2014年06月30日

紫陽花の抽象画 (抽象画がわかりやすい紫陽花の写真からの加工の変化)


紫陽花の抽象画

(抽象画がわかりやすい紫陽花の写真からの加工の変化)

ajiainagaree21.jpg

ajisaiabbbbb333444.jpg


ajisaiiii1112222333.jpg
ajisaiiii444.jpg

ajisaioriginsta1.jpg



ajisaiabbbbbmonnyou1.jpg


ajisaohoto.jpg
クリック拡大

ajisaihennge22244.jpg

ajisaiiii2222333.jpg

クリック拡大

これは大きくしないとはっきりしません

紫陽花は七色に変化するから写真を色にパソコンのソフトで分解するとわかりやすい。
淡い色でありパソコンにその色が出やすい、色の特徴が出やすいということである。

ただこれまた自分ながらこんなことに変化するのは常に驚きだった。
新しいものはやはりそこに驚きがある。
紫陽花を見ていれば別に驚かない、いつものように咲いているなと感じるだけである。
でもパソコンで加工変化させたとき抽象画にしたとき、これも紫陽花なのだなという驚きがある。
それがいくつも変化するパリエーションがあるからだ。


だから抽象画はパソコンで新しい分野を作った。
具象画から劣るにしてもやはり新しい芸術をパソコンは作り出したのである。
パソコンと抽象画は相性が一番良かったのである。
俳句をパソコンを作ったりできないがこの抽象画の分野はパソコンが一番得意とするものであことがわかったのである。


ただパソコンで抽象画にしてもそれを見るのは人間の眼であり鑑賞眼である。
だから紫陽花というものの美を見ないものはやはり抽象画ても見えないだろう。
それなんなのとなる。これは芸術一般がそうである。
ただ具象画が一般人でもわかるが抽象画はわかりにくいのである。


人間の世界は常に新しいものの創造である。
紫陽花でも新しい品種が作られているように新しいものを作り出さない限り停滞する
それはあらゆる分野でそうであり農業でも変わらないと思っているが変わっている


絵画でも印象画が生れた時は驚きであった、それも絵の具が新しく作られたことで
新しい画風が生れたのである。だから技術の革新は社会全般に及ぶ
実用の世界にも芸術の世界にもそうだしだからパソコンの発明は最大の発明だったことがわかる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100883424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック