2014年06月24日

夏の夕べ(この世は常に無常だったー隣も回りも変わって人が住む)


夏の夕べ(この世は常に無常だったー隣も回りも変わって人が住む)


老鶯や日々草の茂り深しも

畑に人働きはじむ夏雲雀
畑に人海風涼し夕べかな
夏の日や我が里めぐり夕燕


分かれ道道標ありて草むしぬ栃窪村へ夏の夕暮

分かれ道道標ありて旅心湧きにけるかな
我が庭の紫陽花の色変わりにつ人も変わりて我とあるかな
住み替わる家にしありや庭残し百合は咲きにき主変わりぬ


浜街道の横手の古墳あるところから栃窪村へと通じる小さな道標がある。
そこには栃窪村へと記してある。ただあれは明治以降のものだから
古いものではない、それでも街道から栃窪へゆくのは相当に遠い。
車だからそうした遠い感覚が失われただけである。

毎日自転車で買い物とか狭い範囲を行ったり来たりしているだけである。

でも何か自分は旅してきたから旅は家にいてもつづいている。
分かれ道はやはり旅心が湧く、ここで道は別れる、それは道は未知なのである。
その未知に誘われるのが旅なのである。
だから分かれ道は印象に残るのである。
昔も分去(わかれさり)が地名化していたように印象的な場所だから地名として残った。
歩いていたからそこで人と人は別な方向に行きあとはなかなか会えない、永久の別れともなるのである。


夏は今は梅雨だけど遠くに旅したい季節である。ただ暑いとバテるからだめである。
昨日はからっとして風も涼しいから自転車で気持ちよかったのである。
自転車はまともに日差しを受けるから暑いと余計にバテる。

人間は本当に無常なのだ。無常とは常ないことなのだ。この辺は全くあまりにも激変して無常そのものだった。
近くに家を建てたのは烏の人だとか隣の人はイワキに移り老人ホームに入ったとか
一人は死んだとか近くでも次々に変わる。
会う人も次々に変わるのである。家族だって死んだしこれも変わるのだ。
家族すら本当に無常であり常ない関係である。

無常こそ現実でありそれをさけることはできない、人生は無常だということを前提にして生きるほかない、それを避けようにもさけられないのである。
いやおうなく無常を生きるほかないのである。

だから旅が人生だったという時、旅だったら一時泊まりまた次の宿へと移るから旅自体が常住ではない無常を生きることになる。

それが原発事故で避難区域ではもう故郷にも住めないはとなる無常が町全体のことになってしまったのである。
津浪の跡が葦原になったのも無常であり原発事故の街が無人化したのも無常である。
こんなことになることなど想像もしなかったから無常を特に感じてしまう。

人間の世は別にこの辺だけではない、こうした無常があり生きてきたのである。
ここだけであるのではないし今だけであるのではない、常にこの世は無常であり
変わる世なのである。


わずかにこの辺でも畑で働きはじめた人が見える。働く人がいないことは何か欠けている。田畑に人がいて働く人がいて土地も生きている。ただ機械がそこにあるだけでも活きてこない、人がいてこそ生きる。
家だって誰も住まないと空家のままでは活きてこない、この空家も膨大に増えているのだ庭残してそこにユリの花が咲いている。そこにまた新たな人が住み始める。


草の戸も住替る代ぞひなの家 芭蕉


草の戸とも違っていたがそれとにている。家も無常であり永遠に住むことはできない、
それで家の始末に困る人もでてきているのだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100363889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック