2020年05月10日

放射線量もコロナウィルスも数字で計る (科学は数字でも社会はすべて数字で計れない)


放射線量もコロナウィルスも数字で計る

(科学は数字でも社会はすべて数字で計れない)

原発事故で常に放射線量を計った、その計ることが機械があれば素人でもできた
だから浪江町から双葉町に入る時に0.5マイクロシーベルとか7マイクロに変わったとき驚いた、このようにはっきりと数字ででる
それは素人でもわかったのである、屋根にたまった放射性物質は樋から流れる
すると樋の下は7マイクロとかあった、これもわかりやすい、まわりは0.2マイクロだったからである

このように他でも明確に放射線量はわかる
それで飯館村でモニタリングポストの下を掘って放射性物質の土をとりのぞいて置いた
でもその周りは倍くらい高かったのである
つまりこの時大成建設では不正をして低くみせていたのである
それを飯館村の人が指摘したのである
それができたのは放射線量は素人でも計れるということだったからである

コロナウィルスはまず素人では計りえようがない、検査しようもない
すると専門家の言うままになる、何が本当なのかどうかもわからない
実際は検査していないから感染者の数は百倍もあるとされている
でも素人では何か機械をあてて検査できない、放射線量は体でもできたからだ

ただ放射線量で数字で計る、コロナウィルスでも感染者の数を常に見ている
数に左右されるのは同じだった
感染者が今日は何人とか毎日報告したからである
でもその数に一気一哀するのはおかしいという科学者もいた
そこに数字のトリックがありだまされるとしている
何か数字信仰のようになる、数字がすべてになる

不思議なのは地方では感染者が少ないから安全なのかと思う
それなのにこの辺でも毎日連休が過ぎてもスピーカーで危険を言っている
そして今日蔦屋に入ったら書店でも多人数で入るなとか長くいるなとか呼びかけている
どこでもマスクしているから常磐高速の鹿島のSAでは掃除している人がマスクをしなかったらマスクしない人は入れないと昨日は言われた
でも遠くから来た人はマスクしないで入っていたのである
これもおかしい、過剰防衛になっている

何かこのコロナウィルスは正体不明で怖いことはわかる、でも数字から計算するとそんなに怖くない、インフレインザより死者数も少ないとか過剰防衛になっている
その原因が正確な感染者とか政府でも調べて発表しないとかあるからだ
それで国民も疑心暗鬼になり過剰防衛になっている

放射線量でもモニタリングボストで低く見せたと同じことをしていると感じている
外国では隠蔽しない、というより死者数が多いから隠蔽できない

だから日本でぱなぜ感染者や死者数がこんなに少ないのか?

それが外国から見ると不思議だとなる、原因は何なのか?

●日本人特有のものBCGとか体質とか食生活が関係している

●政府が感染者と死者数を隠蔽している、正確に検査しない

このどちらかである、ただ死者数は隠せないとしている

ただ本当の感染者数がわかれば国民がパニックになる
それで数を極力おさえている、まず検査数が少ないのだからすでに百万単位で感染しているという学者もいる

でもそれでも死者数とか重症数が少ないのなら抗体がすでにできたためだとなり安心である
感染者数が増えてもかえって抗体を持つ人が増えるのだから安全だとしている
そういう政策をとったのはスエーデンである

ともかく科学とはつくづくこのように数字の問題になる、現代は何かとあらゆることで数字が問題になる、経済も統計であり数字で計る、だから株でも常に数字とかグラフを見ている
だから何かそこに血の通った人間を見ないのである
官僚とかでも常に国民を数字で計っている、すると血の通った個々人は見えなくなる
なぜなら相手しているのは国民であってもそれは数字としての国民なのである
そこに何か非人間的なものとなり政府でも首相でも国民はただ数字だとしか見ないということがある
だから個々人の苦しみでも感じないのである
それが現代文明社会だといえばそうなる

何かこんなに数字だけに左右されるのがいいのだろうか?

数字だけで社会のすべてが見えるのだろうか?正確な数字を出してもらうことが安心になる、それは必要である
変なのは感染者数は昨日は百人であり今日は50人だと報告されると安心する

数が少ないから安心だ!

これも何か数にだまされているともなる、一種の数の洗脳である
感染者の数ではなく重傷者と死者の数が重要だとしているからだ
感染者がいくら増えても重傷者と死者の数がふえなければかえって抗体が作られて安心だとしているからだ

結局放射線量でも常に数で計りそれで安心したり不安になったりしていたのである
見えないものだから数で計るほかないしそれしか感じる方法がないからそうなった
今回でもそうである
この辺だと10数人感染者が出たとしても東京と比べて少ないから安全かと思ってしまう現実はもっと多いのかもしれない、でも放射線量のように計れないから発表された数字で計るほかないのである

要するに検査を増やして感染者の正確な数を計れ!

これが正論になる、別に増えたとしても重傷者数と死者数が増えないなら安全なのであるそうなると日本がでは何かすでに抗体があり死者数が増えないとかなり安心になる
なぜそれを最初からしなかったのか?それがわからなかった

いづれにしろ人間社会は科学時代でも科学の基本が数学に数字にあるとしてそれだけで計れない、そこには血の通った人間がいてその声も聞くべきだとなる
すべてを数字で計ると血の通った政治もできない、何かここに科学の基礎が数学であり
社会を見るのが人間を見るのが文系だともなる
理系と文系の分化がコロナウィルスでも現象化したとなる
それで専門家会議に経済の専門家を入れろとういのはすでに自殺した人もいるし
経済の影響が大きくなると自殺者が増えるとか深刻になるからである
ただ感染者数を減らす数字だけを見ていては肝心の血の通った人間をないがしろにする
数字だけをみて判断するのも危険なのである

とにかく過剰防衛になっている、それは日本人の同調圧力となり告発して村八分のようになる、何か戦時中のようになっているのかもしれない
「勝つまではほしがりません」とかみんなマスクをしている
戦時中は鉢巻をして鬼畜米英と戦ったとにている
日本人は同調圧力が強くそうなりやすいのである
マスクをしない者は非国民だとか自粛をしないで店を開けるのは非国民だとかなる
それが何か一斉にそうなり強制的になりファシズムのようになりやすいのである
東京はある程度数が多いからしかたないとしても地方だと少ないのである
10数人でそんなに厳しい措置が必要なのか?
それは実際の感染者の数が地方でもわからないからなのか?
過剰防衛になっていることは間違えない、そうしてこの辺のようにゴーストタウンのようになり困窮して自殺者が増えたり犯罪が増える方が怖いのである
posted by 老鶯 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

科学の時代でも科学が無視される (マスコミの報道で真実が歪められるー武田邦彦氏の主張から)


科学の時代でも科学が無視される

(マスコミの報道で真実が歪められるー武田邦彦氏の主張から)


現代は科学の時代である、科学技術なしではありえない社会である
だから科学技術者が一番重要な役割を果たしている
昔は預言者とか聖職者とか僧侶とかが力をもっていた
それは会津で8世紀とか早い時期に大きな寺院が建設された
それは病気を治すための加持祈祷のためである
ウィルスでもそうだけど科学技術が発達しなければ神仏に祈るほかないからだ
それでた村では様々な病気を直す地蔵がいて目が悪くなれば目を直す地蔵とか
腰が痛くなれば腰痛を直す地蔵とか耳が悪くなれば耳を直す地蔵とかに祈る
それしか方法がないからである 

江戸時代でも医者は仁術というとき医者は病気を治すことができない
するとやはり仁術ということは病気を治すというより慰めるということになる
そもそも直せない病気が多いからである
今のように病気は直せるものとして医者にも期待していないのである
今はみんな病気を治せるものとして医者にも科学技術者にも期待している
それはもう信仰なのである、医者を神様のように頼っているのである
そして医者は科学者は全能のように見ている、今直らなくても将来は必ず治ると期待されている

だから今一番無能化している役立たずと見られるのは宗教者である
仏教でも神道でも僧侶でも神主でもキリスト教の牧師でも何か現実社会で何に役立っているのかとみる、ただ戒名料を馬鹿高くとったり神主でも何を祈っているのか良くわからない
ただ賽銭だけはとっているとかなる
要するに宗教に何ら効能が認められないからである
その割合にしてはなぜこんなにカルト教団でも多いのか?
その理由は宗教は効能がなくなったけど利権団体化して政治団体化して力をもつ
それは創価だけではない、宗教者は宗教団体として組合化して税金をかけられないように宗教が違っていても協力していることでわかる  
利益第一主義であり集団化組織化すればみんなそうである
その利益のために一致団結している
そして何かしらそうした利権から利益から脱することができないのである
あらゆるもものがそうして組織化組合化集団化しているからである

なぜこうなったかというと宗教者が無能化したかというと科学技術の時代になったからである
科学者が医者でも神官であり聖職者になったのである
現代人が崇めるのは科学でありそれに通じたものである
政治家とかマスコミとかはそれに付随して利益を得ている、たいだいそこは文系なのである

だから原発事故でも東電の科学者が十数メートルの津波が来るからそれに備えろと進言していた
そして本当に津波が来たから驚きだった
でもそのことは「安全神話」が権力で作られていたから公にも知らされていない
第一マスコミが知らせないからである

つまり科学的に追求されたことは信用できる

だから科学者や技術者は信用できる

そうなっているのだがその通りには社会は進まない、社会は科学で追求されたことを無視する、それで武田邦彦氏がダイオシキンは無害だったのにマスコミが危険を騒ぎ過ぎた
そのために社会が歪められたとてマスコミを怒っている
科学的真理も社会によってこの時はマスコミによって歪められた
でもその反省もなく罰せられることもないとしてyoutubeで訴えている

ガリレオでもカトリックに科学者として追及して来たことを主張しつづけた
それで否定されても「地球はそれでも回っている」と言ったのである
現代社会は科学技術社会である、それなくしてはありえない社会である
だから武田邦彦氏はコロナウィルスでもこれは普通の風邪だから普通に過ごせばいいとしている、インフレインザと変わりないとしている
ではなぜマスコミでも政府でも経済が破綻するようなことまでしているのか?

そんな過剰を防衛をしているのか?

何か得があるのか?政府にあるとは思えない、原発では警察から検察から海上保安庁から天下り先として役得を得る利益があった
コロナウィルスでは一体誰が利益を得るのか?
政府も巨額の財政支出があり医者でも必ずしも得するとはなりえない
医師会に予算を回すとしてもそれほどの利益にはならない
医師会が検査を拒むのは利権にならないからだともしている

ただマスコミは危険を言うと視聴率があがる、すると宣伝費をコマーシャル代を会社からもらうから視聴率をあげることは利益になる
その利益のためコロナウィルスは日本ではさほどの危険がなく風邪と同じだとしているがそれではテレビを見る人が増えない
だから毎日何人感染者が増えたとか恐怖をあおっている
その手法はナチスのゲッベルスと同じだとしている
つまり何回も同じことを言いいつつげるとそれが真実に見えて来る
恐怖をあおることを何度も言っているとそれが本当に恐怖として洗脳されるのである
カルト教団も恐怖で洗脳するのとにている

人間に恐怖を与える、おびえさせる、それが効果的なのである
人間はそうした恐怖に敏感であり地震のことでも科学的ないにしろ実際はわからないのだから何か恐怖して注目するのである
だからマスコミはそうしして危険をあおり社会を歪めたから罰せられるべきだという武田邦彦氏の主張に共感する
なぜならこれまでは六局しか放送できなかったからである
その影響力はあまりにも大きかったからこそその責任も重大だったのである

でもマスコミはNHKでもそれだけ影響力がありメデアを独占していたのにその責任を自覚していない、だから技術を手に入れるものが誤ると核でも原発として甚大な被害になる
マスコミも放送する機械を道具を与えられたものとして責任を自覚すべきだがしない
それは大きな間違えを報道したとしても誰も責任をとらないからである
ただ原発事故でも誰も責任をとらなかった、政治家も官僚も東電も科学技術者も全マスコミも責任をとっていない
ただ必ず戦争でも3百万人死んだように責任はとらされる
原発事故で周辺の町がゴーストタウンになったように責任をとらされる  

だから報道にもマスコミにも責任をとらせるべきだとなる
なぜなら報道の権利と武器になるメデアを機械を道具を与えられたからである
権利を与えられたものには責任も課せられていたのである
でも一切責任をマスコミはとらないのである
コロナウィルスでも経済破綻するし自殺する人もでた
だからこの影響も大きいから経済をとめることも慎重にすべきである
ただインタ−ネットで個々人にもメデアが与えられたからある程度は報道の公平さがもたらされた、でもまだ依然としてマスコミの影響が大きい
でもテレビ自体がyoutube化するようになるとテレビの影響が大きくそがれる
とういのはそんなにいろいろなものを見れないからである
youtubeを見ているから最近テレビを見る時間が減ったからである

ただコロナウィルスは科学者にとっても医者にとっても未知である
それで対処できないということはわかる、でもその未知なことをいいことにマスコミが誇大に危険をあおり視聴率を稼ぐことは許されないのである
要するに社会は利権とか利益ばかりを追求すると本来の使命が失われる
マスコミでも事実を正確に報道してその判断は国民にまかせる
マスコミが判断して裁判官になり私刑にする、リンチするようなことをしているから問題なのである

また危険を言う学者が医者が選ばれて放送する、マスコミの意図は危険をあおりコロナウィルスで視聴率を稼ぎ宣伝費をくれる会社のために貢献するということでそうなる
その利益も巨額なのである、だから原発事故が起きたとき朝日新聞でもマスコミは全部中国に招待されていた、その時事故が起きたのも因縁だったのである

 原発事故で十数メートルの津波が来る!

こう警告していた科学者集団がいた、でもそれも無視された、利益を第一として原子力村の利権集団に無視されたのである、安全神話はどれほど強固に作られていたか?
これが報道されていたら津波の被害も少なかったかもしれない
なぜなら仙台から宮城県の海岸線は津波の警戒がなかった
それは400年前に津波があったとしても忘れていたからである
それで津波は来ないという確信までになって避難が遅れた、津波を甘く見ていたことがある
だからこの科学者の指摘したことをみんな衆知していれば頭にそのことがあり早く逃げたかもしれないのだ、でもそういう危機感がないから死ぬ人が多かったともなる

安全神話もそうして強固に作られていた、事故はありえないとしていたのである
それで地元の人たちでもそれを信じていたのである
それはとても崩せないものであり津波でしか崩せないものだったのである
民主主義とはそうした原子力村とか利権団体の主張を通すことである
だからそうした利権団体に入らない者は利益を得られないのであるその利益を得るために常に社会が歪められるのである
原発事故では漁業組合は利権団体となり事故前も事故後も利益を得ていた
それだけでない、農協とかでも利権団体でありあちゆるものが利権団体化している
その利権団体を調整するのが政治だともなる

でも公正さを報道とかに求めるとそうした利権団体に組み入れられるとできない
必ずその利権団体に票を得るからと忖度する
そしてテレビとか六局が独占していたがそうした公器を手に入れたマスコミが宣伝費で成り立つから宣伝費を出す会社に忖度する
それは原発事故でもわかった、電事連から800億円とかの宣伝費が出ていたのである
原発は金のなる木だからみんな群がったのである
だからこそその危険性は地元でもみんなによって無視されたのである

だから科学で追求した真理でも事実でもそれがその通りに社会に通用しない
隠蔽されたり科学の真理がそのままに報道されることもない
コロナウィルスでも複雑なのだけどそういうことがある
聖書が予言の書だというとき現代では預言者は科学技術者になった
それで津波を警告するというとき科学者は預言者と同じだとしている
コロナウィルスでもこれからどうなるのか?
それを予言するからである、でもそれが当たらないとしたら科学者の信頼は失墜するのである
預言者は神の言を伝える者であった、でも殺されたりしたのは必ずなんらか不興を買うものがあったためである
科学者でもいくら科学的に追求しても正確にその将来を未来を示すことはできない

つまり未来は神の掌中にある、人間は知ることはできないのである
だから人間の未来を握っているのは人間ではない、神なのである
なぜなら神は人間界でも地球でも滅ぼすことができるからだ
創ることもできるか滅ぼすこともできるのである
人間の未来を決めるのはAIでもなんでもない、神が決めることなのである
そういう権能をもっているのは神だけである
科学技術者でも限界があり実際すべてがわかるわけではないからである
だからこそ何かあるとこうして不明な未知のことが出てきて混乱するのである 

takedacolona1.jpg

posted by 老鶯 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層