2019年02月22日

神社が津波の被害からまねがれたのはなぜ (古いものは何か理由があってその場に作られ人が住んだから)


神社が津波の被害からまねがれたのはなぜ

(古いものは何か理由があってその場に作られ人が住んだから)




福島県南相馬市小高区浦尻前田 綿津見神社

watatumijj1.jpg

泉官衙遺跡
izumikan11.jpg
ここも丘によって津波がさえぎられ被害が少なかった

原町区下高平鎌倉時代中世遺跡群
kamakuraaaseki111.jpg 

桜井古墳の手前までも津波が来ていた     
古墳も古いから高台にあるのが多い                  

南相馬市鹿島区烏崎八竜神社

karasusakiiiii1111.jpg





磯部(寄木神社)
yorikisss11.jpg
相馬市松川浦津神社(つのみや)  
 tunomiyaaaa1.jpg
津神社から下に原釜がありそこに家が密集して被害を大きくした
そこはやはりもともとは新しく住んだ人たちだとなる                            


津波で不思議だったのは古い場所が神社が建っている所が高台にあり被害をまねがれた
小高の綿津見神社からたどるとそうである
その前に沼があったがあれは津波でできたものかと思ったら津波の前にあったのだ
それも不思議である
どうして沼ができたのだろうとインタ−ネットで報告していたサイトがあった
するとあそこに慶長津波とかで海の水が押し寄せて沼ができたのか?
あそこに水がたまりようがないからである、これは謎である
ただあの綿津見神社も辛うじて津波から残った

それから原町区の泉官衙遺跡も丘の裏側にありそこで津波が弱められて大きな被害にはならなかった
この地形の影響が本当に津波では大きかったのである
津波の勢いが弱まるとそれほど被害がない、松島でも勢いが島が障害物になってそがれて水は徐々に上がったが強烈に押し寄せることはなかった
そもそも津波は物凄い水の塊りとなって圧力があまりにも強大となりそれが大被害をもたらしたのである
だから水の勢いを弱くするとそれほどの被害にならなかったのである
だから地形が影響してそうなった

そして古い場所とかにある神社とか寺と石碑とか見るとそこには津波は来ていないのである、その位置を図で示したように近くまで来ても津波の被害はなかったのである
ただ烏崎とか海老とか磯部はなぜ家が密集していたのか?
それは漁業する港があり便利だからそこに集まったのである
それは三陸とか他でもそうである、明治以降の三陸津波の後でも便利だからとまた元の低地の港に集まって生活していたことでもわかる
烏崎も海老も磯部ももともと港があったからそうなった、そこは慶長津波の400年前からあった、海老は最も古くエヒであり蝦夷が住んだ地域だから本当に古い場所だったのである、そこは高台だったから住んだ
その下の右田は低地であり江戸時代に開拓して住んだから新しいのである
海老村には弥生時代の住居跡があることでもわかる

ではなぜ400年前の慶長津波の記録が残っていないのか?

それは大きな謎だった
ただ八沢浦が入江になり海だったときその奥の柚木(ゆぬき)には津波の伝説が残っていた、

神社の場所が津波の届くぎりぎりの標高にあったことです。標高線と神社の位置を重ねてみると、南相馬市原町区では標高10メートル、相馬市では標高5メートル近くに神社が立地していることがわかりました。また、そのような規則的な配置は古い神社に多く見られて、明治以降に新築・移転されたような新しい神社には見られませんでした。結果として、新しい神社には流されたものが多かったのです。

これを証明しているのが烏崎の八竜神社である、本当に社殿すれすれまで津波が来たが残った、その下は全滅になった
そして平地の津神社は八竜神社の分社であり住む地域が広がってそこに分社したのであるもともとは高台にある八竜神社が元なのである
そこは津波からすれすれと残ったのは奇跡的だった
ただ海老村は一番古い村でも全滅した、それは高台にあり安全だと思われていた地域である

てんとう念仏」と通称で呼ばれている場所がある。
 水田から民家の脇を通って、丘に登っていく。その道が上の写真。 
 <津波が来たときにこの山に登り、念仏に唱えて津波が収まるように祈った>ということから、この地が「てんとう念仏」と言われるようになったという。 

 もうひとつは、すぐ近くにある「急ぎ坂」と呼ばれる坂。 
 <大きな津波が来て急いで駆け足で坂道を登った>というこ

この地域は八沢浦の奥である、もともと八沢浦は海であり入江になっていた
だから人は住んでいなかったのである、明治以降に開拓された場所だからである
それで当然被害があったのは津波が押し寄せたのは人が住んでいる柚木だったとなる
そこに伝説が残されたのは地理をみればわかる

ではなぜ烏崎とか海老とか磯部に津波の伝承が残されなかったのか?

それはいろいろ調べてもわからない、資料が記録が何も残っていないからである
ただその津波が来たとき相馬藩では戦国時代であり争いがあり戦さがありその方の記録は事細かに相馬藩政史に残されている
でも津波の記録は生波(いくなみ)で700人溺死としか記されていないのである
それで伝承があるのかと調べてみてもこの柚木に残っているだけなのである
あとは小泉川を上った所の諏訪神社に舟が流れてきて木に止まったとかいう伝説があるその諏訪神社は相馬市内の奥なのである
それは慶長津波なのか、800年代の貞観津波なのかわからない、相馬市の松川浦から奥でボーリング調査して発見されたもの砂は貞観津波のものだった
慶長津波だとするとやはり柚木村しか残っていないとなるのだ

だから記録が残らないのは磯部村とか海老村とか烏崎村とか他でも全滅して伝える人がいなくなり残らなかったのか?
津波の恐ろしさは村ごとなにもなくなることなのである
草戸千軒とかでせ川の洪水ですべて町ごと消失して今になり何か遺物が発見されている
そういうことが他でもあり、古代のエジプトの遺跡でもそういうことがある
街ごと全体が失われて何も残らないということが歴史上あるからだ

ともかく古いものは何か理由があってその場に建物でも建てられているのである
たいがい高い所に神社があるというときもともと日本は低地は湿地帯で住みにくい場所だった
それで葦原瑞穂の国ともなっている、そうした湿地帯を開拓して田んぼにしたからである
下駄は湿地帯を開拓するために作られたものだったからである
だから川子でも低地はもともと海であり塩崎まで海であり今回の津波で船着まで津波が来たことには驚いたのである
そこには船が奈良時代から平安時代に来ていたからである
この船がどこから来たのかは不明にしても船が行き来していたことは確かなのである
川子でもは八竜神社は高台にあるからだ

そして六号線の海側に津波の被害がほとんどあった
それで六号線は元の浜街道にそって作られたので古い道だったからそこまでは津波が来なかったとなる
それでなぜ山元町があれほどの被害になったのか?
それは六号線の海側に住宅地が広げたからである、あそこは仙台の通勤圏ともなっていたからである
それで有名な元野球選手も住んでいて被害にあったとかなる
つまり何か新しい場所はその土地の成り立ちとか歴史を無視して宅地造成するから被害にあうのである
地震でももともと沼だったような地盤の悪い所に家を建てるから被害にあうのである
だからどこでもその土地の古い場所は安全であり新し場所は何か悪い土地であり危険もあるとなっていたのである

いづれにしろ津波原発事故から8年過ぎてもその傷痕は癒えない、それだけ甚大な被害だったのである、それは戦争の被害とにていたのである
そういうものは簡単に忘れることができないのである


posted by 老鶯 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

老人に売れるもの (ヤマハのYPJーXC近くの同級生も買った これは自転車のハーレーダビットソ)


老人に売れるもの

(ヤマハのYPJーXC近くの同級生も買った
これは自転車のハーレーダビットソン)


今日土手の道であった同級生が自分と同じYPJーXCに乗っていたのに驚いた
それを私は川子のパークゴルフ場で見せてこれはいいと強く推奨したのである
そして実際に同級生を乗っていいかと聞いたので乗らせたのである
その時やはりこれはいいと実感したから買ったのだろう
これは本当に高いものだからである

でも自転車にはいろいろ乗ってきた、電動自転車にも乗ったがこれは別格だと感動した
だから強くすすめたのである、そしたら同級生はすぐ買ったのである
二週間前くらいにすすめたのに早いなと思った
第一一万くらいの人口の町で自転車屋は一軒しかなくなったからである
そこでこの高い電動自転車が二台売れるというのは珍しいとなる

自分自身もこの自転車がどういうものか不安だったのである
やはり乗ってみないとわからないことがあるのが自転車なのである
乗り心地がみんな違っているからだ
車でもそうなように自転車も乗ってみないとわからないのである
ただ試乗できるところは田舎にはない
仙台では専門店があり売っていたが後が困るので買えない
でも知っている人は仙台の自転車屋を見ていたのである

老人に何が売れるのか?

これはそのヒントがある、これは高い買い物だったがそれだけの価値があった
それはエンジン部分が格段に進歩したものだったからだ
それでこれは今までのと明らかに違うということをすぐに感じて感動した

つまり次元が違う自転車の進歩を感じた!

その同級生は脳梗塞で死線をさまよった、だから一時げっそりやせたのである
今でも見た感じでもそう見える、でも体でも脳にも損傷がなかったのである
それで運動のために自転車に乗っていた、自転車にはマウンテンバイクとかで乗っていたことがあるがもっぱら車だったのである 

ここに老人に売れるもののヒントがあった
体力が衰える、それでも運動したい、そういうコンセプトでヨ−ロッパでは体力がない老人のために開発されたのがEーBIKEだったのである
だからスピード制限がないから30キロ以上でもバイクのように乗っていた
つまり老人用に開発された自転車だったのである

それで武田邦彦氏も言っているが老人のために作られ売っているものがない
だから老人は金があってもただ貯金しているだけであるというのもわかる
本当にそうだと思う、例えはスマホとかは老人に合わないのである
画面が小さすぎるのが問題なのである、それだと老人は疲れるからである
そういう小さい画面で操作するのは疲れるのである

それでキンドルを買ったが使わなくなった、なぜか?
パソコンの広い画面で読んだ方が楽だし頭に入るからである
キンドルも画面がスマホのように小さいから老人には向いていなかったのである
ただ別にパソコンで読めるからこれなら電子図書館みたいになり便利であった

つまり老人用に開発された商品がほとんどないのである
みんな若者向きなのである、それで老人は貯金する他なくなる
例えば投資だってはじめてするのだから老人には不利でありただ銀行にだまされるようになる、自ら判断できないからである
いいカモになるだけだったのである
これも老人用に金融商品が開発されていない、ただ地銀ですら老人をカモにするだけだとなる
だから高齢化社会と盛んに言ってもそれに社会が適応していないのである

だから体力がなくてもIT機器でも老人向きのものを開発すべきだとなるがしていない
ただ売れるもののヒントとしてこのYPJ-XCがあったなと感動した
今何か物を買ってもこれくらい感動するものはない
それがあったということでやはりこれだけは推奨できると思いすすめた結果同級生の病気になった人も買ったのである

もう一人知っている人もなぜ自転車にのるようになったかというとトラックの運転手だったが足を悪くしてアクセルが踏めないとかなり自転車に乗るようになった
足が悪くても自転車には乗れるのである
そして車に乗っている人とは自分は話しないというよりできないが自転車で会うと話するのである、なんか仲間だと感じるのである、自転車を通じて仲間になれるとなる
ただ車中心だったときはなれない、車持っている人は車に乗れない人は馬鹿にしているとか一段低くみる傾向があるからだ、そのトラック運転手が言っていたからである

このYPJーXCはハーレーダビットソンだ

同級生もそう感じた、自分も感じた、ハンドル部分が長いし乗った感じそうなる
何か気持ちよくとばすことができるという感じなのである
安定感もあるしスピードも出るし軽く走れるからである  

とにかく高齢化社会といってもそれに適応した社会になっていないのである
みんな売れるもの作りたいとしてもそうなっていないのである
それを真面目に真剣に企業側で売る側で提供していないとなる
若い者が少ない少子高齢化でもそれに適応した商品開発もしていないのである
それで金を持っている老人がいたとしてもただ貯金している他なくなっているのである



2019年02月23日

紅梅(萱浜ー泉ー金沢を回る)

  
紅梅(萱浜ー泉ー金沢を回る)



bochikkkkk111.jpg

萱浜の新しい墓地

cowspring1111.jpg

                                      

kanazawww11122.jpg
クリック拡大
shiphhhh111.jpg


                
春北風(はるきた)に向かいて走る新自転車

海近く桜井古墳に東風(こち)吹きぬ

山鳩の飛ぶや回りぬ故郷を

萱浜に墓地のみ残り雲雀鳴く

春日さしのっそり見つむ牛の顔

紅梅や泉の跡に観音像   
             
春の日や砂に遊ばむ沖に船


昨日一昨日は春北風(はるきた)だった、春の光があかるいが春北風(はるきた)がふきつけた、でもやはり春である、それで自転車で走るのも軽快である
今度の自転車は軽快に走るから気持ちがいい

桜井古墳は海に近いから一時東風(こち)が吹いた、今頃になると東風が吹くようになるそのために原発事故で爆発したとき放射性物質をふくんだ雲のブルームが飯館から福島市に流れて大被害になったのである、どうしても東風が吹くとそれを思い出すのである

萱浜には墓地しか残っていない、それもみんな新しい墓であり
前のように江戸時代の墓が残っていない、墓誌にも江戸時代のものがない
だから昔を偲ぶものがなくなったのも淋しい
やはり墓も歴史の記念のようになるから古いものが残っていれば価値がある
墓でもそうだが神社でも古いと価値があるとなるからだ

泉の酒が湧いたという泉長者の井戸の跡から11面観音像のある辺りはこの辺では古い文化の歴史地帯だともなる、そこに紅梅が咲いていたのはあっていた
あそこも高台にあるということは古い場所は津波からまねがれた
何か古い場所には意味がある、萱浜はもともとここも湿地帯だったからである

金沢からは沖に船が見えた、砂浜があり子供でも遊べば活きてくる、あそこは前にさえぎるものがないため津波がもろに襲い被害が大きくなった
火力発電所は壊れないにしろ被害が大きかったのである
前に全くさえぎるものがなかったためである

とにかく春である、遠出するにはいい季節となった

ビッグデーターの加工で無限に作れる抽象画 ビッグデーターの加工で無限に作れる抽象画 Abstract painting that can be created infinitely by processing big data

ビッグデーターの加工で無限に作れる抽象画

Abstract painting that can be created infinitely by processing big data

traingogo1111.jpg
enlarge

perpleppp1.jpg
perple planet
perpleplanet111.jpg

waterfalll111.jpg
Fantasy waterfall

インタ−ネット上でも雑誌でも動画でもその映像がビッグデーターになっているから
それを変化させる、加工して抽象画が無限にできる
創作しているのは自分ではない、ビッグデーターであり他人のものだとなる
それで絵の才能が全くない私がこうして絵を描いたような気分になっているのである


Because the video is big data on the Internet, magazines, and movies
Change it, you can process it and have infinite abstract painting
Creating is not yourself, it is big data and it comes to others
That is why I am feeling like drawing a picture like this with no talent for painting
タグ:big data

2019年02月24日

私の父は双葉の新山の酒屋で丁稚で働いていた (その記念の皿を割ったー終活は大きな負担だ)


私の父は双葉の新山の酒屋で丁稚で働いていた

(その記念の皿を割ったー終活は大きな負担だ)

iakikokussss1.jpg

iwakikokuuuu1.jpg

これは今の双葉郡の新山だけで元は長塚町だった

mizuochiii1.jpg


歴史という時、相馬藩の歴史とかまた大きくは国の歴史がある
人間が一番興味があるのは自分が育った家の歴史なのである
だから自分のルーツに興味をもつ人が多いのはそのためである
それで郷土史は祖父母からおじいちゃんやおばあちゃんから聞く話からはじまると書いたおじいちゃんとかおばあちゃんはどうしてもその家の語り部になるからだ
何か必ず伝えるものがあるからだ
そこにはただ負の歴史がある、語りたくないものがあるのですべてを語りたくないし
隠したいものがあるしプライバシーにもふれるから他人の家のことをとやかく語りにくい面があるのだ
それで一軒一軒の家が郷土史として歴史なのだけどわからないのである

ただ家族がみんな死んで自分の家に残ったのは自分一人である
すると私自身に課せられたものがある、それを残す作業をしている
終活というとき物の整理になるが実際はそれだけではない
親や祖父母の残したものは物が残ったとしても精神的なもの、モノでは語られないものが多いからである、つまりモノがあったとしてもそのモノにまとわりついたストリーが思い出があるから簡単に捨てられないのである
モノとは単なる物ではない、その残されたモノにはこれまで生きた思い出がしみついているからだ、親が死んだときだからそういうものを整理するとき捨てていいかどうか悩むのがわかる

そういう自分だってもういつ死ぬかわからない、それで自分自身の終活もある
それが重なるのが高齢化社会なのである
まず家の物を整理する作業が大変なのである、だから放っておくとゴミ屋敷になることがわかる、何か整理することが相当なエネルギーを必要とすることがわかったからだ
それで毎日整理しているのだけど整理できないのである
それは知的作業としても今まで書いたものを詩などが膨大にあっても整理できないのである
そして家事をするにもしやすいように整理整頓しているがこれもまた苦労なのである
毎日家事をすることや整理の仕事や料理でもしないなるとそうしたことに追われている
そしてつくづく人間はいろいろなことに頭が回らないということである
それで冷蔵庫でも良く見ていないと同じものを買っていた
認知症になるとそういうことが多いが度々開けて見ていなと何があるかわからなくなっているのだ

この皿を割ったのはそこにあったことを忘れていた、棚にあったがそこから落ちた
それで割ったのだがその時はじめてこの文字を書いてあることに気づいた
磐城国新山」とあった、磐城国というとき磐城大田とか原町の隣の駅にあるように
磐城国にこの辺はなっていたのだ、それは明治以降そうだった
それで葛尾村(かつろう)にも磐城落合とか地名が残っているのだ
そして浪江とかは今でもいわきナンバーなのである、つまり磐城国を受け継いでいるのである
ここで私の父親は葛尾村からこの酒屋で丁稚奉公に出て働いた、そして暖簾分けして鹿島の地に移ったのである
それは聞いていたのだがあまり意識しなかったが家族がみんな死んだ結果意識するようになった
今でも大きな酒屋が双葉には残っている、富沢酒造店であり煙突も高いので営業していたのである
その辺の近くに私の父親が勤めた酒屋があった、でもそれは倒産してなくなったのであるそれは戦前のことであった、そして父の娘である姉はそこに銀行があったとか言っていたその当時おそらく銀行はどこにもない、めずらしいものだったのである

とにかくこうして残されたものが物語ーストリーがある、それが歴史である
モノがあったとしてもそこには必ず物語がつきまとっている
そういうものが一軒一軒の家に残されている、そして蔵のある家などで何か探していると偶然に遠い過去のことが資料として出てきたりする、それが貴重な郷土史になったりするのである

いづれにしろこの終活は時間がかかる、それは物を整理するというだけではない、そこには物語とか精神的なものが付随しているからである
それを受け継ぐことをどうするのか?
それは国家的なものでもそうである、戦争で300百万人死んだという時もそうである
一体そうした死者をどうするのか?どう扱うのかとが大問題になっているからだ
それは70年過ぎても解決しないからである
後世のものがそうした歴史の負の遺産であれプラスの遺産であれ引き継ぐことになるからだ、それで姉が従軍看護婦として四年間シンガポールの隣のジョホールバルで地獄の苦しみを受けて生還した
そのことを死ぬ直前まで語って死んだ、認知症になってもそのことが一番印象的だったから忘れなかったのである

それで失敗したのが認知症になっても島根県の戦友がいてその人からもらった手作りのバッグを肌身離さずもっていたのである、そして連絡が絶えてしまった
その時死んだことを連絡すればいいと今になって思った
すでに死んで8年もすぎた、今になって気づいたのである
なぜなら認知症になったことでふりまわされ次に母の介護とか津波原発事故とかで何か余裕をもってふりかえることもできなくなっていたからだ

ただインタ−ネットのプログとかこうした個人的なものを書き残すには向いている
そうでないと公にされないから普通は個々人の家の歴史はわからない
伝えられないのである、またプライバシーがあるから伝えにくい面がある
でも歴史として郷土史として残す価値はある
つまりどうしてその家が郷土で成り立ちまた繁栄したりしたのかという物語がわかるからだ、何か繁栄するにはそれなりの理由があるからである
もちろん母の実家は父が警察署長になったとしてもその後機織り工場経営で失敗して一家離散になったとかそこには残される歴史でも負の部分が多いし親戚ともめたので今は私は墓参りもしない、そういうふうにいくら家の歴史でも負の部分が大きいと語りたくないとなってしまうのである
ただこの負の部分が必ず家にはある、だからあまり一軒一軒の家でもその家のことは語りたくないとなる、だからあるその土地の家が語られるときやはりその土地で何かしら貢献した家だとなる

posted by 老鶯 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

松川浦の津波はどうだったか? (地形は自ら歩む、自転車で地形を感じる、地図では土地の高低などがわからない)


松川浦の津波はどうだったか?

(地形は自ら歩む、自転車で地形を感じる、地図では土地の高低などがわからない)

matukawatunami2222.jpg
matukawablueline1.jpg

青い線は津波前からあった

matukawakaguchi1.jpg
川口神社 鳥居と石碑は流された
でもここは高いから神社は残った
なぜこんなに高い所に作ったのかとなる
それで神社は津波からまねがれたのが多い


この線よりは下だった、もともと青い線は津波の前からあった
matukawamatu666.jpg

この松が枯れずになぜ残っているのか?
ここまで津波が上がらなかったのか?
塩水をかぶれば枯れているはずだが?

karyokumm1000.jpg
相馬共同火力発電所がある方でも小泉川の方におしよせた
tunomitujinjya111.jpg
この神社の石段まで津波が来たが社のある所には来ていない
だから石段を上り避難すれば助かった
ただここは別に津波の神社ではない
津神社はみんな津波とは関係なかった
matukawatunamitu1.jpg




墓地で津波がさえぎられたという不思議

ohama00222.jpg
おそらく今日聞いた墓地の所で両側から津波が来た
そういうふうに一方方向でない、地形により津波は変化する
ある所で渦巻いたというから空恐ろしいものだった

matufunakoshi02223.jpg

matukawatuohama1.jpg
○の所が墓地である
matukawatunam1ibochi.jpg

この墓地で津波がとまったというのも不思議である
そんな効果が墓石にあったのかとなる


松川浦のホテルが津波に襲われた映像は衝撃的だった
松川大橋の下を津波がおしよせた
今日行ってみると川口神社は高い所にあったが鳥居とか石碑が流された
そこに立つとホテルが見えた、そこは低い場所だった
坂道になっていた
これも不思議なのだがなぜ川口神社もあんなに高い岩の上にあったのか?
あそこまでは津波がとても届かなかった
低い場所には津波が襲い被害が大きかったのだ
ホテルに青い線があったがあれは津波の前にもあった
youtubeの動画の映像に映っていた
あの線よりは下だったのだろう

津神社(つのみつ)でもそこの神社がある所までは津波は来なかった
でも石段までは来ていたのである
道を津波が上っていったのである
ただ津神社の境内に入れば助かった

それからぐるとまわって船越行く所に墓地がありそこで偶然そこに住んでいる人に聞いた

「あの墓地の所で津波が止まったんです」
「ええ、あの墓地で止まったんですか」
「ええ、向こう側は被害があったんです」
「あの墓地でね、そんなことがあったんだ」
「そして右側からも尾浜の方から津波が来たんです
それから原釜の方からも津波が来たんです
両側かから来たんです、それは恐ろしものでした」
「両側から来たんですか、それは恐ろしいですね」
「避難所に逃げたのですがその途中で津波に襲われた人がいるんです」
「そういう人もいたようです、逃げるにも津波は早いからぎりぎりだったった」

津波は逃げる途中で確かにさらわれて死んだ人も多い、車でもそうだった、逃げきれなかったのである、それは車が渋滞とかなって逃げ切れなかったのである
一刻を争う時車は障害物にもなったのである
あの墓地の近くの船越観音も高い場所にあり津波から残ったのか
錨堂などがあった、とにかく原釜の被害が大きかった

ただ相馬共同火力発電所は海に近くそれなりに津波も襲ってきたのだから被害が大きくても良かったがそれほどでないとも聞いた
原町の火力発電所は海に面して突き出た所にありもろに津波に襲われて被害が大きかったそこで私は原町の火力発電所から煙が出たのを見た
火事になったのである、原町火力発電所の被害は甚大だったのである

 当時、発電所には社員やPRセンターを訪れた家族ら約1100人がいた。全員が1号機のタービン室に避難したが、津波で建屋1階が浸水し丸1日孤立したという。
 貯炭棟といった施設や変圧器などの電子機器は全て水浸し。石炭を運ぶベルトコンベヤーは壊れ、揚炭機2機は大きく傾いた。その南側には石炭船が座礁している。

ここもは被害は大きかったが原町火力よりは早く復旧したのである、原町火力は被害がやはりこちらより大きいから復旧が遅れた
いづれにしろ津波から8年になるがだんだん忘れるということがある、他からも忘れられるということがある
ただ今になると冷静に見れるので再検討した
それにしてもあんなに海に近いのに原釜の松が枯れていない不思議がある
原釜の家の被害は甚大であり壊滅状態だった、今は高台になったいる
それから大きなタンクはガスタンクでありここが供給基地となり今も大きな工事をしている
ここはだからもともと人数として多く働く場だったがガス関係でまた働く場が増えたとなる

今回松川浦全体を回りわかったことは

地理は地形は歩くか自転車かで踏査しないとわからない、地図を見てもわからない
土地の高低が地図を見てもわからない

これをつくづく感じた、人間の五感に優るものはない、地形を地勢を知るには自らの足で歩み感じるほかないのである
今回の新しい電動自転車は役にたつ、機動力があるからだ、すいすい坂でも行けるからである
すると地形もわかりやすくなるのである

そして錯覚したのが松川浦では結構高台に家があり松川浦が全滅のようにテレビでは見えたがそうでもなかった
低い場所の被害が大きかったのだ
テレビはやはり錯覚をもたらす、実際に知るにはその現場を自ら歩み五感で知ることである
テレビの画面からだけでは錯覚を生むのである
とても立体的な地理をテレビの画面からだけでは知りえないからである
のである
これはどこでも津波の教訓だったのである

低い場所は津波には弱かったのである
だから低地に家を建てるのは海に面していたら危険だったのである
ただ高台は不便だから低地に家を建てるようになったのである
もともとは最初は高台に人は住んでいたのである
そのために古い神社はたいだい高台にある
その高台に人家もあったとなる
posted by 老鶯 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

2019年02月25日

松川浦は海の文化を育む地域 (春の日に釣人と魚の話)


松川浦は海の文化を育む地域

(春の日に釣人と魚の話)

tidecold1.jpg

funakoshijinjya111.jpg
船越観音でも津波が襲い辛うじて社殿は残った
ぎりぎりだったのである

hoshikareiii1.jpg
ホシカレイ



親潮(おやしお、Oyashio Current)は、別名千島海流(ちしまかいりゅう、Kuril Current)とも呼ばれ、千島列島に沿って南下して日本の東岸を通過する海流です。栄養塩が豊富で、「魚類を育てる親となる潮」という意味で付けられました。北海道、東北地方に良い漁港が多いのはこのためなのですね!その濃度は黒潮の5〜10倍あり、春になると植物プランクトンが大発生し、緑や茶色がかった色になります

 松皮鰈、松川鰈。由来・語源 

■ 多くの文献に本種の表側(有眼側)の鱗がかたくザラザラしているのを松の幹の表面のようであるからと記載される。
■ 田中茂穂の『魚』(1940年、創元社刊行)に「まつかわ」は茨城県、福島県の呼び名であるが一説に『茨城県鹿島郡夏海村松川(今のどこに当たるのか?)で多くとれたためについた」と記述されている。
■ 福島県松川浦にちなむ。

アブラガレイ ガヤマガレイ カワガレイ カンタカ キビラメ キマツカワ サンクワウ シロマツカワ タカガレイ タカノハガレイ タカハガレイ タンタカ ニシキガレイ バカハダ ハトガレイ マツカワ ムギガレイ ヤマブシ ヤマブシガレイ 


マツカワカレイに並ぶ高級魚のホシカレイ。
身がしまっていて味が濃い白身です。
刺身で提供します。
  
カレイには種類が多く、日本近海だけでもメイタガレイ、アカカレイ、石ガレイ、ババガレイ(ナメタガレイ)、ヤナギムシガレイ(ササガレイ)など40種以上もあります。また、北海道から九州まで広く分布しているため、地方によって呼び名も味も旬もいろいろあります

城下鰈(しろしたかれい)

その美味は古来より知られており、江戸時代には武士しか食べることができなかった[注 1]。また、日出藩では端午の節句の全員登城の際に城下かれいの料理が出され、そのために4月頃から一般には禁漁にされたともいう[6]。城下かれいは、将軍への献上品とされて珍重されていた。通常は、参勤交代の際に干物が献上されていたが、閏年には端午の節句に間に合うよう、生きた城下かれいをいけすを備えた船や早馬を用いて江戸まで運んだといわれる
E3%82%8C%E3%81%84 

松川浦史実伝承編

古今和歌集の「世の中は 何か常なる 飛鳥川 昨日の淵ぞ 今日は瀬になる」という歌だという

お堂の左手には鹿島神社があり、左奥には錨(いかり)堂というお堂。宮城県岩沼市の千年希望の丘の側でも鹿島神社にお参りしましたが、東北には鹿島神社が多いようです。常陸国一宮・鹿島神宮は天平勝宝元年(749)に万巻上人が神宮寺を建て(「筥根山縁起」)、鹿島大明神の本地仏は十一面観音菩薩とされています(「神道集」)。
 錨堂には、大きな錨が奉納されていました。南北朝時代の南朝の忠臣・肥後の菊池氏の一族が海路、当地に落ち延び、守り仏を本尊として祀ったのが船越聖観音堂だそうです。その末裔「備中四家」は、明治の初めまで船による交易を行っていたとのことで

「夕顔観音」も、そのルーツは下総にあることが分かりました。千葉一族の祖・平良文は夕顔の花を好み、良文の遺言により夕顔の実を割ると、中から出現したのが夕顔観音さまであったそうです。その後、千葉常胤の父・常重が夢告を受け、夕顔観音菩薩を本尊として樹林寺(千葉県香取市)を建てました。慶長5年(1600)、関ヶ原の合戦の功績によって下総多胡藩から信濃高遠藩に移った保科正光(正室は真田昌幸の娘)は、樹林寺の夕顔観音さまを写したお像を本尊として高遠にも樹林寺を建てましたが、そのお像は、十一面千手観音菩薩です。相馬の鵜の尾岬に流れ着いたという夕顔観音さまも、下総の夕顔観音菩薩を勧請したものなのでしょう


松川浦の貝殻地蔵



海岸の埠頭で魚釣りしていた人がいた、ちょうどホシカレイを釣り上げたところだった
岩沼から来た人たちがそこにいた、これは高級魚である、カレイの種類は多い、日本がだけでも40種類あるとかなる、魚そもそも種類が多いのである
マツカワカレイのことを言うひとがいた
その人はこの近くに住んでいて三日に一度きて釣りをしているとか言っていた
マツカワカレイの名前は松川浦と関係あるのかと思ったがそうではないらしい
有力なのは松皮なのか?
ただ土地の名がつくものとして城下鰈(シロシタカレイ)の話は面白い、城の下でそこだけでとれるカレイであった、侍しか食べれなかったということである
庶民との区別がない日本にしてはこういうこともあったのかと思った
それだけにその魚と貴重だった
この辺では石鰈は年越し魚として有名である、大晦日に食べる魚でもある
不断は値段が高いので食べられないからである
それはやはり冬にあった魚であり身がしまっているのである
その魚すら放射能物質の汚染で食べられなくなったのは本当に残念だった

でも不思議なのはそうした大きな打撃でもノリを作っていてもとれなくなっても
アサリ採りの潮干狩りができなくなっても多額の補償金が船主中心にもらいから生活には困らない、かえって潤っているということもある
それは原発前から相馬双葉漁業組合では漁業権を東電に売ったから金持ちだったのであるだから新しく立派な家を建てたのはそうしした人たちだった
この辺で磯部などは壊滅したから建てた人がいるし原町にもいた
その庭は本当に一千万以上級の庭だから驚く、ほれぼれとする庭なのである
それだけの金が入ったとなる

これも矛盾である、そして魚もとらない漁師がどうしてここに住んでいるのだと自問自答した姿はまさに哲学しているともなる
何が存在意義なのかわからなくなったからである
ただ生活費は補償金として特別支給されているのだから困らないけど魚とらないとしたら漁師ではない、では何になるのか、東電の特別供与社員のようになっていたのであるそれ地域にとっては必要ないものだった
それが原発事故で明らかになったのでその不満が大きいのである
松川浦でもそういう不満を言う人がいたのである、なぜなら港に住んでいても漁業にたずさわる人が全部ではないからだ
だから未だに潮干狩りができないことは本当に観光にとって痛手なのである


石鰈は一匹二千円とかした、それが小高の女の人が前に行商して売りに来ていたのである
この魚を前に姉が生きているとき戦友だった会津の人に送ったら喜んでいた
それは会津ではこうして新鮮な魚が食べられないからである
その代りに見知らず柿が送られてきたのである
その人が原発事故で避難区域になり仮設に住むようになった
その仮設に住んだ人が苦しんでいるかとなるその人にとっては魚の行商しているよりは補償金をもらって仮設に暮らしている方が良かったのである
だから何か苦しいということは見えない、金をもらって喜んでいたのである
そういう人は少なからずいたのである、そこが外から来る人には誤解するとなる
今でも原発避難者にはそういうことがある
津波の被害者はまた違っている、第一家族が死んだりしているからである
もちろん漁業関係者でも津波の被害にあった人が多いからそういう点では同じである
ただ津波にあっても生活では全く困らないのである
例えば宮城県とか岩手県の津波の被害の大きい地域ではそうしした原発補償金はもらえないからである、ただ女川などはもともと同じように漁業者には東北電力から補償金をもらっていただろう、でも東電の補償金は桁外れだった
第一やはり農業と同じで漁業は後継者がいなくなっていた、だから衰退産業であったから農業と同じく原発頼りになっていたのである

漁業はまた農業とも関係していた
この前あった他から来て何か郷土史に神社に異常に興味をもつ人がいた
その人は塩釜市に松川浦でアラを売りに車で運んでいたのである
おそらく肥料にするためだろう、まず肥料はあらゆるものがなる
刀作りでその鉄くずまで肥料にしていたのをテレビで見た、鉄分になるからいいというのである、貝殻でも肥料になるというより酸性をうすめる、アルカリ性にするからいいとなって実際に知っている人がそれを畑にまいた
そうして肥料代でも一年に数万円もかかる、それを私が支払っている
しかし収穫はほとんどないのである、ネズミに食われた盗まれた、天候悪いとかなりほとんどとれないのである、でもそこにカンナが咲いた時大きな花で映えたからいいなと見ていただけである 

漁師のことはなかなかわかりにくい、二三日前の魚を漁師は食べないというときもそうである、それだけ新鮮なものがうまいからである、そういうものを食べられるのはまさに漁師だけだとなる、他にもいろいろあるがわからない
まず松川浦は外から移住してきた人たちが先祖である
それは漁業だと余計そうなりやすい、漁の技術でも西の方が優れていたからである
それで錨堂であれそうした由来が記してる、ただ平地でもこの辺は第一相馬氏が移住して作られた藩だったことでもわかる、当然千葉氏なども同族だから関係しているのである
松川浦は海の文化をもった地域である
それはやはり松川浦が漁港に適していたからである
そうした入江になっている所が福島県でも仙台までないのである
亘理の荒浜はなっているが他にない、でももともと八沢浦は入江でありそれが津波で再現されたときは驚いた、あそこも大きな船が過去に入ってきていた港の機能があったのである

いづれにしろ海の文化として松川浦はありそこを探求する必要がある
それは魅力的だとなる、まず阿武隈高原を越えたら山国であり海の文化はないからである福島県は会津の山と海の文化がある地域として今もある
それをいかに活かすかとなる、だから原発事故の被害は津波の被害より実際は致命的だったのである
8年すぎても未だに潮干狩りとかができないことでもわかる、こんなに影響するということを誰も真剣に考えなかったのである
ただ松川浦は漁業だけではない、貨物の出し入れとか火力発電所があり石炭も船で入れているし最近はガス事業が大規模に行われている
ガスタンクが作られたしそれで新地の方までその関係の仕事の人がやってくる、そこが働き口ともなる、発電所は雇う人数が千人とか多いからである
だから津波の後でもそうした関係の仕事が増えて復興にはなっているのである

それでNHKのテレビで松川浦の女性のことを放映していた
漁に出た夫のことを心配して安全を祈る、それは海では必ずある、海がしけると遭難がある、海は危険な場所だからである、それで安全を祈るというのは文化ともなる
それは切実だからである

それで俳句にしたのが山の方に春の太陽が沈んでゆく

船無事に帰るや山に春陽没る

こういうことが海の暮らし漁師にはある、ただ海の暮らしとか文化というのもわかりにくいのだ、魚の種類からしてし多すぎるからである
ただ海の文化として松川浦を探求して知ることが不可欠である
津波が400年前にあったとしてもそのことが研究もなにもされていなかったのである
それで私がホームページで松川浦のボーリング調査したことを報告した
かなり奥まで津波が来た砂が発見されたのである、それは貞観津波の(800年代)のものだった、慶長津波のものではなかったのだ
ただなぜ諏訪神社に津波で流された舟がとまったとかの伝説があるのか?
それは小泉川を津波がさかのぼって船を運んだからだとなる
川をまず津波はさかのぼるからだ
それで本当に自分の家は川の側であり川を津波がさかのぼった街の中心部までさかのぼったので恐怖だった、土手からあふれたところもあった
それでそういう伝説が残っても不思議ではなかったのである
いづれにしろこの津波の話は尽きないとなる
ただ8年過ぎて冷静に振り返るようになったのが違っているだけである

matukawagas11.jpg
遠くにガスタンク見える
火力発電所も見える、ここは広大な地域なのである

次は俳句短歌の部で語る松川浦の春です




posted by 老鶯 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

2019年02月26日

松川浦の春の俳句と短歌(写真)

松川浦の春の俳句と短歌(写真)


zaooooyuki111.jpg

残雪の蔵王が見える

hyakuhashi11.jpg
百間橋

川添の森の塩釜神社

kawazoiiii33.jpg

kawazoi11.jpg

kwazoinomori2.jpg




matuoowada111.jpg
和田の浦
icaridou1.jpg

船越観音の錨堂の錆びた錨

trappp111.jpg
新しい喫茶店
fishing1111.jpg

hoshikareiii1.jpg
ホシカレイ

matueve3.jpg

matukawayube1.jpg

zaooooo2222.jpg

磯部の高台から夕べ見えた蔵王

すべてクリック拡大できれいに見える



蝋梅や蔵ある家に映えにけり

春の日や百間橋を渡りけり

広々と海の開けて東風吹く

巌に松根を張り望む春の山 

椿咲き船越観音にもうでけり

錨堂いわれを語り落椿

新しき喫茶店より望む春の山

のどけきや魚を待ちぬ釣りの人

春の日や星カレイを釣りあげぬ

船無事に帰るや山に春陽没る


釣人に平和もどりぬ松川浦沖行く船に鴎飛ぶかな

津波にも残れる松に春日さす沖行く船の二三艘見ゆ

大平洋東風(こち)吹きわたり残雪の蔵王望みぬ山形思ふ

川添の森の社を守れるは狛犬二頭春は来たれど

長々と春の夕映え松川浦平和もどりぬ我が帰るかな

夕影に蔵王の姿磯部より大きく見えて春の日暮れぬ


宇多川の河口から残雪の蔵王が見えた、そこから百間橋を渡り川添の森に入る
そこに塩釜神社の社があった、なぜこんな森の中にあるのか海岸沿いにもある
宇多川にそってあるから川沿いの森となった
これを見たらこの短歌がぴったりだった

松の風夜晝ひびきぬ
人訪はぬ山の祠の
石馬の耳に 石川啄木


夕風の光も清き川添のもりて涼しき秋の初風

もりて・・とは森のという字なのか?光がもれるからなのか?
ここに森がなかったら変である 

松川浦は和田の方から見ると違って見える、あそこは奥になっているから意外と津波で松は枯れていない、第一そっくり松が残っている
津波はともかく地形の影響が大きいのである、前に山があるのも影響したのだろう
ここまで来て津波の勢いが弱まったのだろう
ただ塩水を被るとたいがい松は枯れているが枯れていないのである

船越観音とか錨堂は松川浦で海らしいもので見ていた方がいいとなる
貝殻地蔵などもそうである

この新しい喫茶店と軽い着るもの売る店はできて二年くらいらしい
最初貨物車両とか利用した簡単なものだと見ていたが中に入ると鉄で作った立派なものである、だからこれは結構金がかかっている
ただ問題はコーヒー飲むにしても座る場が5つつくらいしかない
ゆっくり休めない、でも立地はいいのである
春の山も見えたし前が浦になっている、ただ今は潮が引いている時期で水が少なく干上がっていた
380円のコーヒーだけど立地がいいし休む場がないのでそこで休んだ
今は喫茶店だけではコーヒーとか飲み物だけではやっていけない
だから喫茶店専門の店は旅をしてもなくなっているのである
それで軽い着るものを置く方が広いのである
でもちょっと休憩するにはいい場所だと思った

それから埠頭では魚を釣る人をみかけた、ホシカレイを釣ったところだった
これは高級魚でありなかなかとれないものだった
鰈の種類も多いのである、そこで魚の話を聞いて面白かった
親潮の魚はうまい、黒潮の魚はそれほどでもないとなる、カツオなどは黒潮だということはわかる、サンマは親潮であり一時水温の関係でサンマの群れがよってこないとか騒いでいた
とにかく海の世界は広いということである、黒潮は与那国島から流れ出して日本に流れるあの辺ではトビウオが飛んでいた、海の世界はやはり沖縄とか南である
私は日本全国をほとんど行っているし特に最初は船旅をした
東京から一週間かけて貨物船のようなもので行ったことがあった
今は出ていないだろう、そういうふうに旅は時間がかかる、だから金があるだけでもできないのである、まず船旅は時間がかかるからである
ただ船旅は体力的には楽だから世界一周でも高齢の人でもしているのである

ともかくのどかな光景がもどったとはなる、ただ潮干狩りができていないのは観光的には打撃である、また海岸の松がすべて消失したことも景観的には殺伐としたものを感じる
それでも春の夕映えを浦に写ししていて写真を撮る人が何人かいた

それから磯部の高台を回ると蔵王が大きく見えた、宇多川の河口からも見えた
磯部からやはり一番大きく見えるのである
雲一つないからはっきり見えたのである、蔵王は雲がかかると見えないからだ

写真を連続的に見れば臨場感がでてくる、今の時代は写真が欠かせないのである










2019年02月27日

経済原理だけのグロール経済社会の限界 (環境保全とか景観の視点と価値観の転換の時代ー文化経済学へ)


経済原理だけのグロール経済社会の限界

(環境保全とか景観の視点と価値観の転換の時代ー文化経済学へ)

●戦後経済の見直し作業

原発事故は様々な現代社会の矛盾を具体的なものとしてつきつけたのである
それを追求してきた、大きな時代の変革の時にこういうことが起きてくる
それは明治維新とか戦争に敗北したとかで起きてきた
そういう時代に突入しているのが現代である、それは世界的な現象でもある
この世界に適応されたのは経済原理だけである
要するにグロ−バルに金で価値を計る社会である
あらゆる価値を金で計算する、それは国境を越えてもそうである
そこで国すら越えてグローバルな多国籍企業が世界を牛耳る時代になった
そこにあるのは経済原理しかない、金ですべての価値を計るのである

そこで問題が起きる、巨大企業が進出して環境も破壊される
それはこの辺の原発事故でも起きた、自然環境が放射性物質で汚染されて住めなくなった未だに松川浦で潮干狩りができない、それは観光の打撃となっている
アサリが汚染されたからだ
でもそういうことがなぜ起きたのか?そのことを延々とプログで追求してきた
それは現代社会のグローバル経済の矛盾でもあった

そこには一つの価値観しかない、経済原理だけなのである
国家だとGDPが増えればいいとか個人レベルだと金になればいいとかしかない
数量的価値観と金ですべてを計る価値観である
そこで原発を作った国家でも東電でもそれにかかわる人たちも地元民も金さえやれば納得する、それよりそうして地方を活性化させるためる地元民が積極的に誘致させたのだとまでなる、頼まれて原発を作ってやったのだとなっていたのである

でもあらゆるもの経済原理で金で価値は計れないのである、つまり人間の価値はあまりにも多様だからである
私はワインなど飲まない、飲まないということはそれに価値を置いていないということである、でも金持ちでなくても日本でもワインを飲む習慣が生まれている
ある人にとってそれは価値がないがそれを楽しめる人は価値があるとなる
  
ecocccc111.jpg

cultueeco1.jpg

この表はわかりやすい、価値観が対象的にしているからである
赤丸で囲んだ価値への転換なのである、これは自分も特にそうだがそういう社会状況になったからみんながそういう価値観を求めれば自ずとそうなってゆく、もちろん金だけの価値観を克服することは容易ではない
ただ変革の時代にはそういうことも総体的に起きてくる

 ホスピタリティとか気遣うと情とか場所の価値とか倫理主体とか計算不能の価値観である、つまりすべてを金で計算できない価値の社会なのである
等価交換ではない、不等価交換である、実際時と場合により価値は変わる、価値は多様だから一定しないのである、だから時給いくらとかで労働力を計算するのは非人間的なのである、つまり現代から奴隷がなくなったようで巧妙に資本の論理で奴隷労働化されているのである、それで今仕事をしたくないというときそこに生きがいを見いだせないからである
お前の労働は時給いくらだ、それがすべての価値観となっているからである

●価値は多様であり一定ではない

例えば旅行でも豪華な列車で金持ちでも多額な金を払って一回限りの旅をする
また高級バスで何十万を払い超贅沢な旅をすることが話題になる
私は旅ばかりしたけどそういう旅をうらやましいとも思わない、ワインを飲めなくてもそれで不幸だともなんとも思わない
旅だとむしろ歩くなり自転車なりの時間をかけた旅の方が旅という経験をしているからだそんな豪華な旅はもう旅でも何でもないのである
確かに金のある老人の楽しみだとはなるがそれが旅とは言えないのである
つまり旅を経験していないのである

あらゆる価値はいくら金を出しても手に入れることはできない
例えば読書などがそうである、高い本でもいくら買えるとしてもそれを鑑賞することは相当な知的レベルを要求されるしそれを自分のものとして読むことは容易ではない
ただ私はやっとこの年になって鑑賞できるようになったことでもわかる
だから自分なりに本を読んでその解説ができる
するとその時こそ本当に読書しているとなっているからだ     
若い人はこれはできない、経験とかがものいうからである
また老人のように精神的に成熟しないからである

とにかくあらゆるものを金で手に入れることはできない、老人になるともう体力もないから登山もできないとか無理なことができなくなる、それはいくら金をだしても体力がもどらないのだからできないのである
若者だったら金がなくても別に野宿しても旅はできる
だから野宿して旅ししている人と豪華な贅沢三昧の旅をしている老人をとどっちが旅をしているかとなると若者の方だとなってしまうのである
それは老人がいくら金を積んでもそういう旅ができないからである

経済原理だけで金だけすべてを計る社会はもう限界にきた、貧乏な時代は豊かになりたいというのはわかる、でもそれもある程度満たされると人は価値観が変わるのである
それは今や社会全体に及んでいる
金でなんでも手に入れることはできないということがわかりつつある
老人ならそのことを何もむずかしい本を読まなくても経験から知っているのである

●農業漁業林業は生態系維持環境保全としての価値がある

だから価値というのは様々でありすべてを金だけで経済原理だけで計ることは人間を不幸にする、それがこの辺が原発事故で起きたことなのである
農業とか漁業でも林業でも第一次産業は金にならないとして誰も跡を継がないとかもう放置されるような状態になったときとうなったのか?
原発でも金になればいいとなった、結果として水すら飲めないとか空気すら吸いないとまでなって住めなくなった、これほど最悪なことはなかったのである
土も利用できないから田畑も利用できないとかなる、すると地元で食べるものすら得られないとなったからだ

価値観の転換として農業というのをただ食料生産の面から見るという視点より環境保護のために必要だということも価値観の変換である
環境保全の役割を農業はになっいていた、それは水の利用とか自然と密接につながりそうなっていた、それが自然環境の保全の役割を果たしていてその結果として農村の景観が作られていたのである
そういう景観と自然環境でも農業をただ経済原則だけからみたら金にならないとしてみんな誰もやらない、放置される、そして耕作放棄地が全国に膨大に増えて景観も破壊されるのである
そこには今度はソーラーパネルだらけになったり風力発電の風車が森の中や山にもできるそして景観は破壊されるのである
それはそもそも第一次産業を金にならないという経済原理からしか見ていないからある
でも実際生活するにはそうなるからやっていられないというのはわかる
でもみんながそうではない、経済原理だけからしか見ない価値観を変換させればまた違ってくる

東京のようなビルの谷間で人口が異常に集中して暮らすのが人間の生活なのかという疑問も都会から起きている
つまり景観とか環境保全があって人間は幸福に暮らせるという意識が高まると価値観が変わるとみんな金だけではない、経済原理だけではない価値観の変化が起きるとやはり社会は変わるのである
食料を生産するだけではない、環境保全、持続可能な自然との共生とか景観の保全とかが価値となる生活である、そこに意味があるのだとなれば金だけでは計られないものとしてそこに金を回すとういことも起きてくる 
そんなことではまともな暮らしができないというときそれはまた価値観の転換が必要なのである、それで家族一緒で故郷に住めるなら蝋燭でもいい言う人がいたときそれは極端でもそうなるのである   

●恵みはめぐるであり生態系の維持があって恵みがある

グロ−バル経済は多国籍企業が世界を経済原理で動かして支配するシステムなのである
そこにもともとある自然も無視するしそうして生活していた住民も無視する
それは原発事故で起きたのである
もちろんもともと住んでいた住民もまた今の社会の価値観に染まっているからそうなったそういう矛盾がこの辺では生まれた
元の貧乏な生活にもどれというのかとかそこにはまたいろいろな問題がある
ただ人間の価値を経済原理だけで金だけ計る時代は終わり新たなまた古くからあるものの価値観を見出すべき時代になっているのだ

恵みとは巡る、めぐることなのである、ロールすることなのである
水のように山から平地へと田んぼへと水は巡り恵みを与えるのである
それが自然との共生の生活でありその中で自然環境は保全されまた景観も維持できるのである
そういう恵みの思想が工業とか巨大企業にはないのである
何か自然から富を資源でも収奪する他国からでも収奪するというのが現代のグロ−バル経済である
それで自然は破壊されて極端になったのがこの辺だったのである
だからどうしても価値観の転換が望まれている
経済原理の金中心の経済を止めることなのである
何でも買うそして捨てるという生活なども見直す時代である
そういう傾向はシェア経済などで生まれてきている、大量生産大量消費の時代は終わったのである
そうなると確かに不景気とかになるがそれも時代だからやむをえないのである
そうなったならなったで人間は適応して生きてゆくほかないということである

●経済は意味と価値を求める時代になる

原発事故では現代の矛盾が噴出したのである、それはとりもなおさず現代社会を見直すものとなった
例えば松川浦の人が漁もできなくなった、放射性物質の汚染でできなくなった
その時「俺はここになんのためにいるのか」と自問していた

「漁もしない、俺はここになんのためにいるのか?」
「あなたたちは多額の補償金を原発事故前からももらっていたから別にいいんじゃない」「それはそうだけどでもなんのために生きているのかもわからないよ」
「今も十二分に補償金を特別もらっているだからいいんじゃない、みんなうらやましがっているよ」
「そう言われてもな」
「そもそもさ、漁業権を東電に売ったことがおかしいんだよ、その漁業権はそもそも資源保護とか環境保護のために与えられたんだよ、それは必ずしも漁業者のものじゃなかたんだよ、みんなのものだったんだよ、ただ資源保護のためにみんなから委託されたものなんだよ」
「そういうむずかしいことはわかんねえな」
「あなたたちは特権を与えられていたんだよ、その特権には責任が課せられていたんだよそういう自覚が必要だったんだよ」
「かといって漁業で暮らすことはできない、いろいろと金がかかるし魚もとれなくなっているからな」
「でも漁業権を東電に売ってどうなったのか、金だけはもらい何の意味も価値もない者になったんじゃないか」

原発事故は漁業関係者に一番矛盾が現れたのである
事故前も原発御殿が建っていたとかその後は軽く一千万以上の庭を作っているとか一番恵まれていたからである、ただ津波の被害にあったから家族でも死んでいるからその点は犠牲が大きかったとなる
それで近くでも漁業に関係しない人もいるから罰があたったとか言う人もいたのである
そこまで言うとはやはり周りの人はそういう恵まれた人に相当不満があったということである

そして松川浦では現実にアサリ採りが潮干狩りができないから観光でも大きな打撃だったのである、資源保護のために漁業権が与えられていたのにその資源保護の務めをしなかったとなる

とにかくここに象徴的に補償金で別に生活には困らない、補償金は継続的に東電や国から入ってくる、でもその存在意義と生きる意味とか価値は地域で失ったのである
ただ現代のグロ−バル経済はこの生きる意味とか価値とか意義とか倫理的なものは追求していないのである、むしろそうしたものを省略化して成り立つのがグロ−バル経済なのである
世界をそうして人間的属性としてあるものを省く、ただそこで経済原理、金だけで計るようにしたのがグロ−バル経済だからである
それで失敗したのは移民となると外国人を入れるとなると相手は人間だから物のように金で計ることはできない、様々な問題が生まれ福祉や共同体にどうして受け入れるかとかが問題になり失敗したとなる
人間はモノの用地扱えないからそうなったのである 

漁業が跡継ぎがいないとかいうけど漁獲高が多い所でかえって跡継ぎがいなくなった
教育に金をかけて子供を育てたが東京に就職したとか漁業を継がない
でも漁獲高が低くく子供の教育に金をかけなかった所は子供が漁業の跡を継いで残ったというのも皮肉である  
これも何か現代の矛盾した社会を示唆ししている、跡継ぎがいないというとき農業でもそうだし山村でもそうである、それは人間の生きる意味とか価値を経済原理だけで計っているからである、金になればいいとう価値観しかないからである

●万人の万人に対する戦い、モラルなき社会は地獄に生きることだ

ただ確かに先立つものは金だというときその矛盾は大きい
そんなものは理想論であり現実はそうはならない厳しいから適応できないともなる
でも明らかに現代の社会の行き詰まりというか荒廃はゆきつくところまで来ている
倫理もないモラルなき金だけが突出してふりまわされている社会である
それが自分自身の体験で嫌というほど経験した
もう金のために保険金殺人のように殺される一歩手前まで来ていたのである

金でめんどうみてもらへ

金をよこせ

金をください

これしかなかった、自分苦しい時にも相手は金しかみていなかったのである
それは芥川龍之介の羅生門の世界である、人間は生きていても死体でありその死体に身につけている髪の毛でも金属類でも金になる者が価値になる世界となっている、もうグロ−バル経済では人間的なものが省略されし見えないからそうっないるのだ
物がありそれに債権化された金しか価値観がない世界である

それほど金の亡者となり人を人とも見なくなっている社会である
それは何であれ生活をレベルを落としたくないということもある
今までいい生活していたのにそれを落とすことがむずかしいからである
でもそうだからといって他者から金を奪い殺してもいいとまでなることの怖さである
だから情なき経済原理だけの社会が極端化すれば万人が万人の戦いなっているのである

「万人の万人に対する戦い」とは国家や法律のない自然状態を表現した、ホッブズの言葉である。『リヴァイアサン』で語られており、自然状態におかれた人間は、すべての人が各々、自己保存の権利を無制限に追求して自由にふるまう。その結果、相互に敵対的な立場を取り、暴力的な混乱状態が発生してしまう。このホッブズの利己主義的な人間観は、「人間は人間に対して狼」とも表現されている

まさに現代のグロ−バル経済は世界的にそうなっている、そして極端な格差社会になっている、モラルなき社会と化しているのである、まさにこうなると地獄に生きているのである、そして生きる意味とか価値とかは無視されて金だけを追及する
それで何か原発事故でもそうした社会の中で起きた極端なものでありそれが具体的な現象として現れたともなるのである
posted by 老鶯 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2019年02月28日

禍福は糾える縄の如し 万事塞翁が馬 (人間は未来が予測できない―不幸が幸福になり幸福が不幸になる)


禍福は糾える縄の如し 万事塞翁が馬

(人間は未来が予測できない―不幸が幸福になり幸福が不幸になる)


鹿児島の硫黄島に漁獲量の豊富な地区とそう多くない地区があって、漁獲量の多い地区がかえって過疎化した
その地区子供の教育に金をかけることができるので、子供は進学のために島をでて、都会で就職して帰ってこなくなった
一方教育に金をかけることができなかった地区は子供が漁業を継いで過疎化に歯止がかかった (文化の時代の経済学入門)

これは何を示唆ししているのか?
漁獲量が多い地区は金が入った、だから子供の教育に金をかけることができた
それは悪いことではない、いいことだったのである
それが島という狭い土地を離れさせる原因になったのである
どうしても島に住みたくないとなったのである
それは教育を受けさせた結果だとなった、ここには島の事情があるから一般的に適用はできないだろう

でもこれは何を意味しているのか?
人間は良かれと思ったことでもそれが必ずいい結果を生むとは限らないことである
人間の幸福はまた計れないことである、だから江戸時代と今の時代と比べて江戸時代の人が不幸だったとはならない、幸不幸は計れないからである
そういう時代を生きることはまたその時代を生きない限りわからないのである

人間はこれが幸福につながると思ってもそれが不幸なになったり不幸と思っていたことが幸福につながったりする
何かたりないものがあると思ってもそのたりないことが幸福につながることもある
日本がは資源がないから教育に力を入れて先進国になったとかそれぞれの国でもすべてを満たされた国はないからである
郷土料理は金をかけたものではない、その土地でとれたものを工夫して利用したものでありそれは金かけた材料で作るものではない、だからこそそれが今になると貴重なものになっている

原発事故でもわかったようにそれはこの土地にとっていいものだったのである
それは富をもたらしたのである、そのいいものが事故になり住むことすらできなくなっただから未来は予測できないものとしてある
それがいいことだと思っても悪いことに転化する
それは社会にとってもそうであり個々人でもはそうである
硫黄島の場合はそこに何ら悪いと思えるものを予測しえないものでもそうだったのである子供にいい教育をさせることにどこも悪いとはならない
それですら思わぬ結果になったのである、それは未来を予測する能力が人間にないからだとなる

そういうことは人生でも組織でも団体でも国家レベルでもある
いいと思うことが悪い結果を生み悪いと思うことがいいことを生む
戦争に負けて300百万人も死んだことは最悪だった
でも不思議なのことは戦争の結果として日本は高度成長を遂げたのである
それは既得権益者が一掃されて新しい国造りができたからだともされる
そしてその時なぜ食料もないのにベビーブームになり団塊の世代が生まれた
その人たちが労働力となり日本は経済成長を遂げたのである
これも予測し得ないことだったのである
つまり人間には個人でも社会でも予測し得ないものがあり思わぬ結果になる
そういう運命を握っているのは誰なのか?それは神なのかもしれないとなる
それでfortuneとは運命でありまた財産にもなっている
富も財も努力が必要でも運の力も大きいということである
でもその運がまたどういうふうに作用して幸福をもたらすのか不幸をもたらすのかもわからないのである

個々人でも技術関係で理系で優秀な人がいてもそれが経営者になったときまるで実際は違った分野であり失敗したという人も多い、あることで優秀でも人間すべてに優秀ではないからだ、だから優秀だと言っても一部のことであり神のように万能にはならないのである万能でないからこそ人間は原発事故であれなんであれ必ず躓く失敗する運命にある
また成功してもまたそれが永続したりもしない、成功したために失敗につながることもある
つまり人間の未来は予測できない、未来を握っているのは神にもなるからだ

だから硫黄島のことなど本当にそうである、どこも悪いことではないのにいい結果をその土地の者には家族にでももたらさなかったのである
そういうことはこの世にいろいろあるからこの諺が生まれたのである
だから悪いと思える所にいいことがあり見出す努力すればある
いいと思うところも原発事故のように悪い結果をうむのである
だから人間の未来は予測できない、だから悪いことがあったとしてもいいことに通じるということもあるのだからそういう志向が大事になる
そしていいことと思ったことでも悪いことに通じるということを知るべきだとなる
そこに謙虚さが必要だとなる、いいと思うことは才能でも奢りになりそれが失敗に通じているのが常だからである、それは一つの法則のようなものなのである
だから別にむずかしい学問でないにしろ庶民の間で諺が残された
それが今日でも生きているのは人間個々人でも社会でもそもそも人間は変わらないからである

人生が終わりになっている、老人に聞いてみるといい

意外な結果に終わったな  こんなはずじゃなかった

こうなっているのである、いくら努力したとしてもそれがいい結果になるとは限らないし思わぬ幸運も不運もあるからである
これこそ未来は予測できないからこうなっているのである
人間個々人でも人生でも思うようにはならないのである、それはたとえどんなに恵まれていたとても最後はわからないからだ
必ず思わぬことが起こりみまわれてそうなっているのである



posted by 老鶯 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題