2022年10月14日

ヨ−ロッパ中世と日本の歴史の共通点 (日々の暮らしの食糧から見る―身近なことで歴史を知る)


ヨ−ロッパ中世と日本の歴史の共通点

(日々の暮らしの食糧から見る―身近なことで歴史を知る)

euhistory2222.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=F4N_FdG_CCs&ab_channel=%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8F%B2%
E8%A3%8F%E6%8E%A2%E8%A8%AA

●食べるものから歴史を知る

このyoutubeで見たが日本とヨ−ロッパの共通点があった、何かヨ−ロッパとか外国はわかりにくい、でも人間は食べなければ生きていけない、では一体食事はどうしていたのだろうかとなる、そういう基本的なことから歴史を見てみる
そうするとわかりやすいし共通点があることでやはり人間はどこでも同じなのだなと見たヨ−ロッパとかの歴史だと何かむずかしいことを語る、そういうのも必要でも興味がもてなくなる、それが歴史の勉強では問題なのである
何か身近でわかりやすいことからも歴史は見るべきなのである

何かわかりにくかったのはローマの貴族でもローマ帝国が衰退してからその人達が農奴になったということがあったのかとなる、没落して農奴になった
中世は領主がいてその下に貴族がいてカトリックの司祭とかいた
その人たちはいいものを食べていたのである、肉はその頃贅沢で食べられなかった
貴族は肉を食べていたのである


●水は土地が悪く飲めるのが少なかった、水の代わりにばい菌のないビールを飲んでいた
●パンにもまずいものといいものがありまずいのは食べるのにオートミルを飲んで食べた
●麦から作る米やビールが栄養源、麦の不作は飢饉になった

●肉を食べられたの貴族と聖職者―庶民は祭りの時食べるだけ

農家は「粘土と木材からなる」「地面からあまり高くない」「麦藁で葺かれている」のが当然だった。レンガが製造されるようになってからも、農民の間では石造家屋は稀だった。ガラス窓も稀なモノであり、通常は四角い小さな穴があって、それを木製の雨戸で閉めていた

農民の食事は「大麦orライ麦のかゆ,パン,塩魚(四旬節の食べ物),野菜,チーズ,卵,ベーコン」からなっていた。農民が肉を食べたのは休日だけ(だから休日は“肉の日”と呼ばれた)であり、そもそも家畜の疫病が度々発生したから、肉は乏しかった

繰り返す飢饉の間には事情はいっそう悪化し、人々はただ餓死を免れるために、根でも雑草でも樹皮でも(それどころか人肉さえ)食して生き延びた。これは穀物取引がほとんど発展していないことも一因だった。飢饉に見舞われた地方に穀物が届くのは、通例は飢饉が襲ってからであり、このため穀物価格は(住民が手に入れることができないほど)騰貴した
https://ameblo.jp/sumire93/entry-11614015879.html

●農奴の藁葺の家と食料

藁葺の家となれば日本は戦前まで藁葺の家だった、今でも藁葺の家に住んでいたという老人がいる、パンは良質なものは貴族が食べ農奴は黒い栄養の悪いまずいパンを食べていた食べ物も貴族と農奴では相当に違っていた
農奴にはまた土地にしばりつけられて自由がなかった、でも逃亡して都市に逃げるとそこで自由になった、都市は自由にするということはそこから由来している

中世のヨ−ロッパとか古代史でも外国になるとわかりにくくなる、日本でさえわかりにくいのである
でも何を食べていたかということでそこをてがかりとして歴史を見るのも身近だからわかりやすくなり人間はどこの国でも食べなければならないのだからそこで歴史を実感する
だから縄文時代に何を食べていたかを実験すれば縄文時代でも身近なものとなる

日本でも農民の暮らしには共通性があった、ヨ−ロッパではパンの良し悪しがあったが
日本では米をまともに食べられず稗とか粟とか山国だと蕎麦を食べていた
つまり米はみんな食べていないのである、かて飯というとき御飯にいろいろまぜて食べていた、つまり米がそんなにとれないから別なものでまかなうとなっていた
ともかく人間はどこに住んでいても何かを食べなければ生きていけない
そこから人間の歴史を見るとわかりやすいのである、他のことは宗教の歴史でも法律の歴史とかいろいろあってもむずかしいのである
人間は何か歴史でも必ずしもむずかしいものからではなく極身近なことから歴史を見る
そうすればヨ−ロッパでも理解できるとなる
ヨ−ロッパでは領主が大きな力を持っていたの土地をもっていたからである
日本でも土地をもっていたのは封建領主であり似ている面がある
でもヨ−ロッパの方が権限が大きいものだったようだ

それから中世のヨ−ロッパの土地は栄養分がたりない土地だった、それで領主が税をとりにきたとき鍋に動物の糞を入れたもを出したという、糞が肥料になっていたのである
それが貴重だから鍋に入れて税として納めていたのである
ここでもわかるように農業とは肥料が死活問題になっていたのである
日本でも戦後まもなく近くの農家の人が糞尿を集めて肥料にしていた
田舎の香水は糞尿の肥料のことだった、今では農薬になったがその肥料となるものが外国からロシアから主に入ってウクライナ戦争で高騰したとき物価が上がった
それが相当に影響している、それだけ肥料は農業にとって大事なものなのである
農業というとき肥料でどれだけ苦労したかを見るべきだとなる

euhistory111.jpg

動物の糞を入れた鍋ー肥料がいかに大事だったかをこれでわかる

●ヨ−ロッパ中世の農奴の過酷さ

そして貴族と農奴とか庶民の差は食べるものにあった、これはわかりやすいのである
ただ農奴でも祭りの日には肉を食べていた、それは日本だったら晴れの日でありその日は贅沢した、正月とかそうである、餅とか食べられたのは正月だったのである
それからこの辺では石鰈とかは贅沢であり大晦日とか正月に食べるものだった
それは日本全国でそうだったのである、だから食べることから世界を見ると共通したものがあると見た
また農業から歴史を見るとやはり共通したものがある、肥料で苦労していることは共通しているからである、ヨ−ロッパは余り土地が肥えていないから苦労している
水でも良質な水でないから飲めないのでビールやワインを飲む習慣が生まれた
日本でも酒は栄養がありただ酔うためにではない栄養補給のために飲んでいたのである
それでザビエルの弟子なのか日本に来て布教するとき酒を飲んでいたという
つまり酒は栄養があったからそうなったのである
だから栄養をどうしてとるかということでは共通している
何か全く理解できないものを食べていることはないからである

それにしても中世の農奴は過酷だった、労働でも過酷でありまともに栄養がとれない
だから早死にする人も多かったのは当然である、でも貴族はいいものを食べていたのである、その相違がヨ−ロッパでは大きいものだった、日本だと侍と農民の食べるものはそれほど違っていない、とういうのは全体的に貧しいからそうなっていた
殿様でもそんなにいいものを食べていたともならないのである
ただ米くらいはいつも食べていたとなる

中世の農民の主食はパンだけどこれを焼く窯がないのでそこで焼いてもらうにも金がかかった、水車も利用したがそれを借りるので金がかかったから負担になった
それを作るだけの資力がなかったのでそうなったのである
それは今なら機械を持っている資本家とそれを持たない無産階級だとかなる
だからそのパンを焼く窯をもっていた人は恨まれたとなる
そうなるとマルクスの資本家階級を恨む、階級闘争という理論がそうした歴史からも生れるとなる、日本ではそういう明確な差がないから階級意識も生れなかったとしている
士農工商は最近では職種のことであり階級ではないとしているからである

中世ヨ−ロッパの環境は劣悪だった、だからこそペストが流行して三分の一が死んだとなる、糞尿も処理されていないし水も飲めないとかありそういう環境ではどうしても疫病が蔓延したのである、日本では水は江戸水でも飲めたから水には恵まれていたとなる
水道の水は外国では飲めない、スイスくらいしか飲めない、でも日本では水道の水は飲める珍しい国なのである
農奴というときロシアではまだ農奴というのが現実に存在しているのかもしれない
中世では戦争に戦闘の訓練をしていない農奴が戦場で兵士にされたとある
するとロシアでも今訓練していない人がウクライナで兵士にされて戦わされる
それは都市部の人ではなく地方の農民なのである、何かそういうことに歴史の連続性を見る、過酷な労働とか兵士とかに皇帝の命令でされるとなる

結局こんなふうにヨ−ロッパの中世でも過酷だったのである

まずいパンだな、肉なんか簡単に食べれねえ
早く祭りがこねえかな、肉を食いたい
パンを焼くにしても窯がない
それでまた金がとられふんだくられる
領主様が怖いから文句を言えねえ
藁葺の家も糞尿でかためて臭い
藁で家畜と一緒に寝る
そして今度は戦争になり兵士にされて戦わされる
こんな暮らし地獄だぜ
でもここから逃げたかったら都市に行け
そこには自由がある
土地に縛り付けられて生涯働かされることはねえぞ
ああ、うめえいパンが食いてい、ゆっくり休めてい
いつなったら楽になるんだ俺たちは・・・・・

では領主や貴族はどういう感覚で生きていたのか?
農奴などどうでもいい、ただ不満で反乱を起こすことがあるからあまり厳しくはできないその辺の加減が問題なんだよ、百姓は生かさず殺さずなんだよ
今日も肉をたらふく食うか、多少の残りものは農奴に食わせてやろう
日本でも農民が働かなければならないのだから過酷過ぎたら農民でも反乱するから手加減したとなる、それは自分たちのためでもあったからである

●ビスケットの由来

ともかく何か歴史はこうして外国でも日本との対比でみたり食べ物か歴史の連続性を感じるとわかりやすく実感をが持てるのである

大航海時代の船乗りの代表的な食事はビスケットでした。航海中にパンを焼くことはできませんからカビない様に固く二度焼きしたパンです。二度焼き(ビスキュイ)からビスケットと呼ばれる様になりました。焼いてから3日もすれば1年たったパンの様に固くなり保存食となりました。
https://histori-ai.net/archives/489

ビスケットにこんな由来があったのかとなる、カビないようになるというから保存食だったのである、何か野菜でもカビが生えてこまるからである
こうして何でも食べ物でもその成り立ちとか由来を知るとその味もまた違ったものになるただまずいとかうまいというだけではない歴史を感じつつ食べるのである
それは別に食べ物だけではなくあらゆるものに歴史かあるからだ、家にもあるし道具にもあるし着るものでも何でもある、その歴史を知る時何でも味わい深いものとなる

人間の歴史をたどり見る時見えてくるものがある、今がいかに豊かで楽な暮らしかとなるただ一方で今の不足している苦しい面も見えて来る
それは時代によって違うからである、ただ人間は一時代しか生きられない、でも歴史は連続したものとしてありそこからまた未来を見るのである
今の豊かになった生活の反省もある、こんなに食べ物でも無駄にしている時代はないからである、それは日本の江戸時代でもそうである、ヨ−ロッパの中世と似ているからであるただ日本では侍がいたとしてもそれがヨ−ロッパの貴族とは違っていた
侍はそれほど食べ物でも贅沢していないしできなかったからである
下級武士となるとたいして庶民と変わらなかった、それで内職したり庭で野菜を作ったり柿を植えて食料としていたからである
その内職したものが今ではお土産とかなっているのである

大石内蔵助の妻、りくの里は但馬豊岡ですが、その特産品の柳行李はりくの弟が発明したものです。

砂鉄の産地の倉吉では稻こきの道具(千把こき)、大和郡山藩では金魚を特産品にしていましたが、いずれも下級武士の内職から始またものですね。
https://ameblo.jp/hitosasiyubidesu/entry-12458118810.html

ヨ−ロッパの貴族ではこういうことはしていないだろう、それだけ日本の貴族といっても武士は貧しかったのである、でもなぜ領主と貴族がヨ−ロッパでは富を得たのか、農業だけからだとそんなに富を得られないとみる、後の貴族はイギリスとかなると外国を植民地にして富を得たのである、日本の侍とヨ−ロッパの貴族は相当に差がある
だからマルクスの階級歴史観が生まれたのである、明らかに貴族が下の階級を搾取したと見えたからである

日本の明治維新は下級武士が成したのであり庶民ではなかった、その下級武士は貧しかったのである、ヨ−ロッパでは貴族階級が強固にあり階級社会がありそれでフランス革命で王様がギロチンとかで処刑された、王侯貴族が処刑されたのである
それは富の差が大きいからそうなった、つまり極端な格差社会になると上級国民でも危険なのである、そういう社会は富める者でも住みにくいし危険なのである
ヨ−ロッパの貴族と日本の侍とは違っている、ヨ−ロッパの貴族は庶民とは格段の差があり別世界に住んでいたとなる、でも貴族でも平等化したのだが依然としてヨ−ロッパには階級社会が根強く残っているという、貴族階級の言葉と庶民の言葉が違っているという
日本でも侍言葉がありそれが庶民に伝わったことは確かである
でもそれほど明確な差は日本にはなかったのである
士農工商とは階級ではなく身分ではなく職種の相違だと今では見直しているからである