2020年08月01日

去年の水害の爪痕 (上真野川―水無川の被害が大きかったー復旧は長くかかる)

 去年の水害の爪痕

(上真野川―水無川の被害が大きかったー復旧は長くかかる)




mapjisabara1.jpg

mapjisabara2.jpg

mizunashiii1.jpg
これは小池の付近である

kazaana123.jpg

風穴の湯への橋が壊れた

これも不便だったと見た、渡ることができないからだ


mizunashik3.jpg

ここはなんとか自転車で通れた


mizunashik444.jpg

mizunashirr77.jpg
mizunashik55.jpg

mizunashi666.jpg

ここで完全に通行止め

jisaba77.jpg

橲原(じさばら)は草ぼうぼうで田畑は荒れている

ここは回復しないのか ?




上真野川というより水無川である、ここは下の方では普通は水が流れていない、水は下をくぐって流れている、でも上になると水は流れている
小さいようで上になると結構大きな川にも見える
この川のさらに奥は神秘的な場所になる、そこに行く道はなくなっていた

とにかくこの川沿いに道が寸断されていた、それも大きくえぐられて危険になっていた
こういう場所は車は通れない、自転車だとたいがい通れるのである
でも急に前が崩れていると怖いことがある、それは高倉の方でそういう場所がやはりあり危険だった、前は陥没していたからである

去年の水害は思った以上深刻だった、いたるところに水があふれて砂利が流れだして道をさえぎった、木も流された、相当な水量だったのである
それで丸森町で被害を大きかった、何か雨の量が相当なものだったのである

この復旧は長くかかる、新田川でも被害があり壊れた土手は復旧していない
何か災害がつづく、災難の時代なのである

浜通りは海側は午から晴れた、山側はまだ梅雨の雲がある、でもそろそろ梅雨は明ける
長い梅雨だった
posted by 老鶯 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波水害関係