2019年12月07日

中村哲氏の殺害と原発事故周辺の事情とはにていた (マスコミの一方的報道も危険)


中村哲氏の殺害と原発事故周辺の事情とはにていた

(マスコミの一方的報道も危険)

この事件を見ても人間に起きることがいかに複雑なのかわかる
例えば毎日起きている事件でもニュースでも本当は複雑怪奇になる
その事情に通じることは事件が起きたらとしてもわかりえようがないのだ
だからマスコミでもただ事実を報道することはいいとして
何かわかったような解説はしない方がいいともなる

何かマスコミは必ず裁判官のように価値づけして格付けして事の善悪を判断する
それが何百万とか一千万単位で見ていたらそれをそのまま脳裏に刻まれる
何も考えないとそのままマスコミに誘導されてそのまま受け取るのである

マスコミの危険性はそうして一方的に報道することである
何をどのように報道するかをまず決めて報道する
そこでNHKの幹部が決める

原発避難者側にまずつくということでこの辺でも放送した
原発避難者様としてあつかった、ある意味で原発避難者に逆らうことは非人間だとまで言われた、そうしむけたのはマスコミである、NHKでもそうである
でもそこには複雑な事情があった
津浪の被害者も同じ場所に仮設に入っていたけど補償金がもらえなかった
そこで補償金を高くもらった津波避難者とは口をきかなかったとも言っていた

でもNHKではまず方針を決めていたのである
それで飯館村の人がトマト農家に採用してくれというとき断った
その時、NHKの放送を見ている人は全国の人でもどう思ったのか?
なんという冷たい農家だと見たのである
でも別に冷たくも何もなかった
津波の被害者は補償金ももらえないから苦しかったから当然だったのである
でもそこでNHKによってそのテレビを見る人は頭にすりこまれたのである
それがもしネットのように何も津波の被害者が優先するのは当然ではないですか
そういうコメントもあったらまた別だがマスコミは一方的なのである
その価値判断を優劣とか善悪をマスコミが決めているのである
ここにマスコミの危険があった、それは一千万との人間見ているからそれによって
その見ている人もそのように見るからである

だからなぜ中村哲氏があれほど命がけで貢献したのにアフガニスタンで殺されたのか?
それは中村氏本人を狙って銃撃していたのである
その解説がここでしていた
nakamuratetu1.JPG


不毛の砂漠で灌漑事業して作物がとれるようになった
そこでその利益配分をなのかで土地のものが争うようになったという
それがこの辺の事情と似ていたのである
中村哲氏が外部の者でありそれも外国人である
その人が善意でしたことは受け入れられると思った
だから実際に地元の人に英雄のように讃えられていた

ではなぜ狙われて殺されたのか?

これが本当に外部からするとわかりにくくなるのである
そこにボランティアでもそうだが複雑なものが地元の事情があった
ただこれは本当に外部からでは理解できないものである
ただ作物が取れるようになりそれでかえって争いになったというのも何かそこにアフガニスタン特有の貧困からそんなふうになった
それだけ貧乏だとなると少しの利益でも争うことになる
それは遺産相続でもわずかでも争っている時代になっているのとにている

とにかく人間の世界は善意がそのまま何でも受け入れられることはない
かえって反発する人も内部の事情でそうなる
だから外部の人がいくら善意でもかかわることは慎重さが要求される
マスコミにはそういう慎重さが欠けているのである
その影響力が大きすぎたのである

マスコミは価値づけとか格付けとか善悪とかを判断するべきではない

事実を報道するのはいいとして何かそれを意図的に操作している
だから番組を作る前に方針を事前に幹部で決めているのである
ただそれがわからないように巧妙にしている場合がある
つまりマスコミは何らか必ずマスコミの報道方針を決めていて報道しているのである

今回の事件は果たしてそんな危険な複雑な場所に善意であれ援助するということが正しかったのか?
それが判断しにくい、それはなぜこんな目に合わねばならなかったのかということであるそれは自分自身が駅でボランティアしていて怪しいとして警察に通報されて人前で職務質問されたことである
それであいつは怪しいとなりそこで駅にいることもできなくなったこととにている
自分のしていることはそんなものであったし中村哲氏の命がけの貢献とはまるで違っていた
ただ善意がすべて受け入れられるとは限らないことである
それが人間の世界なのである
だからなぜキリストが十字架になったのかもそういうことがある
愛を実行してもそれは受け入れられないことがあるし何でもいいことが受け入れられる
訳ではないのである

家の中を見ると、土間に栗が、かためておいてあるのが目につきました。
「おや」と兵十は、びっくりしてごんに目を落しました。
「ごん、お前だったのか。いつも栗をくれたのは」
 ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。
 兵十は火縄銃をばたりと、とり落しました。青い煙が、まだ筒口から細く出ていました
ごん狐ー新美南吉  

善意でししていたことだったが殺されてしまった
そういう悲劇を中村哲氏の事件で感じた
善意は必ずしも通らないしその逆にもなる、それが悲劇となる
何かそういうことがここにもあった、地元の複雑な知りえない事情があった
それほどもしかしたら深刻な貧困があり争いがあり荒れ果てた世界がアフガニスタンなのかとなる
絶望的地獄になっているのかもしれない、ただ日本では安逸に暮らしている時そうした
深刻な事情を察することができないのである
本当になぜそんなことをとこれは簡単に理解できないからである

今回の問題もいろいろ考えさせられる事件だった
それはこういうことを地元で経験したから外国でも同じようなことが起きるのかと思った
ただまずアフガニスタンとかシリアとかのことを理解することは不可能である
そこは奇奇怪怪な世界であり理解不可能になってしまうのである
だからそういうところに安易に入り何かをしようとすることは善意でもできない
善意が善意として通るような世界ではない
そのために敵に味方したとか殺されることもある
それだけ人間社会は複雑なのである
善意が善意としてそのまま通るような世界ではないのである
だからといって中村哲氏を批判するというのではない
そういうことを批判はできない

ただなぜ地元の人に殺されねばならなかったのか・・・・

これが本当に理解できない、そのことがやはりここがどれだけ複雑で深刻な事情をかかえているかわかる
そういうことを示した事件ではなかったか?
お前らは俺たちの本当の窮状を知っているのか?
そういうことを示した事件だったのかもはしれない、そんなことをとてもアフガニスタンの内部から起きるとは思えなかったからである
それは謎であるが自分の経験と照らし合わせてもそういうことが推理できるのである



 今回の件に関してはアフガン当局も日本政府も事前に“襲撃計画”を把握しており、
それを本人に伝達して注意喚起をしている訳だからね。
紛争地域で偶然に出会して襲撃を受けるのとでは、全く意味が違うんだよ。
だから、犬死とは言わないが… って書いたんだよ。
謂わば、周りが身の危険を案じ、忠告をしてくれている訳だから
理解をしていれば、死ななくて済んだ。

とあるイスラム学者が言ってたけどアラブの争いは基本的に水なんだと

この人がお花畑の9条信者じゃなくてもう少しリアリストだったら、

周囲にいたボディガードも死ななくて良かったかもな。
いくら仕事とはいえアフガン側の犠牲者の家族とかマジでかわいそうだよな。

こういう見方もあるのはわかる
水の利権争いは砂漠では一番深刻になる

そしてここで中村哲氏の死を大々的に日本では報道しているが
そこで巻き添えをくって死んだ5人とかはどうなるのか?
無謀な行動で六人を死に追いやった
ということは中村哲氏は軍隊なら上官だった
その部下のことをきづかな分ければならない
もし襲われたら部下も死ぬからである

自分自身だけではない、その人たちの命もあづかっていたとなる
そこで独りよがりな行動はつつしむべきだったとなるのか

だから独りよがりの行動が周りにも犠牲者を出した
もし一人だけで死んだらそうは言われなかった
ただ危険の中で行動して来たのだからそれに慣れていたのかもしれない
でもやっぱり慎重さを欠いていたのか?

俺はアフガン人にはアフガンでぱ襲われない

そういう自身が今までの活動で生まれていたのか?

そういう奢りが油断がまねいた事件だったのか?

これはいろいろと議論をになる事件だった






posted by 老鶯 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

グロ−バル化広域社会化で失われた絆と連帯 (原発事故が家族や地域の分断をもたらした訳ー真宗移民と比べて)


グロ−バル化広域社会化で失われた絆と連帯

(原発事故が家族や地域の分断をもたらした訳ー真宗移民と比べて)

現在の居住地が 5 年前の居住地と異なる人は 24.7% であり,
居住地が,出生時からずっと同じ人の割合は約 1 割にしか過ぎない(国立社会保障・人口問題研究所 2013).

風雪帯びた樹々の連帯

大地に根付く樹々は
風雪を帯びて定着する
そのためには長い時間がかかる
木の生長が50年とかかかるように
一代でその実りを見ることはできない
そして人々が連帯するということは
風雪を帯びた樹々のように
大地に深く根を張り
その土地に連帯を深める
そこに一つの連帯の殿堂が生まれる
それがその土地の歴史である

盛んに震災以後絆のことが言われた、その絆とは何であったのか?
それは外部がそういって外部との絆が生まれたのである
なぜなら実際に復興させたのは外部から来た人だったからである
そこにはいろんな職業の人たちがいた
その時内部の人は何をしていたかというと何もしない
ただ仮設に住んでギャンブルに興じていただけである
だから奇妙なのは外部との絆が生まれても内部ではかえって分断したのである

その分断は市町村内部でもそうだが家族だと若い世代が流出して親子とかでも分断されたのである

外部とは絆が生まれる

内部は分断した

それは地区によって状況が違っている、ただ原発事故は放射能汚染は人を住めなくさせるから分断される
それと多額な補償金をもらったことでも深刻な分断が起きたのである
それは飯館村などは牛を飼っていると軽く億の金をもらったとされている
大熊では牧場経営者が5億円もらったとか噂が飛んだのである

そして南相馬市だと鹿島地区と小高地区は分断された
鹿島の仮設に小高の人たちが住んだとき補償金を小高の人は多くもらっているとして分断された、小高の人たちはそういうことは避難したのだから当然だと思っていたから
なぜ苦しんでいる時そんなことを言うのかと分断されたのである
そして毎日のように仮設には外部から応援に来る人がいたのである
つまり外部との絆は生まれたのである
外部の人にとってまず仮設に住んでいる人が援助の対象になったがその他の人は関係ないからである

でも連帯とか絆を考える時それがどうして生まれるのだろうか?
農業社会だったら村中心の自給自足経済だからそこで自ずと助け合うとなるしそうしなければ生きていけない事情あったろう
でもグロ−バル経済広域社会になるとその経済交流の範囲は地球全体になる
その差がまた大きかったのである
だから南相馬市で一番問題だったのは外部から放射能汚染を怖がり物が運ばれなくなったことだったのである
つまり外部からの流通が断たれるともう生きていけなくなるのが現代である
それで三陸なのか裏山の清水を汲んで薪を用意して米を炊いてしのいだ部落があった
それは交通が遮断されたからそうなったのである
そこでまだ水があり裏山から木材をとり燃やして燃料にできたから生き延びた
でも都会だとそういうことはできないからお手上げになるということがある
グロ−バル社会が広域社会がいい悪いという前に今はみんなそうした中で生活しているのである、だから流通を断たれると生きていけなくなる
そういう社会だから外部との絆の方がここで生まれたというのはそういう社会だったからである

一方で絆とか連帯はどうして生まれるのだろうか?
内部的にはとうしても樹々のように大地に根を張りそこで風雪に耐えて成長するとき連帯がありうる、それで浪江の奥山の津島に開墾に入った人はともに苦労したので連帯が絆があったということになる
しかし今の社会は移動が自由だし農業社会ではないからそうした絆とか連帯は希薄化している
つまりコミニュティはつながりは希薄である
第一家を建てるにしても地元の大工はもう関係ない、大手のハウス会社にみんな頼む
それで大手のハウスは部品を組み立てるように一二週刊で家を建てるのである
すると地元の人に世話になったという感覚もないのである
そして人は別にどこに住んでも金さえあればできる
故郷でもこだわる必要はないとなる、結果的にそうして若い世代は流出したとなる

ただ人間の絆とか連帯は簡単に生まれない、それで農民は三代つづかないと仲間になれないというのもわかる
農業は共同作業なのである、それで限界集落に入った都会の人はうまく協同できずに去って行ったのはそのためである、そうした狭い世界の村社会に耐えられなかったのである
でも相馬地域だと天明の飢饉からさらにその後でも飢饉があり三分の一が流出したのである、その後の欠け地に越中の真宗移民などが入ってきて開墾して住んだ
なぜそんな厳しい場所に来たのかというと土地をもらえるからだった
越中などではもう生活が成り立たなくなっていたためでもある

ただどうしてそこで相馬地域に根付くことができたのか?
それは地元の農家に指導を仰ぎそこで耐えて土着するようになった
それは苦しいものであり加賀泣きということが伝わっているからだ
つまり地元の人たちに泣かされたとういことである
でも都会から限界集落に来た人はそういういじめにもあってすぐにやめて都会に去ったのである
でもそうした移民は帰る場がないから必死でこの土地に生きようとして土着したのであるそういう移民は大熊とかにもいたという
広範囲に相馬地域に土着した、三分の一はその人たちの子孫なのである
これは他の土地とは違うこの相馬地域の特殊な成り立ちであり歴史である

shinshuuimin11.jpg

移民はここでは地元の人に指導されて従った


これと比べると現代は移動社会であり条件のいいところに住めばいいとなる
それは中国でも起きている、移動が楽になると人は住みよい場所に住む
海南島などはいつもあたたかいから北方の寒い所に住んでいる人は移り住んでいるというそれは日本だんたら沖縄に移り住むとにている

ただ人間は本質的に絆とか連帯はただ楽をしたいかとして楽しみたいからと連帯が生まれるだろうか?
樹々が風雪がありそこで大地に強く根を張る、そういうことがないと連帯は育まれない
それは家族だってそうである、家族は共に助け合うからこそ連帯が生まれているからである、そうでなければ家族ではないとなるからだ
だから移動が自由でありどこに住んでもいいとしてもそれで連帯をかえってつくりにくいコミニュティを作りにくいからこそ孤立人間が増えているとなる
人間が家族でもばらばらになっているとか地域社会もないとかなる
つまりグロ−バル社会の負の面が増大してきたのである

そして金といかのも人間を分断してばらばらにする、遺産相続のように兄弟でも醜い争いになる、それと同じようなことが原発事故の補償金で起きたのである
金に目がくらみ他のことは見えなくなる、もう絆も連帯もない
ただ金さえもらえばいいしかなくなっていたのである
そうして若い人は親世代を置いて流出した、若い世代は故郷に戻ってこないのである
何かそこにグロ−バル社会の広域社会の資本主義の矛盾が露骨に現れたともなる
街すら仮りの街だったのかとも思えるほどあっけなく人がいなくなり回復しなくなった
それは今でも避難区域ではつづいているのである 

話は変わるが中村哲氏がなぜあれほど貢献したのに殺されたのか?
それはニュース解説では灌漑事業で何もとれない砂漠に作物がとれるようになって
そこで利益を生んだので争いが起きたと解説している
何かこれもわかりにくいがこの辺で起きたことと似ている面があると思った
何もない砂漠で作物がとれた、利益を生んだ、それで何かその利益をめぐって土地の人が争いになった
ここでも補償金でももめたのとにている、何か善だと思ってもそれが必ずしもその土地の人にとって全面的に受け入れられないのである

つまりその土地のことは外部の人にわかりにくいということである
だからそういうことに手をつっこむと意外なことが起きてくる
ここでもなぜ原発避難者の仮設に住んでいる人ばかりに注目して援助したのかとなる
外部から見ればそういうことは全面的に受け入れられると思ってそうしていたのである
でも地元にすると複雑なものがあった、それが無視されたのである
NHKでもそういうことで私は批判した
マスコミでも地元の事情がわからずに介入してくることは一面危険なのである
見方が一方的になっていた、原発避難者側に完全になっていたからである
利害争いがあるとやはりそこで公平に見れないのである
その是非をマスコミが判断してしまうことが危険なのである
なぜならそのためにそれが全国で放送されて正しいとなるからである
今はその反論をネットでなんとかできるがマスコミの影響が強すぎるからそうなっていたのである
マスコミによって格付けされたり価値づけされる、それが一方的になる
なぜならそれを何百万人とか千万人でも見るからである
ネットだと百万見るようなyoutubeはほとんどゼロだからである

nakamuratetu1.JPG

ともかくその土地土地にはこうして歴史がありそれがその土地から離れればその歴史が失われる
私の家は真宗移民でありこの土地に苦労して根付いた暮らしてきた
そういう先祖をもっている、でもその土地を離れたらそういう歴史は消失する
この土地に生きてこそその歴史が意味をもつからである
先祖が苦しくても頑張ったからここに根付いて暮らすことができたということがなくなるつまり歴史を失うということはそういうことである
その根となるものを失うことである
ただなぜこんなにもいくら原発事故であり放射能被害があるにしても崩壊したのかは解せないことがある

言えることはいろいろな社会の変化でそういうことになりやすかったとは言える
でもそんなに簡単に町や村から人がいなくなるということが意外だったのである
それは金の唯一の力となった社会だからこそともなる
つまり人々の結びつき希薄化している、だから何か事があったら今回のように連帯することもなくばらばらになり市町村でも消失してゆくという不安も他でも感じるだろう
内部での絆がむしろなくなっている
いくら外部の絆が生まれたとしてもそれは一過性である、長くは継続しないからである
現代は孤立社会孤絶社会無縁社会ににもなっているのはとそのためなのである








posted by 老鶯 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

地理の不思議 (平面的ではなく立体であるから地図にできない―南相馬市の位置)


地理の不思議

(平面的ではなく立体であるから地図にできない―南相馬市の位置)

kinkasannnn222.jpg

クリック拡大

南相馬市の位置

南相馬市の丘から冬晴れの日に
牡鹿半島と金華山が見えた
すると心はそっちに向き
心は海に向かって開ける
でも太平洋は広く荒い
いつも波が荒く打ちよせる
そして津波の記憶がまだ生々しい
多くの命が無情に奪われた
心はまた海に開けても
心は閉ざされる
阿武隈高原に視界が閉ざされる
福島市の方は見えず
心はそっちの方に向かない
心は常に海の方に向く
伊達政宗が太平洋を渡るべく
メキシコを経由してはるか
ヨ−ロッパに視界を広げた  
それは東北ではありえぬ快挙なり
常に海に向かう土地がそうさせたのか
ただ太平洋は荒々しく
冬の海に鴎が一羽とんでゆく
そして東北の海は閉ざされている


人間はその人の住んでいる位置が大事である、そこをベースとして起点として世界を見るからである、だから同じ地域でも山側から見るのと海側に住んでいる人とはかなり感覚が違ってくる、その地理からアイディンティティが作られてゆく
人間はまず初対面ならどこに住んでいるかを聞く、どこの出身かを聞く、そこからその人のことを推察する、私の場合は日本だと全国を旅したからだいたいどんなところか推察できる、外国になるとまだまだわからないが一応主な所を回った
外国にうとかったがそこで見聞を広めることが50からでもできたので良かった

まず自分の住んでいる所はどうしても一番影響しているのが阿武隈山脈というより高原となっている、ここで中通りと福島市とさえぎられている、視界に入らない
すると福島県は横に広く地理的一体感を感じないのである
詩にしたようにむしろ仙台の方に視界が開けているし交通でも常磐線があり仙台に通じている
そして津波でわかったように石巻辺りが震源地になっていた
その石巻の牡鹿半島と金華山が片倉のフラワーランドから見えたのは意外だった
新地から見えていたがあそこから見えるとは思わなかったからである
そこまで見えるということは地理的一体感を福島県より宮城県に感じることになる

そして宮城県に津浪伝説があり津浪が来ると警告していた市井の学者がいたことでもわかる、海に面していて地理として一体感があったのは宮城県の方だったのである
でも行政区分としては宮城県と福島県は歴史的に相馬藩と伊達藩に分かれて争っていて継続して相馬藩は福島県に属した
ただそれはあくまでも廃藩置県で無理やりに分けたから不自然なのである
地理的な自然境界がありそういうものを考慮していなかったからである

宮城県だと本当に海に面している面積が大きい、そしてそこは海産物が豊富であり縄文人が前期には多く住んでいたことが理解できる、海の方が住みやすかったとなるからだ
ただそこは津波などが来る場所だったのである

いづれにしろいつも海を見ている人と山に囲まれて毎日過ごしている人では相当に感覚的に違ってくる、海は何か心を解放する気分になるが山だとどうしても閉ざされた感覚になる、だから阿武隈高原によって浜通りは閉ざされるのである
おそらく双葉や大熊辺りに原発が建っていても見えないし無関心だったのかもしれない
全く見えないし阿武隈高原に閉ざされているから見えないし危機感を感じなかった
これは別に浜通りでも30キロ離れた私の住んでいる場所でも危機感がなかった
そういうふうに何でも地理が影響するのが人間なのである

ただ一方で太平洋は荒々しいから何かここを渡って行けるその向こうに国があるとなど思えない
だから伊達政宗がヨ−ロッパまで船を作って送り出したのは快挙だった
そんな視界を普通はもていない、海もまたこの辺では閉ざす世界である
津浪でもわかったように海は本当に恐ろしいものだったからである
太平洋は心を閉ざす海なのである、日本海は比較的冬以外は穏やかだから青森の方まで縄文時代でも行き来があったことでもわかる、太平洋だととてもありえない海であり閉ざされていたのである

そして地理で不思議なのは地理が平面ではない、立体だということである
だからどんなにしてもこの立体感覚は地図では経験できない
なぜなら土地の高低を実感できないからである
だから自転車で狭い地域を回る時、一つの球体を上ったり下りたりして回っている感じになる
それは原町でも鹿島でも相馬市でもそこが一つの球体に感じるミクロコスモスに感じる
それはとても地図を見てもわからないのである
地理はまずこの高低とか隈なくその土地を行き来しないと実感できない、体得できないのである、だから未だに故郷でも狭くてもわからない所がある
そして車だと乗っていないからわからないが土地の高低など坂を上る感覚もなくなるからわからなくなる
鉄道でも坂の感覚がわからないのである

結局学問というときなぜ面白くないのか、それは学校だと記号の勉強でありただ地理でも紙の上でしか見れないからである、あとは受験勉強になる
現実世界から隔離された記号だけの世界で学ぶから興味がなくなる
まず地域でも回っていたら地理に興味をもつ
第一今になってやっと片倉のフラワーランドから牡鹿半島と金華山が見えたことを発見したからである
それだけ地元に住んでいても地理のことがわからないのである
丸森の絶景ポイントも最近発見した
そこからは大平洋を一望にできるし蔵王を見えたのである
阿武隈川も流れているから丸森は景観が一番いい場所である

地理がわからないというとき世界が理解できないのはまず広すぎて地理がわからない
中国なども理解できないのは地理がまずわからない
それであるゆる世界のことでも基本がわからないから理解しにくい
それでなぜ香港であのような激しいデモが起きたのか?
その説明で面白かったのはそもそも中国は南と北では違った国であり北は軍事力の騎馬民族が支配して南はその北京などの騎馬民族に支配されて搾取されつづけてきたという
また言葉も違っていて別な世界を形成していたという
それを読んでなるほどなと思った
南船北馬というのは聞いていたけど北は馬であり騎馬民族が支配した国だとなる
そういうことが根底にあり中国は対立しているのかとなる
そして北に黄河あるとしてもそこは不毛の地だという、ヤオトンとか洞窟の中に住んでいるとか貧しいのである、第一木もない黄土高原を見たらとても豊かになれないと見る
でも南は揚子江はそれとは別な世界である
それで世界でもtake place(起きる)は場所が大事なのである

いづれにしろ地理を知るには机上の学問では不可能である
旅しない限り実感して知ることはできないのである
だから世界旅行は必ずしないと何もわからないままで終わる
ただ一回くらいしてもまた地理はわからない、それだけ地理を理解することはむずかしいのである
それがわかるのは狭い地元すらわからなかった、それが如実に示しているのである

byeciclerolling1.jpg

原町でも鹿島でも相馬市でもそこは一つの別々の球体という感じになる