2020年11月07日


エホバの証人のボランティアにかかわる勧誘に注意

何かわからなかったが女性から電話がきた、最近ずっと電話に出ていない、変な電話が多いからだ、でも用事ができて電話に出る必要がありでた
それが失敗だった、何か駅のことでボランティアのことで聞いてきた
何か私のプログでも読んでボランティアしたい人なのかと思った
それでわからないままにいろいろ経験したことを声明した
こういうことはネットとかでもあり相手のことがわからないから話さなくてもいいことを話したのである
つまり対話するには相手がまずどういう人か知らないと対話できない
私はこういうものですが・・・聞きたいとならないと対話できないのである
だから今ではプログを書いても対話していないのである

自分なり詳しく駅でのボランティアのことを話した
何かその人も駅にかかわりボランティアするようなことを言っていた
長く話したが最後に(私はエホバの証人)ですと言ったので切った
何でそんなことを聞いてきたのか?
それはボランティアを通じて布教するためだったのである
そんなこと駅でできるのか、許可されるのかできない
そもそも布教のためのボランティアは本来のボランティアとは違ったものになる

とにかくなぜエホバではそんなにしつこく勧誘するのか?
その理由がわからない、創価なども一時しつこく勧誘して顰蹙をかった、今はあまりしていない、そもそもなぜそんなに会員を増やしたいのか?
それは会員を増やして権力をもつ日本に力を行使するためなのである
それは韓国系のキリスト教でも言える、外国系のキリスト教を受け入れることは危険なのである、その背景に国家があり国家が関与して他国を支配してゆくことがあるからだ
それで秀吉からキリシタンを禁止するようになった

宗教を説くのではない、会員を増やして一票をとり政治権力を得たいとかがある,
創価などはそうである、ただ日本人だということは違っている
エホバの証人の本部はアメリカにあるからだ
するとアメリカ的なキリスト教を受け入れることになる、それが問題なのである
それで内村鑑三はアメリカでキリスト教を学んでも外国人の宣教師を拒否した
金銭崇拝のアメリカを批判していた、そして日本人のいい点を見出した
こういうことは外国生活経験している人はそうなる、実際の生活から比較できるからそうなる
アメリカが何でもいいわけではないのである
別に布教するにも会員を増やすとか権力を得ることに関係しないならいい、でも実際はそうではない、アメリカが背後にありアメリカの意向が日本人にも反映されてくるのであるそうして日本人の良さは失われる
現実に戦争に負けてから日本人の良さは失われた、もう日本人ではない、アメリカ人になったのが日本だったのである
もちろんアメリカの良さもあるがすべていいわけでもないのである

例えば日本の歴史でも奈良時代に中国文明を習ったとしても宦官制度を取り入れなかったとかすべて取り入れていない、漢字でも取り入れてもその漢字の意味が同じ漢字でも中国人が意味するものと日本人が意味するものが違うようになったのである
つまり日本人化した漢字になっていたのである
それは仏教でも日本人化した仏教でありもともとの仏教とも違ったものになり鎌倉時代に全盛時代となる、親鸞とか日蓮が日本的仏教の創始者になったからである

内村鑑三のキリスト教は日本人的キリスト教なのである、武士道キリスト教というのもそうである、それはアメリカ的キリスト教ではない、アメリカ的キリスト教は宗教を事業のように考えて慈善を強要するのである、宗教を心の内面のものとしない
それで会員がふえれば成果としてみる、一人でも改心すればいいとかないのである
宗教が内面の心の問題だとするとき集団化組織することはない、せいぜい二人三人集まる所に私がいるだろうとキリスト自身が言っているからだ
そんなに会員が集まる所にいるのはサタンだともなるのである
なぜならその人たちは実はサタンに導かれているともなるからだ

キリスト教は別に教会に行かなくても布教されなくても聖書を読まなくても神を知ることができる、私は一回も教会に行ってキリストの話とか聖書のことを聞いたことがないのである、だからある意味で奇妙だとなる
ただ私は何か迷える子羊であり変なカルト教団に入ったりまた一時は工事現場から落ちて死ぬような経験したり天才的な師を崇拝して偶像崇拝になったりしてその偶像を拒否して神を知ったともなる
だから本当にそうなったことは奇妙だとなる

ただ私が求めていたのは死の問題であった、父親が中学生で死んで以来死のことばかり考えるようなったのである
それで宗教を求めるようになったのである、自分にとって宗教とは死の解決をすることだった
その死を解決するのは聖書でありキリストが死から蘇ったことで証明している
それは永遠の命がエホバから与えられるということである
さすればその人は信仰者になるキリスト者になるのである
かえってそうした集団組織に入ると永遠の命は得られない、まず聖霊は集団には与えられない、個々に与えられる、その経過も違っているからだ
組織集団化したキリスト教でも宗教は実際は宗教ではない、何かそこで信徒として支配するとかなる、だからプロテスタントには牧師はいないのである
牧師に支配されるたのがカトリックだからである

いづれにしろ「求めよ、さらば与えられん」というときそうしたアメリカ系統とか韓国系統でもそういう組織集団に求めることは危険なのである、そこで奴隷化されるからである宗教は奴隷化するためにもあるともみるからである
教会でもそうである、何かそこでも背後にアメリカなどからの金銭的援助があって成立しているかもしれないからだ
むしろ求める時、そういう場所に行かない方がいいともなるのだ
ただ正直は自分は特殊なものとしてそうなったから模範になれない
でもみんな教会に行って信者になると思っているがそうではないのである
そういう場所に行くことはかえって本来の信仰から離れ別な目的のために使われことになる、それは日本のカルト教団でもそうだったからキリスト教でも同じなのである

ともかく何らか会員を獲得するためにボランティアにかかわる
そんなことのためにボランティアをすることは間違っている
ボランティアで社会に貢献していることを言う、それも会員を増やす手段としてそうしているのである
一番の問題は背後にアメリカがいてその影響が日本に行使されることなのである
だから内村鑑三は外国の宣教師はいらないと言ったのである

何かコロナウィルスで一軒一軒勧誘にまわりにくいとか会合もきないとかなった
これはそんな宗教でもない集団勢力を弱めた、韓国のキリスト教のカルト教団でもクラスターが生じて教祖が謝った
ソーシャㇽデタンスとうのも密を避けるというのもそうである
そもそも宗教が集団示威行動するものではない、密室で一人祈れとキリストも言っていからだ
だから現代の宗教は異常なのである、また都会に密集して人が集中しているのも異常なのである
都会自体が密だからコロナウィルスを止められないとるからだ
だからこういうとは神からの警告なのかとみるのある



posted by 老鶯 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

晩秋に仙台から常磐線で帰る(詩) (仙台市に人が集中しすぎる)

   
晩秋に仙台から常磐線で帰る(詩)

(仙台市に人が集中しすぎる)

sendaistreet1.jpg

仙台駅の東側き通り

snowzaotrin1.jpg

初冠雪ではないけど冠雪の蔵王が見えた

車窓に初冠雪の蔵王見ゆ

バス停に待つ人の列落葉かな

人に散る木の葉や街の通りかな

秋の夜や一人おりゆく日立木駅


宇多川に秋の鴎の数羽かな城下町なれ電車過ぎ行く



仙台駅の東側
新しき大通りは開けぬ
若き等の自由に行きかう
大都市は膨張して拡大する
人はここに集中する
我は常磐線に帰りぬ
都会のまぶしい夜の灯
やがて暗闇は深く
点々と灯の淋しく灯り
日立木駅で一人おりる秋の夜
我が町に帰り着く
なおかすかに残る虫の音を聴く
家族と今はなしも
猫一匹の待っている
我が家族の在りし日を想い
我が家に安らぐ
都会に人は集中しすぎる
田舎の街を歩む人はまれ
商店街はさびれている
田舎では木の葉は山に散る
木の葉は山深く散り土に還る
山の静寂につつまれ命を終えぬ
大都会の不自然な人工物
ここに本然的安らぎのなし
命は何か不自然に消耗される
我はここに老い老木のように
大地に根付いて朽ちてゆく
華やかな大都会は夢なりて消える
木の葉は山に散り土に還り
静けさにつつまれて眠る
月の光がさして明るい
ここでは電気でなくて月が主役である
天然の光で癒され深い眠りにつく  



キタムラでレンズを取りに仙台まで行った、このレンズが大問題だった
カメラと合わないレンズを買って大失敗した
キタムラだと店で受け取れば合わないと返すこともできるから便利である
レンズは中古品が多い、新品となると高くなる、だから中古品の市場が盛況なのである

仙台駅の東側が発展している、仙台市は相当に膨張し拡大している
若い人が歩いている、若い人の熱気がある
それは相馬市とか原町市とか4,5万の都市で今通りを歩いている人はほとんどいないからだ、その差が大きいと思った
仙台市には若者が集まっているのだ、東北福祉大学が東側の駅前にあった
そうなると便利である、街の中にあるのだから利便性がいい

とにかく震災以後仙台市に東北から人がさらに集まるようになった、津浪の被害地でもそうだし原発の避難民も仙台市に移り住んだ、仙台市に住みたいという人が多い
どうしても若い世代は都市に集中する
そして田舎は取り残されているようになっている
ただ常磐線沿線は電源地帯であり原発以後も相馬市と新地に火力発電所とかあり原町にある、それが経済を支えているともなる

最近は仙台市にもほとんど行かない、今年だって一年に数回しか行かない
前は一週間に一回くらい行っていた、その時は本を買うためだった
今は本は通販でいくらでも買えるから仙台に行く必要がなくなったのである

そして年取ると大都会はなじめない、人ごみも嫌である、疲れるのである
足が悪くせいもある、何か歩くと調子悪くなる、今回も歩いて足が悪くなった
歩きなれてないせいもある

仙台市は大都会でもまだ名取から岩沼辺りになると田んぼがあり阿武隈川を越えると田舎になる、だから東京辺りとは違う、自然がまだ身近にある
そして家に帰ると残る虫の音を聞いた、とても仙台では虫の音は聞けない
田舎だとまだ残る虫の音が聞こえるのだ

そして木の葉が散るという時、山に散る木の葉は都会の通に散る木の葉とは違う
木の葉は山に還り土に還るのである、それが自然なのである

大都会だけに人が集中するのはアンバランスである、もっと分散すべきである
4,5万の都市でも通りを人が歩いていないからだ
そして通りがあってもそこに店とか何か通りに花を添えるものがない
この辺の新しい通りは畑があり店は作られていないからだ

いづれにしろ大都会に人が集中しすぎる、小都市は何かさびれている
そのアンバランスは世界的なものであり大都会に人が集中している
いづれにしろ年取ると都会は嫌になる、ただ疲れるだけになる
ただ若い世代ばとうしても大都会に集まるのである
仙台市でも大学も多いし学園都市ともなっているからだ
若者があんなに歩いている光景など地方の小都市などでは見ないからだ
それだけアンバランスになっているのが現実なのである
ただ心が癒され安らぐ場所は田舎である、特に飯館村とか森に囲まれた場所は安らぐのである、都会が必要なのだが田舎も心の安定を得るために必要なのである
それがアンバランスになっていることが問題なのである