限られている人なのに働いている。
それもここに移ってからすぐに働き始めているのである。
何か浪江の人は移動したとき心構えが違っていたのだろうか?
小高の人は一気に大量に移動したが浪江の人は少数だった。
その辺にも原因があるのか?

考えてみれば小高の人は数が多い、鹿島区だけで2000人とかの規模かもしれない、だからそんなに多くの人が働くということはありえない、だから働かないで毎日パチンコ屋通いだとなった。そんなに働く場所すらないからだ。小高の人でもごく一部だが働いている人はいる。でも数からするとあまりにも少ない,だから遊んでいる人がパチンコ屋通いの人が目立つのである。数が多いからそういう人も目立つのである。
浪江の人などごく限られている人しかいないから目立たないしわからないのである。
イワキでも原発避難民と大熊や双葉の人たちともめたのは二万人とか数が多いせいなのである。その人たちが一挙に入ってきたから問題が起きたのである。
分散すればそういうことは問題があっても表面化はしなかった。
南相馬市でも小高の人が特に鹿島区に入ってきたから問題が起きたのである。
少人数だったら遊んでいても問題はあるにしろそんなに非難しないだろう。
数が多いということが問題を生んだのである。
2000人くらい入ってきてその人たちが毎日ハチンコ屋通いとなると目立つし非難されたのである。

ハチンコ屋で人手たりないとか親戚の人が言っていたが自分は介護で苦しんでいるのに異常なことだった。その異常さに気づいていないのである。もちろん事情があってそうなっているのだがこれもこの辺の異常さだった。
例えば一つの村でも町でも市でも大家族だとして考える時、ある人が介護などで困っているのに介護では立派な施設を建てても働く人がいない、外部の人が来て働いているというとき、地元の人はパチンコ屋通いでそこで人手がたりないからなんとかしてくれということ自体の異常さに気づいていない、金になれば何でもいいとはならないのである。

でも現実は補償金で金があるのだからパチンコ屋に行こうが飲み屋に行こうが勝手だとなっている。
でもそのことがなんらか自分のようにしわ寄せがあるから憤りになる。
小高の人たちは介護でも仮設だから優遇されているし病院も無料である。
それなのに働いていない、そのしわ寄せは南相馬市内の人に来る。
施設に入りたい人も小高の人が優先だとなるといくら事情があっても何でなのだとなる。それはイワキでも起きていることである。
なんで何でも原発避難民が優遇されるのか?
地元の人は土地も高騰して買えるのは補償金をたんまりもらった原発避難民だとなるとますます憤り嫌がらせになった。

人間は小高の人が別にみんな遊んでいるわけでもいな、働いている人は働いているのだ。原発避難民でも全部が遊んでいるわけでもない、ただそうして避難民が大勢になると一人でも遊んでいて補償金があるからいいとかやりほうだいなにると全体の印象を悪くしているのである。それは一市町村とかではない、福島県全体が今では日本全国から嫌われる人たちとなってしまった。それは沖縄と同じになったのである。
何かというと補償金をもらいたがる国にたかり税金を奪うやつらだとなってしまった。
病院でも経験しているがその病院に医者でも看護師でも一人でも嫌な人がいると評判落とすのとにているのだ。一人でもその一人によって全体の印象を悪くするのである。
数が多ければどんな組織でも団体でもそういう嫌な人は必ずいるがその一人によって評判を落とすのが怖いのである。
だから小高の人がみんなそうでなくてもそれなりにそうして補償金で遊んでばかりいると数が多いから評判を落としているのである。

ともかく今回の原発事故などでは何か常に双葉町だ大熊町だとか富岡町だとか浪江町だとか飯館村だとそうした市町村単位で人が見られる。そんなこと今までなかったのである。補償金交渉では町村が単位となったからそうなる。浪江町で一人補償金35万にしろとか司法に訴えたときも全国的には顰蹙をかった。浪江町民はそんなやつらだとか非難されたのである。
ただ自分はここで個人的に接した浪江の人は最初から働いているし働く意欲があったとなる。
だからええ、浪江の人がこんなに働いていると意外だったのであり浪江の人は小高の人と違うなと評価するようになった。それは自分の個人的なものであり全体的になるとわからないのである。ただ自分でも鹿島区でも小高の人に対する評判は良くないことは確かなのである。

タグ:原発避難民
posted by 老鶯 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102104305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック