2019年08月07日

危険だった熱中症の経験 (熱帯化する日本?)


危険だった熱中症の経験 (熱帯化する日本?)

heatillness1.jpg


二年前だったか、春であってもこの症状がでた
その時4月でも暑かったのである、それで自転車で遠くへ行ってこの症状が出た

吐いた

痙攣した

これは明らかに熱中症としては重い、ぶるぶるふるえたからである
だから本当は救急車を呼ぶ状態だったのである
ただ一人暮らしはこういうときなかなか反応できないから不利である
家族がいないと体を気にしてくれないからである
だから一人暮らしの場合そのまま死にいたることもありえた
熱中症で最近死んでいるのが多いと見ているからである

何か毎日一応外に出る、そのあとぐったりする、それで毎日昼間寝ている
体がだるくなってそうなる、それで暑い所ではシスタとか昼寝の習慣があることもわかるまた暑い所はアジアでも昼間は活動できないので夕方から活動するというのもわかる

この辺は海が近いのでそれほど暑くならない、海から風が吹いてくるからである
でも中通りや会津となると盆地になり暑い、福島市だと35度とか蒸し風呂のようになる冬は会津だと雪になる、ここは気候だけはいい場所なのである 

暑いのは温暖化だけではない、コンクリートが舗装道路が暑い、それが熱となって暑くなる、土だと夏でも冬でも温度を調節機能がある
夏は涼しく冬はあたたかくする、それで農家の土間がそういう役割を果たしていたという何かそういう知恵があり建築もあった
その時クーラーがなくても自然のクーラーがあったとなる
おそらく自然のクーラーはいろいろな所に機能していた
温暖化は何なのか結局過度に人工化した環境で起きているともなる

子供の頃から高度成長時期とかずっとこんなに暑くなかった
その原因は何なのか?地球的規模の天候の変化なのか?
ただ地質学でみれば古生代にこの辺は海でありサンゴの化石があったとかフタバスズキリュウが海を泳いでいた、だから熱帯地域の時があったからそうなることもある
南相馬市海老村のマルハシャリンバイは南限の地として有名だった  

kasekisea1.JPG


仙台南西部に分布する東北日本太平洋側標準層序としての中-上部中新統及び鮮新統

heatsoma1.JPG

ジュラ系ー下部白亜系相馬中村層群の化石


こういうことでこの辺は熱帯地域でありそれで今でもこの辺は暖かいのである
それで「みちのくの真野の草原」の歌が奈良時代に入江になっていて歴史的境界と同時に地質的にも天候的にも境界線だったとなる
天候と歴史を深く関係している、ただこの温暖化は自然の作用なのか?人工の作用なのか?
別に自然の作用で熱帯化したからその時代にもどるのか?としたら温暖化はとめようがないとなる
氷河期もありそれは人間の力でとめることはできないとなる

いづれにしろ体がぐったりする、それは冷房のせいもある、これでクーラーがなかった熱中症になって死ぬというのもわかる
生活保護者でもこの辺でクーラーを備えてくれるようになったのもわかる
それは全国的に暑いからである、なぜ東北で岩手県とかがここより暑くなったり北海道でも暑くなる、それは内陸だと盆地だとどしても暑くなるからだ思う、気候的には老人は暑いのも寒いのもこたえる、だから老人が住みやすいのは今気候的には浜通りがいいとなるただ残念なのはフタバスズキリュウで双葉(フタバ)が有名になったのはいいが原発事故で有名になったのは最悪だったとなる

posted by 老鶯 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

蝉の声(6号線を67歳の自転車旅行者行く)


6号線を67歳の自転車旅行者行く

cyclesummer.jpg

蝉鳴いて一時出会い別れ行く

街空を増えて飛び交う夏つばめ

のうぜんの命燃やして一つ散る

ダイユーに自転車旅行の人がよったので聞いた
その人は頭もはげていて老人だった
67歳だった、でもバッグを両側に下げてテントも積んでいる

その人は北海道を回り八戸に来てそこからこっちに来た
茨城県の出身である
一か月すでに旅行している、でも茨城県ではまもなくつく

暑い日ざしを受けるとときついと見た
それは最近自分が体が弱って熱中症になるのが恐怖になったからだ
67歳で自転車旅行するのはこの暑さの中にするのがきつい
でもこの前は64歳の人が歩いて旅していた
だから結構そのくらいの年できつい旅行する人がいる

自分も北海道を一か月旅行したけど頭くらくらしてきた
何か浮遊している感じにもなった
北海道は自転車旅行には一番向いている、ただ距離があるから疲れる

前は良く6号線を若い人でも自転車で行く人がいた
今もいるが数は少ない、やはり原発事故で途中とぎれて行けないからである
あそこの道はいつ行けるようになるのか?
電車は来年の春に行けるようになることは決まっている
でも六号線を自転車で行けるのはいつになるのか?

会社を退職すると旅したいということがある
それは願望があるが実現しない、すると退職するとできる
そこで体力が問題だがやれる人はやる
それで九州から青森まで歩いて旅した人もいた
私は旅してきたから旅する人に興味がある
ただ八戸にフェリーで寄ったことはない、八戸と仙台は船だとそれほど距離がない

とにかく暑い、一時会って別れた

蝉鳴いて一時出会い別れ行く

何か最近別にここだけではない、人間はこの年になると本当に「さよならだけが人生だ」となる、一時会ったとしてもあとは永遠に会わないとなる
だから老人になると見方が違ってくる

現代はそもそも出会いがない、出会う時間がないのだ、車と電車でも自転車でも人と出会ってゆっくり話することができないのである
それでどういうわけか駅だと待っている時間が長ければ十分でも二十分でも話する
先日は神戸から来た人と話した

仙台空港から帰る、今はみんな仙台空港を利用して関西方面に行く
だから早いのである、7000円だとか言っていた、安い航空券だからか?
新幹線が早くても金はかかるし時間もかかるからここからは仙台空港を利用する
電車も名取から仙台空港行きがあるだ
つまり仙台空港へのアクセスとして電車を利用するということがある
そういうふうにつながると電車に乗る人も増える、今はいわき方面と電車がつながらないから利用者が増えないのである



韓国の「ホワイト国」除外…戦後初めて「国家の意志」を示した日本  (日本国民にも覚悟が強いられる国家の意志の表明)


韓国の「ホワイト国」除外…戦後初めて「国家の意志」を示した日本 

(日本国民にも覚悟が強いられる国家の意志の表明)

肉を切らせて骨を断つ」という覚悟を、日本国民なら当然持つべきである。党利党略に走って「制裁反対」を唱える左派野党や国民を惑わす左派メディア、目先の利益で韓国にへつらう財界人は、今や「国賊」以外の何ものでもない

駅で飛行機で仙台空港から神戸に帰る人とちょっと話した
その人はなぜ韓国人をひどく嫌っていたのか?
その人は別に普通の労働者であり知識人ではない、韓国人をひどく嫌っていた
ベトナム人でも中国人でも他は言いか韓国人は嫌だと盛んに言っていた
その人は何も今の日韓の対立から言っているわけではないだろう
何か韓国人と直接に接することが多いからそう言ったのかもしれない
何しろ関西になると韓国人が多いからである
あういうふうに嫌っているのはそういう人をじかに接しているからだとなる
そうした庶民レベルでも韓国人は嫌われている 
これはいろいろ言うが韓国自身が嫌われる理由を作っている
それを否定することはできないのである 

韓国人も今回の政府の強い意志には驚いている、これまでと違っているので予想がはずれた、日本は韓国の要求の言いなりになると見ていた
今までも誤っていたし妥協していた
だから今回の政府の表明は意外だったとなる

そういえば日本は国家の意志を示したということが戦後70年アメリカに支配されたようになかったのである

国家の意志

これを国民自体もはじめて感じたのではないか?
国家の意志というとき日本では古代から朝鮮半島を通じて発していたのである
朝鮮半島を契機として国家の意志が発動されてそれで兵を派遣されていたのである

6世紀から7世紀の朝鮮半島では高句麗・百済・新羅の三国が鼎立していたが、新羅は二国に圧迫される存在であった。

倭国は半島南部に領有する任那を通じて影響力を持っていたことが『日本書紀』の記録から知られている。大陸側でも、広開土王碑400年条の「任那」の記述が初出である。『宋書』では「弁辰」が消えて438年条に「任那」が見られ、451年条には「任那、加羅」と2国が併記され、その後も踏襲されて『南斉書』も併記を踏襲していることから、倭国が任那、加羅と関係が深いことを示している。任那、加羅は、倭国から百済への割譲や新羅の侵略によって蚕食され、562年以前に新羅に滅ぼされた。

475年には百済は高句麗の攻撃を受けて、首都が陥落した。その後、熊津への遷都によって復興し、538年には泗詫へ遷都した。当時の百済は倭国と関係が深く(倭国朝廷から派遣された重臣が駐在していた)、また高句麗との戦いに於いて度々倭国から援軍を送られている

なぜ国家の意志というのに新鮮味というか驚きを感じたのはなぜなのか?
それは日本はアメリカに戦争で負けてから国家の意志が消失した
国家の意志はなくなっていたのである、結局アメリカの意志が国家の意志となっていたのである
そして対外的にも韓国に対しても国家の意志を明確に示したことはないのである
だから韓国はそれに乗じて日本は組やすしとして攻める一方だったのである
それが国家の意志を示したことで韓国は混乱したともなる

日本自体が国家の意志というのを戦後否定してきたからこれは政治的外交的に転換したのか?
国家の意志は戦争に通じるとして示さなかったのである
ただ国家の意志というとき国家が独立していないとできない、それでしきりに日本は国家が独立していないと言われてきた、それは国家の意志がないことだったのである
国家が意志をもつことは自らの軍隊を持ち自ら国家を守ることにも通じている
それは憲法改正へと向う布石とするのか?
それで日本がでも国論が分かれる、韓国でも分かれる、アメリカは突き放す
アメリカ軍は日本から軍隊を引き揚げると言う人がいる
ではその時日本は今度は強大化した中国と向き合うことになる
日本の独立が試される厳しい情勢になる

日本は国家の意志を示した

それは日本は再び独立するのだがそれは韓国を契機にまた国家が全面に出てくる
そういう歴史が日本には古代からあるからだ
それは国民にとって覚悟が要求されるとか厳しいものになる

日本国民も覚悟せよ!

それは戦争した時同じように平和ボケの日本を覚醒させるのか、それとも危険なものに向かうことになるのか?

そもそも国家の意志とは何なのか?
原発は国家の意志で作られたのか?廃止できないのは国家の意志だからなのか?
だから国家の意志はどうして形成されるのだろうか?
それは確かに世論が影響する、その世論とは必ずしも知識人だけではない、駅であった庶民感情も影響する、感情的になっているのが庶民でありそれが世論にもなる
でもその世論は誤っているとは言えない、庶民レベルで韓国人への傍若無人とも言える態度に耐えられないとなっていたからである 

「肉を切らせて骨を断つ」という覚悟を、日本国民なら当然持つべきである。党利党略に走って「制裁反対」を唱える左派野党や国民を惑わす左派メディア(在日韓国人)、目先の利益で韓国にへつらう財界人は、今や「国賊」以外の何ものでもない。

今や「国賊」以外の何ものでもない

これはかなり危険なことなのかもしれない、戦争に負けるまで(国賊)とかが言われたからである、これは右の勢力が左を国賊として糾弾する
国家の意志に反するものは国賊として糾弾する
日本が国家の意志を示すことはどっちつかずではいられない
戦後70年はどっちつかずでも良かった、アメリカの庇護のもとにあり日本は国家の意志を示す必要がなかったからである

いづれにしろ戦後70年で日本自体が国家の意志を示してこれまでの外交方針も変える
清算して変える、在日の勢力も日本を動かしているいるのでその辺にメスを入れるようになるかもしれない、日本はいづれアメリカが撤退したとき国家の意志を示す前に示さざるを得なくなるのだ、そういうことが今回の韓国との対立でありこれは韓国が日本に対抗できるのか、韓国人はその非力を知れと見ているが実際は日本自身の独立であり国家の意志を示すことは危機であり覚悟が必要だとなる
こういうことは戦後70年で経験していない
外交でもアメリカに追従していれば良かったし日本国家の意志を示す必要がなかったのである

でも日本自体がいろんな面で弱体化している、軟弱化している、ニートが百万人いるとかなんとか老人ばかりの国でこの辺では震災でも原発事故でも復興できない
これは韓国だけではない日本自体が厳しく問われる結果となる
日本人自体が相当な覚悟が必要だともなる
戦争ではないにしろ貿易戦争で日本自体も苦しむ、すると戦争のように日本国民として意志を示す、戦地に行くのではなくても痛みをともなう覚悟必要だとなる
日本はこれまでは経済成長一辺倒であり国家をもちだすことは否定されてきたのである
それは戦争の経験でそうなっていたのである
だから今回国家の意志をもちだしてきたことは国民にも厳しく問われることである
戦後70年であらゆるものが変革の時期に来たのである
これだけは確かでありそれが今回の韓国と日本のどちらも下がることができない対立となったのである


posted by 老鶯 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2019年08月08日

Abstract architectures in summer


Abstract architectures in summer

beautiful residence1.jpg

bluerestrannn2.jpg

arc3.jpg

greenbarrr4.jpg

undergroundcityyy7.jpg

bluedepth5.jpg

godessway6.jpg
Sacred road to the japanese shrine

enlrage!

ソフトの一定の手順でこうした抽象画は製作できる
それがなぜ大量に製作できるのか?
それは膨大な写真がインタ-ネット上にもあるし雑誌にもあるからだ
そのビッグデーターを一定の手順で変化させると抽象画できる
その元ととなるものが無限大だからこれだけ大量の抽象画が製作できるのである


You can create these abstract pictures with a certain software procedure.
Why can it be produced in large quantities?
That's because there are so many photos on the internet and in magazines
Abstract picture can be created by changing the big data in a certain procedure
Because the source is infinite, so many abstract pictures can be produced




Sacred road to the shrine

墓をどうするのかなぜ現代人は悩むのか? (死ぬ場を失ったのは生きる場を失っていたから―万葉集の歌から)


墓をどうするのかなぜ現代人は悩むのか?

(死ぬ場を失ったのは生きる場を失っていたから―万葉集の歌から)

stonedroom111.JPG
  
事しあれば小泊瀬山の岩城にも隠らば共にな思いそわが背

万葉集をすべて恋の歌として解釈すると深いものとはならない
恋が乞うであり死んだ人とまた会いたいという説になるとそれはうわついたものにならないのである
これも岩城に隠れるともに思うということ自体今ならありえないことである
だからこの歌も何なのだろうとなる
岩城とは墓のことだからである、何かあったら墓に入るという意識も理解できない
でもこの歌の解釈は岩城にあり墓にある
ただこういうふうに古墳が石室として残っていた所に隠れたとなるのか?

つまり岩という頑丈なものである墓に入る、それは死んでも岩城の中にあるということなのである
墓の中に一緒に入ることが深い意味をもっていた
なぜなら生をともにして遂には墓の中にも入り死後も一緒にいるということである
夫婦だと偕老同穴というがそれは墓まで一緒だということである

ただなぜ夫婦でも妻は夫の墓に入りたくないとなっているのか?

「あさイチ」で既婚女性が「夫(旦那)の先祖のお墓に入りたくない」と回答した理由を見てみると、

・知らない先祖と一緒に入りたくない ・・39.3%
・お墓がゆかりのない土地にある   ・・32.3%
・夫の家族、両親が嫌い       ・・30.7%
・子どもに面倒をかけたくない    ・・20.0%
・自分の両親と入りたい       ・・20.0%
・夫が嫌い             ・・13.9%

知らない先祖というとき一度も会っていない人が先祖にはいる、そういう人と入りたくない、自分とは関係ない人だともなる 

お墓がゆかりのない土地にある  

これは「場の現象学」の本を読んで考察したようにその場とはそこで一生生活した場だから愛着がありアイディンティティ化した場所だからである
ただこういうのは田舎だったら通用するが東京とかなると通用しない
墓地自体を遠くに買って葬る、それで墓参りに残された人が行くのがめんどうだとなる
また宗教団体が土地を買いしめてそこに墓苑化する、その数が多くなり村とかの自然破壊までになっている、宗教団体にとって墓苑とは商売になるからビジネスなのである
でももともと住んでいたと土地の人からすると迷惑なになるのである

shiberiaaaa111.jpg

とにかく墓をどうするのかというのは厄介なのである
それでシベリア抑留で死んだ人たちの遺骨をもってきたのだがそれが日本人ではなかったとして問題になっている
要するにそもそも誰の骨なのか70年もすぎたからわからなくなる
私の兄の骨は母の実家に事情あって埋葬したがそこに母方の実家の人たちが五六人埋まっている、その中に兄の骨がまざってわからなくなったのである
骨壺に入れていたのだがそれもなくなり誰の骨かわからなくなった
それでしょうがいないから私は自分の家の墓に小さな墓標を建てたのである
その実家の人として残っている人がいたがその人とは異常人格者だから会いたくないからである、だから母の実家の墓には墓参りしないのである
ただ兄については責任があるし子供いたので自分の家の墓の脇に墓標を建てたのである

いづれにしろ墓というのは何なのか?それ自体が不可解なのである
そもそも明治以降に家の墓が生まれたのでありそれまでは個人の墓か夫婦墓である
明治以降には夫婦墓が多いのである
江戸時代の幕末頃には経済的に豊かになり農民でも個人墓を作りまた夫婦墓を作っている戒名に信士とか信女とか記されているのでわかる
つまり家族墓は江戸時代になかった、それは明治時代になって政府の政策でそうさせられたのである、だからそれが不自然になっているのである
家族は意外とまとまりにくいのである

夫婦は三代の契りとかあり契りが深いものがある、でも家族となると姑が入ってきて姑にいじめられたとか嫁は嫌うからなかなか一つになれないのである
それで墓も同じなら嫌だとなる、それもわかるのである
やはり共に生活して協力して愛し合った人たちが一つの墓に入ることは死んでもそこで結びついている感覚になる
そこで死後まで結びついて離れない一緒だという感覚になる
それが実際は家族にはなかなかないから不自然なのである
第一先祖といっても嫁いだ先の先祖など知らない人だからである

墓というのは実はそうして一代だけのものではない、その子に子孫に受け継がれるものだからまたやっかいなのである
なぜなら跡を継ぐ人自体がいなくなるというのが多くなっているからだ
そうなると村の共同墓地に葬ってもらった方がいいとなる
江戸時代はこの辺では仏方(ほとけっぽ)として共同墓地に葬ったのである
それはその土地にゆかりがあるからそうなったのである
場としてアイディンティティをもっている場所だからそうなったから自然だったとなる

なぜ今墓が問題になるのか?
それはもともと人間が生活していた場が失われたからである
みんなその土地と深くつながる農村社会に生活していない
その土地に根ざして生活していない、グロ-バル広域社会で生活している
すると土地の縁というのも薄くなる、だから今では地域でも田舎でも農村でも強い人間のつながりはなくなっている

人間の生と死を考える時
                      
死ぬ場所をどこにするのか?
                          
これは意外と大きい問題になる、どこで死んでもいいとはならない、それで骨を海にまいてくれとか樹木葬とかがある
樹木葬だと土地と関係しているが別に農民でないのだからその土地と深く結びついて生活していた訳ではないけどそれを願うのはそもそも自分のアイディンティティとする土地をもたなくなったからなのである
そのことが生だけではなく死までそうなって死ぬ場所をどこにしていいのかもわからなくなったのである 

事しあれば小泊瀬山の岩城にも隠らば共にな思いそわが背

事しあらばを・・・死んだなら小泊瀬山の岩城に隠れてその堅い岩で閉じこもりともにありたいというのはまさに死としての理想があるかもしれない。
隠れるとは古代では死を意味しているからである
天皇でもお隠れになったという時、死んだということだからである    

いかでわれこよひの月を身にそへて死出の山路の人を照らさん』(山家集・七七四) 

七月十五夜というのはお盆です。盂蘭盆会のことです。非常に月が明るかった。そのときに船岡山
に行ったのです。船岡山は平安京に隣接した船の形をした丘です。ここは平安時代の初めくらいまで
はハイキングする場所で平安京を一望できる眺めのいい場所です。

お盆には死者というあうとうことでこの歌が作られた、死んだ人が月明りに見えるとなる

人間の死は何なのか?生者と死者は何なのか?それは断続したものではなくつながるものとしてある
死者は生者の中に生きつづける、それが人間の営みであり生の継続であり国単位になると歴史となるのである   

我が死して後もありなむこの地にそ思いは深くとどめおきなむ

何かしら死んでも必ずその生きた地に思いが残る、それが具体的に形になったのが墓なのである
ただ墓はいくら石でも消失しやすい、誰も参るものがなくなったら墓は二度死ぬことになる
なぜか墓地に倒れたままの墓がある
なぜそれを立て直す人がいないのか?それはその人を知る者もいないしかかわるものがなくなったからである
今はそういう墓がいくらでもあるのだ、結局この世あるものは墓でも無常なのである
それがいつまでも維持できないのである
なぜか私は墓に興味があるというとき江戸時代の墓があればそこに人が本当に生きて埋まっていると思うからである
書類だと実感として人が生きていたと感じないのである
それが墓の不思議だとなる





2019年08月09日

盆踊りは死者も一緒に踊る祭り (日本の心は村で培われたーでも今は失われた)


盆踊りは死者も一緒に踊る祭り

(日本の心は村で培われたーでも今は失われた)

これが死者を供養する本当の盆踊りだ、一人ひとりの踊り手の後ろには、この人たちを可愛がってくれた両親やお爺さんお婆さん、そしてそれに連なる御先祖様がお盆に帰ってきて、ここでともに踊っているのだなぁ、とそんな事を考えながら、めったに見る事の出来ない盆踊りに、独り乾杯したことが有ります。

あれから三十数年、あの時死者を供養していた踊り手の内何人かは、今はもう供養される側にいるかも知れませんがそんな事は大した事ではありません。

盆踊りでは死者の供養のために死者とともに踊るという
死者も一緒に混じり踊る
これは何なのだろう?

こういうことは何か最近わかるようになった
それは家族もみんな死んだし回りの知っている人も死んだ
それで私は葬式などしなかったがお悔みとかもらったのでお返しした
本当にその人たちは近所の子供の時から知っている身近な人たちだったのである
そういう人たちが相当に死んだ

そういう死んだ人たちはみんな小さなコミニュティでずっと生きていた人たちである
すると死んでもつながりがキレルということはないのである
そういうことが特に村社会では何か理屈ではなくあったことがわかる
村のような狭いコミニュティではみんな一人一人顔見知りであり知っているからである
すると死んでもその子供や孫とかがいて人間関係が継続する
それで寺がその中心になっていたのである
ただこれは仏教とは関係ない、仏教も日本化した祭りに変化しているからだ
第一ホトケという自体、ホトキとかであり本来の仏とは違うからである
先祖を祀るものと通じているからである

とにかく祭りは死者を祀ることからはじまったことは確かである
盆踊りもそうなのである
それは狭いコミニュティで村で始まったものである
日本人の精神形成は村なのである、だから明治時代にヨ-ロッパの文化が入ってきたとき
世間を社会と訳したがソサィティは広いものであり日本の精神形成の原型となった村とは違っているのである、だから現実に日本社会にないものを訳しようがなかったのである
市民などというのもそもそも村人がいても市民など日本にはいないのだから訳しようがないのである

現代の問題はそうして長い歴史で形成された精神の形成が文化が根こそぎ破壊されたことにある、墓の問題でもそうである、アイディンティティ化する拠り所となる場の喪失でありそれとともにみんな故郷喪失者になってしまった
グローバル化広域社会になるとそれは物質的には有益でも精神とか文化面になるとかえって破壊することになった
また工業社会とかもそうであり情報社会でもマスコミとかもテレビが茶の間に置かれるとき何か家族の会話がなくなり絶えずその目は外に向くようになった

つまり外国に向くようになって身近な所がかえって注目されない、知らないなのである
そうして長い歴史の中で培われたコミニュティが破壊されるとどうなるのか?
それが様々な問題を引き起こした、物質的には豊かになったとしてもかえって人々のつながりは喪失したとなる
何か情もなくなった索漠とした世界になったのである
それで知っている人がいつもいう、道に誰か倒れていても助けないとか言う
それもそうだと思う、何かそうして非情化無関心化した社会である

それで親戚とも言えないが「おばちゃんは金があるんだから金でめんどうみてもらへ」と血相変えて去った
それ以来母親の実家には墓参りもする気がなくなった
ただこれが異常かというとそうでもない、みんなそうなったのである

「金でめんどうとみてもらへ」

これが現代社会の普通の人間である、金がないなら死ねということである
道に倒れていても誰も助けない、助けてもらいたかったら金で助けてもらへとなる
それて私が弱者化したとき要求するのは金だけであり実際に奪うものもいた
それだけもう金しかない、あらゆることでそうである
この辺で原発事故でなぜ簡単に町自体が崩壊してゴーストタウンになったのか?
これも放射能のせいとばかりも言えない、つまり補償金をもらったときいち早く土地を買って移り住んだ人が近くにいるからだ
その人はすぐに故郷に見切りをつけた、それで早く土地を買ったから賢いと言われた
なぜならその後土地が値上がりしたからである
つまり故郷でもそういうものでしかない、何かあったらもう金がもの言う
金をもらえばすぐに故郷とかでも捨てる、それが現代人なのである

だからといって江戸時代とか理想でも何でもない
ただ今の社会と比べるとこんな状態ではなかったろう
貧乏なりに何か助け合うということがあった、情がある社会だったと思う
戦前でもそうだったろう、それが戦後高度成長時代から日本はアメリカに習いすべて金になったのである
そうして長い間でつちかわれた日本人がもっていた美徳も失われた
それが墓の問題とか死者をどうするかということにも起きている
生者と死者もそうした濃密なコミニュティが失われたときその関係も断絶して失われたのである

そして親が田舎に残っていても娘息子が東京とか遠くに暮らしている人も多い
すると墓の後継ぎもいないとかの問題が起きている、墓も維持できないとなる
村のような社会だったら継続する社会だから代々家が受け継がれるからそういう問題は起きないのである
大原でも知っている人は親が一人で家と田畑を守っていたがその前に息子は市街に出て働いていて一緒に住んでいなかった、今は死んで空家になっている
そして墓だけが残されたのである、でも近いから墓参りには来るとなる
これが東京とかに住んだとしたら墓すら受け継がれないのである

人間は確かに経済とかせ利益は第一にされるのは仕方がない
ただ何か利益とか金を第一にするとき代々受け継がれた文化が破壊される
それが精神に影響する、それが深刻なのである
仏教というのは日本的文化に変容したものであり本来の仏教ではない
日本的アイディンティティを形成したものとしてあったのだ
そうはいっても時代は常に変わる、それに人々は対応できない
特に文化的なものは精神に影響する、だからこそグロ-バル化とか大きな問題をはらんでいたのである

死者をどう扱うのか?死者をどう祀るのか?死者とどうつながるのか?
それがむずかしいのは経済的問題ではなく精神的問題から文化的な問題だからむずかしいのである、それはもう昔のように回復できないのである
ただ形式的に受け継がれているだけであり実体は形骸化して中味はないとまでなる
それは日本の精神形成がアイディンティティが濃密な狭い村にあったことによる
それがグロ-バル化と広域化社会では活きてこないから形だけのものとなってしまったのである

2019年08月10日

万葉集の死者を偲ぶ歌、死者と会いたいという歌が基にある


万葉集の死者を偲ぶ歌、死者と会いたいという歌が基にある

万葉集がなぜ理解でないのか?それは現代的感覚で読んでいるである
私的恋愛というのは万葉時代にはなかったというときもそうである
なぜこんなに恋愛の歌がありそれを現代的には私的なものとして個人的なものとして理解する、でも万葉時代は原始的部族の延長のようなところがありそうした部族では個を私を主張することはタブーになる
つまり常に共同のものとして自然でも共有関係があり私という感覚は希薄なのである
共同の祭りとしてあらゆるものがあり私的なものは認められないし自覚されないのである
その理由として私(わたくし)するということは共同の利益に反することでありとがめられるものである、また英語でもプライベイトとは奪うということであり共同体からするとそれは悪だったのである

公的・儀礼的であった挽歌が、個人の私的感情を盛り込むことのできる器として整えられていることがわかる。公的な挽歌を利用して、私的な感情は表現の水路を見出したと言ってもいい。個人の意識や意思が寄せ集まって、共同体的意識が生まれてくるというのは誤りである。むしろ共同体的意識のなかで、個人の意識や意思が発見されると言ったほうが正確だろう

ここが一番万葉集で誤解しやすいのである、だから現代の感覚で読んでいるからその当時の社会がどういうものだったか理解できないから間違った解釈になる
例えば我とは割れるから来ている、共同体から割れるが我なのである
万葉集を理解するにはむしろこの共同体から割れたもの、我がない世界を知らないと誤解するのである 

明日よりは 春菜摘まむと 標し野に 昨日も今日も 雪は降りつつ(8・1427)

この歌でも個人的な歌として解釈する、でもそもそも標し野とは共同地として特定されて禁断の地だったともなる、だからすでにそこは共同体のものであり個人の土地ではないのである
すると春菜摘むというのは何か個人が摘むというものではなく共同体の中で春が来たらみんなで春菜を摘むことを暗示している、その時みんな農民の社会に生きていたのだからそうした意識が共有されている
俳句で季語が無数にあるのはそれはもともと農民が季節感覚に敏感だったからである
それが共有されて文学になったのである

君が行く 日長くなりぬ 山尋ね 迎へに行かむ 待ちにか待たむ(2・85

ありつつも 君をば待たむ うちなびく わが黒髪に 霜の置くまでに(2・87)

たとえば「待つ」という表現は、死者の魂との交感の場面で、とりわけ切実な意味をもった。死者の面影が甦り、その魂が自分に寄り添ってくれるのを「待つ」のだ

この歌も不思議というか理解しにくいし深い意味が隠されているのである
山尋ねということ自体、人が死んで山に葬られる、ということは死者を尋ねる、墓参りすることだともなるし山に葬られた死者を尋ねるともなる
君をば待たむ・・・というのは生きている人なのか?
死者を思っているのかとなる、黒髪に霜の置くまでとなればそんなに長く待つとういうことはありえないともなる
それは死んだ人と会うことを待っているのかともなる
何かこうして万葉集は今の感覚からでは想像できないものがある
そこに当時の人間の原始的感情というものがありそれが現代では理解できないのである

「待つ」という表現は、死者の魂との交感の場面で、とりわけ切実な意味をもった。

待つとは恋人を待っているのではない、死者と会うことを待っているとなる
そうすれば君が行く日長くなりぬとは死んだのだから会えないのだから当然そうなる
死者と会うことを待ちにか待たむとなる

あなたは死んでからもう久しいけど葬られた山へ私は迎えに行きます
このように長くもあなたと会うことを待っています 

これは死んだ人と会いたいとなれば切実なものとなる、それは恋の歌とも違うのである
死者と会いたいということなのである、でも会えないから切実なものとなる
恋が乞うであり死者と会うことを乞うから来ている
とにかく万葉集がなぜ理解できないのか?
それは当時の共同体とか原始的感情というべきものをイメージできないからである
現代のようにすべて個人的なものとして私的なものとして理解するからである

つまりもうそうした原始的人間の共同体そのものが現代では消失している
だから共同意識も喪失している、そこで勝手に現代的感覚で理解することになる
だからそもそもこんなに相聞歌が多いのは何なのか?
それはもともと公的なもの共同体の中で読まれたものであり祝詞とかに通じていた
それは天候とかいろいろ関係してみんな農民だった時、その共同の祈りとして歌もあったのでありそんなに私的な恋愛だけではなかったのである
その辺に何か誤解して読んでいる、つまり我(われ)がない時の時代を知るべきなのである、そこにこそ共同の世界があり共有する意識があり重要だとなる
私的なものはその後に生まれたものだからである

母と姉死したるのちも離れざれ我が身にそいてふるさとに住む

こういうふうに死者の魂が身にそうということがある、それが理屈ではなく人間の原始的感情である、それが今でもありうるのである
60年も一緒に暮らしていたからそうなったのである
自分の場合は子供の時から姉と母は一緒にいたからそうなったのである
他では妻とかでも長くいればそうなる、ただ夫と一緒の墓に入りたくないという人や
姑と一緒の墓に入りたくない人が多いのもわかる、むしろ実家の墓に入りたいという時子供の時から暮らした親元の方が親しいとなるからである
それは人によって家族の事情が違うからむずかしいのである



posted by 老鶯 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 万葉集

(姓から探る郷土史) (東京の女子学生が只野家の蔵を利用する旅を企画する)

(姓から探る郷土史)

(東京の女子学生が只野家の蔵を利用する旅を企画する)

tadanohata1232.jpg

野馬追いに出るとなるとこの只野氏は古い



駅で駅舎の写真をとっていた、どこから来たのか尋ねた
東京からだという、鹿島駅の駅舎は古い形が残っているので写真をとる人が多い
その女子学生は旅行会社でインターで働いていて蔵を利用したツアーを企画しているという
その蔵の写真をスマホでみせてもらった、二つの蔵がある家だった
二つ蔵がある家は見かける、その家は只野という姓だという
そこで只野氏の由来を説明した
とにかく鹿島区には只野、但野・・・の姓が本当に多いのである
30とかある、つまり只野氏一族の町だともなる
その由来は郡山市の多田野村に発していて南北朝の戦いのとき霊山城が炎上して逃れて来た武士の子孫なのである
それは由来のはっきりしたものでありこの地はその武士の子孫が多いということなのである、苗字に姓にまつわる話はいろいろある

姓というのは小さい村だと必ず一つの姓がその村とか町に多いのである
それで末次駅の村の墓地を見たら8割だ新妻の姓だったのである
そこは新妻一族の住んでいる村だったのである
それから葛尾村でも松本の姓が三分の一というときこれも信州の長野県から逃れて来た武士の末裔が住んだからそうなったのである
だから姓を苗字をみるとそこで歴史がわかる
ただ住む人が多くなると大きな市とかになるといろいろな人が入り乱れて住むようになるから姓が混在してわかりにくくなる
現代はそういうことが多い、本当に遠くに嫁いだり移り住んでいるからそうなる

相馬藩内では三分の一の人口が天明の飢饉で消失した、逃散した
その穴埋めに越中などからの移民が入ってきた、その人たちの姓は越中などに由来する
古賀とあれば越中に古閑村とかあり他にも越中とかから移民してきた人たちの姓は分類できる、とにかく相馬藩内には三分の一も入って来たのだから多いのである

苗字の中には武蔵にしかないというような特別なものがある
少なくともある一定の地方にのみ起源の求められるものがある
児玉や熊谷はたとえ中国九州にあっても、元はこの国から出た家と見てさしつかえがないこれと同時に逸見とか小笠原とか帯金とか言えば少なくとも最初甲州人であり,波多野とか渋谷とか股野とか言えば仮に国境を越えてまっすぐにやってきたものででは無いまでも相模系の癒えであることは想像し得られる(柳田国男全集ー武蔵野の昔)

相馬藩は相馬氏が千葉県などから移住して相馬氏に支配された地域である
ところが相馬という姓を名乗る人はいない、それは殿様だけが名乗れるものだった
そして相馬市に城跡があるが相馬市は前は中村市だった、中村がありそれはもともとの土地の名だったのである
たいがいもともとの氏姓があっても別な土地に移る時その土地の名を名のるようになる
土着するとそうなる、でも相馬氏の前に相馬藩内を支配した鎌倉から来た岩松氏は土地の名を名乗っていない、そして家臣によってその一族は稚児まで虐殺されたので歴史に残っている、それは500年前とかの話なのである
そして岩松という姓は相馬藩内にないということが歴史の事実を未だに語っているのである

いづれにしろ只野という姓が南相馬市の鹿島区に多いのはその歴史がありそれで多い
ただすべてが只野氏の子孫かというとそうではない、明治以降誰でも苗字を名乗ることが許された、すると由緒ある苗字にあやかり各自が名乗ったからまた増えたともなる
なぜか郡山市の多田野村の近くに小林村がある、これも不思議だとなる
小林村とは他に会津の方にもあるからどうしてそうなったかわからない。
私の父は葛尾村から出ているからだ、祖父は柏原村の出である

姓から歴史を郷土史でも探ることはみんなしている
相馬藩内だと例えば馬場という姓があるとするすると原町に馬場村がありそこから鹿島村に移ってきたのかとなる
不思議なのは大谷(おおがい)村があり栃窪村に大谷の姓に連なる人の姓が多いのである大谷氏一族の墓があるのも知っている、どういうわけか栃窪の大谷氏と私の家は親交があった
ただ大谷村というのは大原村の隣であり狭い所なのである、人が移動するとき農村社会だったから農業するために土地を求めることがある
土地がなければ生活できない、田畑がなければできない
それで延々と開墾や開拓が日本ではすすめられてきた、そもそも相馬藩内で三分の一も飢饉で人口が減った時、なぜ越中などから移民がわざわざ来たのか?
それは土地が得られるということだったのである
三分の一の人口に減れば空家とか土地がありそこを埋めるために移住した
それは原発事故でまた人が極端に減ったときそこに新しい人が都会から移住したりしているのとにている、その時はそれだけの人が移住したというのは農民社会で土地を得られるからだったのである

只野氏の由来は明確である、他の姓は明治以降に勝手に作られたという時由緒が明確ではないのである
野馬追いに出る家は武士の家であり古い家である、その姓も古いとなる
ただ渡部とか多い、するとこれは全国的にも多いからそこから歴史を探ることは不可能になる、鈴木などもそうである、これは熊野地方に由来していることはわかる
それで熊野神社が多いこともわかる
でも全国に広がってしまった姓から歴史を探ることはむずかしくなるのである
とにかく誰しも自分の家の姓には興味があるからそこから歴史に郷土史に興味をもつことはある、それが一番身近だからである

やはり郷土史になると柳田国男が先駆者でありそれが常に一片の小説のように語るのでその語り口が独特なのでひかれるのである、つまり何らか文学的才能があり新しい民俗学を起こした人だったのである
必ず一片の物語としてその土地のことを語っているからである
つまり歴史はヒストリーでありストリーだということを知るのである
何か過去のことがわかりにくくなっているが柳田国男の残したものを読むと昔のことが小説を読むようにわかるから貴重なのである
posted by 老鶯 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

2019年08月11日

自分の預金が下ろせない?じわり広がる“高齢者制限” (高齢者はだまされ差別し無能力者にされる恐怖―地銀もゆうちょも信用できなくなった)


自分の預金が下ろせない?じわり広がる“高齢者制限”

(高齢者はだまされ差別し無能力者にされる恐怖―地銀もゆうちょも信用できなくなった)

 75歳以上の人が300万円以上の引き出しを求めた場合、振り込みや預金小切手(預手=よて)の利用を勧め、それでも客が現金にこだわった場合は警察に通報し、駆けつけた警官が目的を聞く。預手とは金融機関が振り出し、本支店で本人確認のうえ換金する支払い手段だ。

 この防犯策は詐欺被害を水際で防ぐ効果が高いと注目され「預手プラン」という名で全国に広がった。適用条件は地域性から独自に決めており「65歳以上・200万円以上」(福島県)など厳しくしたところもある。

          
金融庁報告書が言いたかった「大認知症時代に備えよ」

日本郵政傘下のかんぽ生命とゆうちょ銀行では、高齢者の理解力の確認を怠っていたり、不利益になる契約を結んだりするなど不適切な販売が明らかになった。高齢層に強い日本郵便で、それを食い物にする手法が横行していたことは大きな衝撃だ。

「利益ありき」という金融機関の姿勢は、報告書も戒めている。現在、定年者の退職金を目当てに、金利を上乗せした定期預金で客を呼び込み、投信などリスク商品を売り込むキャンペーンが横行していることを挙げ「自問が必要」と問題視した

家族が認知症になったとき銀行に金をおろしに行ったができなかった
そして銀行員に笑われたとなり二度と銀行には行かなかった
これにはその本人より自分自身が驚いて言葉もなかった
通帳とハンコをもっていけば下せるからだ、それができない、書類すら書けない
字も読めない、これは一体何になったのだろうと唖然とした
私の場合このことから認知症は何なのかと考えることになった

認知症になったらいくら金をもっていても自分の自由にできない

認知症になったら障害者であり犯罪も犯罪にならない

何かこうなる、だから保佐人が必要でありその人が実は責任者になる
障害者をもっている親がそうなっているからだ、責任を問われるのは補佐する人である
それで認知症の人が踏切で電車をとめて多額の賠償金をJRから家族に要求された
ともかく何か認知症の人は銀行とかは特にわかりにくくなる
それは数字を扱い書類を書いたり抽象的だからわかりにくいのである
そもそも銀行とかの仕事は一番普通の正常な人でもわかりにくいのである
そのわかりにくいことがつけ入られることになるのである
それは原発でも同じだったのである、何か複雑になると法律でも第一理解すること自体できないから結局専門家とかによって無能化されるのである
それが現代社会でありそういうことをイリイチとか指摘していた

専門家によって人間が無能化される

その無能化するシステムが文明社会だともなる、それでイリイチは病院であれ学校であれあらゆる専門化され組織を批判したのである
それは人間を無能化するシステムなのである

認知症は本当に脳の異常で無能になったのだから明らかに病気なのである
無能になってしまった病気である、これもだから恐ろしいと思った
この病気は悪魔が人間を無能化してもてあそんでいるとも見たからである
なぜなら何か記憶できないということで忘れるので泣いてサイフを探していた
それが感情的になると誰かが盗ったとなり狂気の症状が出てくるから怖いのである
なぜこんなことを人間にするのか?そんな仕打ちをするのか?
それも不可解だった、人間は悪魔にもてあそばれて嘲笑われる存在なのか?
何かそういうことを感じた
人一倍頭がいい優秀だと日ごろから言っていた人が無能化されたから余計にそう思った
そしてついには人間の運命は神によって無能化されることではないかとも未来を予測した
人間は最後無能化されて文明も終わる

植物とか動物とかそういうことにはならない、そうした高度の知能をもっていない、また日々今日の食べ物があれば満足している、人間のようにありとあらゆる欲望など追求しないからである、だから別に何かあっても滅びない、ただ恐竜は大きすぎて滅びた
これも未来を暗示しているのかもしれない、恐竜は巨大化して滅びた

人間は高度の知能をもつ故にその知能故に滅びる

それが原発事故でもあったのだ、それは複雑化していてもう誰も制御もできない代物ものだったからである、もう人間が動かしているコントロールしているより機械が自動的に動いているという感覚になっていたのである
それで「安全神話」が作られていたのである、つまりもう人間の手を離れて自動化したもの、機械が神となり動いているともなっていた
そのことはAI化とか人口知能化の未来を暗示している 

いづれにしろ70過ぎてたら百万でも下すのに警官が銀行とか金融機関に来るというのは高齢者差別であり人権侵害である、これは高齢者を無能者と認め法を整備してとりしまるともなる、そこに国家権力が関与してきたのである
そこに詐欺から守るということもあるが弱者いじめだともなる

それより一番の問題は今の金融機関にこそあった
私が書いてきたように地元の地銀が複雑な仕組みの投資信託をすすめる
利子がつかないからはすすめる、その進めている地銀は投資信託のことや株のことなど素人と同じなのである
まず投資信託は証券会社とか銀行とか金融機関のために作りだされた商品である
銀行でもこれは絶対に損しないおいしい商品だからこそすすめる
顧客のこどなと全く考慮していない商品である
だからこそリーマンショックの時に半分に下がって回復して株が上がっていたとき地銀ではその株を売り投資信託に回したのである
私はもともと株でも投資信託でも知らないから相手がプロだからと言っていたからまかせたのである
その人はプロでもなんてない、素人と同じだったのである
ただノルマを課せられているから自分が有利な投資信託を売るだけだったのである

なぜこれが大きな問題なのか?
それは地域での金融機関との信頼関係が喪失してしまったとういことである
地銀でも一軒一軒対面的に信頼を築いてきた、それはゆうちょでも同じである
それが根こそぎ失われたのである
それでおあちゃんが1千万とか投資信託で損しても銀行をの人を信用していた
それほど銀行とかゆうちょは地域で信頼されていたし地方でエリートでもあった
銀行員なら安心できるとなっていたのでありそれだけ信用されていたのである

それが結局時代が関係していた、高度成長時代はみんな銀行でありゆうちょであれ貯金していた金に利子が7パーセントとかついていた時代があった
それで今の高齢者は資産を増やしたのである
何か知らないけど親が保険に入っていた、死んだときその保険金がかなり増えてもらえるたのである、何であれゆうちょであれ銀行であれ金をあづけているだけで相当に増えていた時代があった
だからその時の感覚でゆうちょでも地銀でも信用されるものとして高齢者は見ていたのである、自分自身がそうであった
でも急速に時代が変わってゆく、すると時代に追いつかなくなる
それが高齢者は理解できなくなるから不利なのである

いづれにしろそもそも金融機関は危険である、日本は経済成長はしない、低下するだけである、日本の株式でも投資信託でもなんでももうけることはもうできない
ゆうちょでも銀行でも貯金されても金があってもそれを増やせない、新しい事業に投資できない、もうけることができない時代になった
するとただ金が余るだけであり貯金されても金を増やせない、では銀行に貯金された金を勝手に使うわけにはいかない、するとただ負担になるだけだとなってしまった
それが資本主義社会のゆきずまり現象なのである
金がありその金で資本で新しい利益を生むものに投資するのが資本主義だからである

こういう最も身近な所で最も信用されていたゆうちょとか地銀とかが信頼できない社会は本当に住みにくい、なぜならどうしても高齢者は弱者化するからである
時代が変わるとついていけない、それより認知症になったらもう脳の病気なのだからどうにもならないとなる
そうしたら高齢者とかはもう身近なゆうちょとか地銀には頼れない
食い物にされるだけだからである
ゆうちょとか地銀はもともと地元密着で信頼を培い商売してきた、その信頼も失われたとき地方とか地域で高齢者は食い物にされるだけだとなる
詐欺にかからないように50万以上でも百万以上でも警官立ち合いの元に下ろされるということ自体高齢者を差別して無能化させて管理しようとしているともなる

戦後70年で時代が変化するとき何かこういうことが起きてくる
今までの既得権者がその権力を失う、侍が侍でなくなりとか身分制もなくなる
高度成長時代が終わり日本の経済が停滞して低下するだけだとなるともうそうした特権階級は維持できなくなったのである

 北海道銀行(本店・札幌市中央区)は、士別市の農業法人「合同会社OMEGAファーマーズ」に出資するとともに代表社員を派遣、農業経営の企業化と6次産業化を支援する。 

「OMEGAファーマーズ」は、健康食品ブームになっている植物油の脂肪酸、オメガ3、オメガ9などを製油、 
販売することを目的に、2019年5月31日に設立された合同会社。所在地は士別市の小学校統合で廃校になった 
武徳小学校(武徳町44線東7号)。使われなくなったこの小学校の体育館に搾油機を設置合同会社の構成員8人 
(三好農場、大西農場、オレンジファームなど)の農場で生産する亜麻、えごま、菜種(今年度は250ha作付)を 
持ち寄って搾油、販売する6次産業化に取り組む。出資金は3195万円で、道銀は150万円を7月18日に出資した。 

道銀が踏み込んだ支援をすることにしたのは、農業経営の企業化を促すため。北海道農業は、国内の食糧基地として 
重要な役割を果たしているが担い手不足が深刻化している地域もあり、耕作放棄地の増加も懸念されている。 

地銀は地元に根ざして何か新しく利益を生む事業者に投資するのが役目である
それがなくなったとき農業が地方で注目されるのは当然である
実際この辺では原発事故とか津波で荒地が多いからである
その荒地を活かすことを耕作放棄地を活かすことに投資することは地元のためであり地銀とかがするのに適しているとなる
それで実際に農業を銀行員がしていたのをテレビで見た
自ら肉体労働者とか銀行員も働けとなるのか、そういう厳しい時代になったということでもある







2019年08月12日

家族のカルマで苦しむ (カルマは次の代に受け継がれるから怖い)


家族のカルマで苦しむ

(カルマは次の代に受け継がれるから怖い)


過去に起きた不仲や議論から派生しているこうしたカルマは、原因を見つめ直して和解したり解決すべきであったのに、何世代にもわたりこれまでも無視されたり否定されてきたのであろう。そして次の世代にも同じことが引き継がれて繰り返されてしまうのである。

もし誰かが大きなカルマを抱えていて、その人の人生でカルマを解消し切れない場合は、次の世代へと受け継がれます。

先祖が罪を犯したら、血縁関係がある子供が、その罪を償わなければいけない場合もあるわけです。

兄が交通事故で死んだ、父親が違っていたし私の家にとっては負い目となった兄である
私は大学まで行ったが兄は集団就職で中卒で苦労した
そして結婚したが妻が不倫して離婚して死んだ
その娘がいたが児童相談所とかに一時あづかったとか不幸になった
ただ妻の不倫とか離婚とかになったのは兄の責任もあり私の家の責任に全部はならない
なぜなら別に当時集団就職は多かったからである
その人たちが全部不幸になったわけではないからである

いづれしろなんらかカルマを人は背負う、いい面でも悪い面でもそうである
そして長男長女が家族のカルマを背負うことになる
一応親戚だった人もなぜ今になって夫に苦労しているのか?
それはその母親が夫が若い内から重症の病気になってずっと世話しなせければならなくなったからである
そして娘はいい人と結婚したと思ったのだが夫が事業をはじめて失敗した借金を背負い苦労するようになった
これもだから不思議なのである、なぜなら別に事業など起こす必要もなかったのである
会社では技術者であり資格をもっていたからである
それでいい暮らしをできていたからである
だからそれがわからないし不思議だとなる
結果的に娘も夫で苦しむ結果となったのである

親が夫で苦しむ→娘が夫で苦しむ

まさにこれがカルマなのである

なぜそうなったのか?そうさせられたのか?

それは娘が親と同じ苦しみ負い親の苦しみを体験させるためだとなる?
親が夫のためにどれだけ苦しんだかを自ら体験させられるためにそうなった?
その影響が関係が薄い親戚にも自分にも回ってきたとなる
カルマは必ず波及する、兄弟とかなるともう逃れることはできない
第一事業することは親戚だけではない回りにいいにしろ悪いにしろ影響するから簡単に始めるものではないと思う

ともかく自分自身が自分の家のカルマを背負い介護や病気で十年間苦しんだ
その時助けはない、責められるだけだった
本当に七転八倒してきた、自分一人しかいなかったからだ
つまりそれがカルマだったのである

もう一人の親戚とももともと付き合いがなくうまくいっていなかったからこれもそういう継続で切れた、だから母の実家の墓参りはしない
こうして家族のカルマは必ずなんらか苦しみとなって払わされるのである

例えば金というのもカルマとなる、母の実家の墓を長男にあたる人が墓を守ってくれと
300万円で頼んだ、私は頼まれなかった
それで墓を守ることを頼まれた人はどうなるのか?
その実家の負のカルマも背負うことになったのではないか?
それはわからないにしても私は頼まれなくて良かったとなる

あなたは300万円もらいましたね
その責任を果たしてください

私は金はもらっていません
だから責任はありません

ともかく金もカルマとなり責任となっていたのだ
ドラマだったが金をもらったからとその義理と責任を果たすために殺人をしたヤクザがいたのもそうである
そこまでしなくてもいいがやはり金はわかりやすいカルマとなっているのだ
金とはなんらか具体的なカルマとなる
それは会社単位でもカルマとなる、何かもうけるにしてもそこに正当なものがないとそれがカルマとなり会社はつぶれる
だから地銀などでも苦しくて投資信託など売りつけたり本来の業務から離れてもうけているとカルマとなりそれが会社にかえってきてやがてつぶれるとなる、もうつぶれるようになっているからそうしているともなる

何か母の実家の墓は重いカルマを背負っていたからである
もちろん別に死んだのだからその人が墓を捨てるということもありうる
いづれはそうなるにしろやはりその人になんらかカルマがゆき苦しむとなるかもしれない正直その頼まれた人は異常人格者になっていたので怖くなり母の実家の墓参りもしない
つまり生前に家族でも親戚でもうまくいっていないと死んだ後もうまくいかないということである、その不仲は継続されたカルマとなっていたのである

まずカルマは苦しみとならないかぎり自覚されない、だから私の家族が介護となりその後のいざこざがあり自覚したとなる
そのカルマは過酷なものだったのである

人間は必ず人生でカルマを積んでいる

人間は別に個々人でもカルマを積んでいる、若い時に必ず過ちを犯す、それを軽く見ているが後で後悔する、それだけならいいがそれがカルマとなって現れる
例え法的に罰せられなくても苦しみとなって現れる
カルマの恐ろしさは結婚したりして子供ができるとその子供にカルマが受け継がれることである

カルマは一代で終わらない、子供に次の代に受け継がれる

人間はそれだけ生きることは責任を課せられている、自分だけでそのカルマが終わるならいい、必ず回りに子供にも受け継がれることが怖いのである
それを自覚しないのである、自分だけで終わると思っているのである
でも結局人間のカルマは消滅することはない
遂には人類もそのカルマによって滅びるとまでなる、世界史とはまさに人類のカルマとしかいいようがないからだ
なぜこんなに悲惨な戦争があったのか?それも人間のカルマだったとなる
もうどこの国が正義だなどないのである
アメリカが正義でも何でもないからである、原爆を落としたカルマは必ずアメリカにもいつか回ってくるかもしれない、そういう行為(カルマ)はいつか苦しみとなって現れるからである

ともかく墓をみたら石に赤茶色の垢のようなものをついていた、それを洗い落としたしたりした、唯一親戚となった人が墓参りに来るので一人で用意するのも大変だった
本当はもう切れてもいい親戚だけどやはりなんらかカルマがあり因縁がありつづいているとなるのかもしれない、今では兄の供養するのは自分しかいなくなったからである

お盆にはやはり死んだ人とか結婚した家ののこととかが話題になる
墓のことも話題になる、それがお盆だとなる
私の家は何か複雑すぎたのである、でもなんらか家族にはこうした問題をカルマを背負っていることは確かなのである